オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の雨樋から雨水が漏れるとのご相談で交換・塗装しました


岸和田市S様邸の雨樋の交換及び塗装のご紹介です。台風で屋根瓦が落下するなどの被害を受けてご相談をいただき、雨樋から雨水が漏れるとのことですべて交換しようかとご検討されていました。また、既存の雨樋が色褪せて古く見えるのも心配要素の一つでした。現状を確認すると、傷んでいる樋を部分的に交換すればまだ使えると判断し、全体的に塗装でメンテナンスすることになりました。雨樋全てを交換するとなると思った以上に費用が掛かってしまいます。塗装してあげると見た目もきれいになりますし、表面が塗膜で覆われることから今後の劣化を遅らせることもできます。
岸和田市で全面足場を建てました
基本的に2階以上の雨樋の工事では足場が必要になることがほとんどですので、屋根や外壁の塗り替え時に足場を利用してメンテナンスされる方が多いです。S様邸は屋根の被害が点在している状態で、修理の際に足場を全周に建てないといけなかったので、先に足場を建てて雨樋の工事を行うことになりました。
岸和田市の既存の這樋を固定
既存の這樋(はいとい・屋根面に沿って取付けられる雨樋)を固定していた銅線が切れてズレていたので固定しなおしました。
四角くカットした樋の共材に銅線を通して樋に回し、その共材を瓦の隙間に差し込むことで固定できます。瓦に穴をあけてビスを打ち込むと雨水が取り合いから浸入してしまいますのでこの方法で固定しました。
岸和田市の這樋の先端部材を交換
這樋の先端部材が割れていたので交換しました。
先端部材は雨水が出る方向を変えて樋やじょうご(雨水を集める桝)の中にきちんと流れるようにするためのものです。
先端部材がないと、這樋から流れてきた雨水がそのまま飛び出してしまいます。
この他にも雨水が漏れたり破損している箇所があったので交換させていただきました。
岸和田市で交換した樋の名称
2階のじょうごから呼び樋、竪樋、這い樋まで飛んでしまった箇所があったので新しい樋を取付けました。
写真は2階部分の樋を樋を取付けた様子です。

じょうご・・・雨水を集める桝
エルボ・・・雨樋の向きを変える曲がった部材
呼び樋・・・じょうごから竪樋とを結ぶ斜めに渡した樋
竪樋・・・縦方向の樋
支持金物・・・竪樋を固定するための金具

竪樋は外壁に固定しないといけないので、外壁よりも突き出た軒先から樋を渡すためにエルボや呼び樋が必要になります。
S様邸はこの下に下屋(下の屋根)がありますので、竪樋から下屋の軒先に取り付けられた軒樋まで樋を繋げるために這樋という樋を接続します。
岸和田市の竪樋をエルボで向きを変えて這樋に繋げます
2階部分の軒樋からじょうご、呼び樋、竪樋を通し、下屋の上に這樋を渡すためにエルボで向きを変えて接続します。
樋に柔軟性があれば自由自在に向きを変えることができますが、硬いため、様々な部材を駆使して建物の形状に合わせて施工します。雨樋の工事は繊細ですので、専門の板金職人が作業を行います。
岸和田市の這樋を交換
エルボの先に這樋を繋げて、下屋の上に固定しました。
この這樋は長さがありますので、上記でご紹介した方法(樋の共材に銅線をくくり付けて固定)をとり、3カ所でしっかりと固定しました。
這樋の固定が甘いと強風が吹いた時に動いてしまい、飛散しやすくなってしまいます。
岸和田市の先端部材とじょうご交換
這樋の先には先端部材とじょうごを取付けました。
これで雨水がスムーズに流れます。
岸和田市の雨樋の止まり部材を取付け
下屋の軒樋に取り付けられていた止まり部材(雨水が飛び出したり跳ねるのを防ぐための部材)が破損していたので交換しました。
岸和田市で調色して樋の色を作ります
雨樋の不具合箇所を交換してから全体的に塗装でメンテナンスしました。
樋の塗装では、塗装職人が塗料を調色して色を作ります。
調色しますので、どんな色でも塗装することができますが、あまり奇抜な色を採用すると樋だけが目立ってしまって美観性を損ねる可能性があるため、黒や茶色、白など無難な色で塗装することがほとんどです。
岸和田市のナイロンたわしで樋をこすって目粗し
既存の樋を塗装するには、まず塗装面を整えないといけません。
ナイロンたわしで樋の表面をこすって汚れを落としつつ、細かい傷をつけます。(目粗しと言います)
傷をつけると聞くと心配になるかもしれませんが、この作業を行うことで塗料がしっかりと密着するので長持ちします。
(表面がツルツルしているところに塗装すると塗膜がはがれやすく、細かい凹凸がある方が塗料がうまく食いつきます)
岸和田市の雨樋をローラーと刷毛で塗装します
表面を目粗ししたあと、刷毛と小さなローラーを使用して塗装しました。
ローラーだけでは細合部分をうまく塗れないため道具を使い分けてきちんと塗装しました。
岸和田市の交換した樋も色を合わせます
交換した新しい樋も色合わせのため塗装しました。
樋は塩化ビニール素材でできており、紫外線にあたると次第に硬化して割れやすくなってしまいます。表面を塗装することで紫外線に直接あたるのを防ぎ、劣化を遅らせることができます。

塗装完了状況

岸和田市の入替えた樋の既存の色よりも濃い色です
岸和田市の樋塗装完了
樋が色褪せると建物全体に古い印象を与えてしまうので、美観性を高めるためにも外壁の塗り替え時には同時に樋も塗装することがほとんどです。色はお好みでお選びいただけますし、艶が出る・出ないなども調整可能ですので、建物の外観に合わせて塗装しましょう。

街の屋根やさん岸和田店は雨樋の掃除や交換、修理、調整、塗装など承っておりますのでご検討されている方はお気軽にお問合せください。

つぎは台風被害に遭った屋根の修理の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市のモニエル瓦(セメント瓦)屋根の修理でズレを戻しました

岸和田市の漆喰の剥がれ
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
台風
使用素材
仮設足場、漆喰、コーキング等
築年数
約26年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約45万円(税込)足場代含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の割れた竪樋を交換

岸和田市の雨樋修理です。W様邸は台風で屋根に被害があり雨漏りしました。その時の調査で竪樋(縦方向の雨樋)が割れている箇所がありましたので、修理することになりました。雨樋は普段はあまり気にかけることはないですし、雨が降っている時に点検される方...........

7fbb93c52ad4c341169c9fb582d05bb7-1

岸和田市の雨漏り修理です。F様は以前から雨漏りに悩まされており、バケツを置くなどして対応されていましたが、「いつまでもこのままでは雨が降るたびに心配なのできちんと修理をしたい」とご相談をいただきました。

岸和田市の洋室の天井から雨水が伝ってくるそうです

岸和田市にお住いのF様より雨漏りのご相談があり現地調査にお伺いしました。F様邸は平屋建てで、以前増築されて二つの建物を繋げている形状でした。屋根は土葺きの瓦屋根です。雨漏りしているのは二つの建物の取り合い部で、洋室の天井、そして廊下の壁も濡...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747