オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました


工事のきっかけ

「台風で屋根の瓦が落下して、とりあえず応急処置はしたんですが、きちんと修理してほしいんです」とのご相談があり、被害箇所の修復工事を行うことになりました。屋根の被害に加えてカーポートやテラスの波板も飛散したので同時に張り替えました。

忠岡町 屋根補修工事,火災保険,台風

ビフォーアフター

before
忠岡町の台風被害に遭った降り棟
horizontal
after
忠岡町の降り棟修理後の様子

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,火災保険,台風
施工期間
8日間
使用材料
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
施工内容その他
築年数
築約45年
保証年数
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
建坪
約30坪
ハウスメーカー
忠岡町の屋根修理
忠岡町の屋根修理です。台風の強風で降り棟の一部が崩れて地瓦(屋根面の瓦)も数枚割れてしまいました。また、各所に詰められている漆喰もポロポロと剥がれてきていたので、この工事で詰め直します。

棟とは屋根の頂部の取り合い部のことで、降り棟とは軒先方向に向かって流れる棟のことです。使用されている屋根材によって棟の雨仕舞(雨水が内部に浸入しないようにすること)は異なり、T様邸は和瓦でしたので、のし瓦という四角い瓦を数段積み上げている形状でした。棟の瓦は高く積み上げる方が豪華だとされていますが、高く積み上げるほど風や地震の揺れの影響を受けやすくなってしまいます。その積み上げた棟瓦が崩れてしまったので修復します。


屋根の被害状況

忠岡町の瓦が飛散して土がむき出しです
現地調査にお伺いした時は、屋根にブルーシートをかけて応急処置されている状態でした。
ブルーシートをそっとめくると、瓦が飛散して下地の葺き土が露になっていました。
台風の後、雨漏りされている住宅もあり、調査にお伺いした時はすでにシートで覆われて被害状況が見えないことがよくありました。その場合、シートを完全にはめくらず、見える範囲で調査することになります。できれば、被害状況をカメラで撮影していただくと後の調査で役立ちます。

忠岡町の棟の銅線が切れて瓦がズレています
こちらは、屋根修理を着工し、ブルーシートを完全に撤去した時の様子です。

棟の上のほうの瓦は飛散していませんでしたが、ズレが生じていました。
棟は屋根面よりも高く積み上げられており、風や地震の揺れを受けた時に被害に遭いやすいので、葺き土に加えて、銅線を通して固定されていますが、その銅線が切れて瓦が動いてしまったようです。他、地瓦の割れもいくつかありました。
忠岡町の屋根のかき合いの漆喰も傷んでいます
瓦の被害の他に、漆喰の剥がれも見受けられました。

漆喰は瓦の隙間を埋めたり、瓦を密着させて固定する重要な役割があります。また、瓦の内側にある葺き土が直接雨水に当たるのも防いでくれています。その漆喰が剥がれると、隙間から雨水が浸入して雨漏りしたり、瓦を固定する力が低下して動きやすくなってしまいます。
写真は棟の「かき合い」部分の様子で、取り合いに詰められている漆喰がほとんど剥がれていました。(かき合いとは、数本の棟が合流する地点のことです)
忠岡町の下屋の鬼瓦の漆喰も剥がれています
鬼瓦の取り合いに詰められている漆喰も剥がれていました。

漆喰は永久的に使用できるわけではなく、経年でこのように必ず剥がれてきてしまいますので、定期的なメンテナンスが必要です。
漆喰が傷んできているところに台風の強風に晒されると一気に剥がれることもあります。どちらにせよ、漆喰が剥がれると屋根にとって悪影響を与えてしまいますので、必ず処置しましょう。

降り棟修復の様子

忠岡町で部分足場を建てました
屋根の修理で必要な足場を部分的に設置しました。

降り棟の修復は、屋根の軒先まで範囲がありますので、作業が危険で必ず足場が必要です。被害に遭った降り棟の前に部分足場を建てました。
屋根の修理では、職人が安全に上り下りするため、また墜落防止の意味合いで足場が必要になることがほとんどです。
忠岡町のT様邸で使用するいぶし瓦
T様邸で使用するいぶし瓦をご用意しました。

いぶし瓦は粘土瓦の一種で、粘土を瓦の形に形成した後、そのまま窯に入れて焼いた後、密閉して蒸し焼きにした瓦のことです。蒸し焼きにすることで瓦の表面に炭素膜ができ、瓦の裏と表両方が渋い銀色に仕上がります。対して、瓦の表面に釉薬をかけてガラス質で覆ったツルツルの瓦を釉薬瓦と言います。

忠岡町の棟の銅線が切れて瓦がズレています
台風被害に遭った降り棟の修復を行います。
棟は屋根面同士の取り合いになり、棟瓦はその隙間から雨水が浸入しないように工夫されて積み上げられています。そのため、棟をすべて解体して積み直すとなると費用がかさんでしまうため、被害に遭った部分のみ修復することになりました。
忠岡町の棟の冠瓦とのし瓦を仮撤去
ズレていた冠瓦はすべてめくり、その下にあるのし瓦も動いている部分は仮撤去しました。
のし瓦のうち、2段はしっかりしていたのでそのまま再利用します。
忠岡町の棟に葺き土を挟んでのし瓦を積みます
棟ののし瓦は屋根面の瓦と同様に葺き土に瓦を密着させて固定しています。ですので、瓦を積み上げる際にも新しい葺き土を間に挟んで固定しながら葺いていきます。
のし瓦は棟に落ちてきた雨水が軒先に流れるように勾配を付けないといけません。その勾配が狂うと、棟の内側に雨水を呼んでしまい雨漏りすることがありますので、非常にデリケートな部分です。
忠岡町の棟に冠瓦を積み銅線で固定
のし瓦を積み上げて、一番上に冠瓦をのせて降り棟を復旧しました。
先ほどもお伝えしましたが、棟は屋根の高い位置にあるため、風や地震の揺れを受けるとズレたり崩れることがあります。ですので、被害をできるだけ少なくするために太い銅線を通してきちんと固定させていただきました。
忠岡町の棟をコーキングで瓦を固定
近年、想像を超える大型の台風が上陸することがあり、その度に心配になります。
棟への被害を防止するために、銅線に加えてコーキングを用いて補強させていただきました。
コーキングを瓦の継ぎ目に充填し、繋げて補強する方法です。
忠岡町の被害箇所以外の棟もコーキングで固定
被害箇所以外の棟や降り棟も今後のことを踏まえてすべてコーキングで補強しました。
これでT様の心配が軽減されると嬉しいです。
忠岡町の割れた瓦は差し替えました
屋根面の瓦で割れている箇所がありましたので、すべて新しい瓦に差し替えました。下地の葺き土が乾燥していると、瓦を固定できません。先に霧吹きで乾燥している土を濡らして湿らせ、不足している葺き土を足して瓦を固定しました。
屋根面の瓦が割れると、流れてきた雨水が内部に入り込んで雨漏りする危険性がありますので、必ず差し替えないといけません。雨漏りは部屋内の目に見えるところに出ていなくても、小屋裏に水が浸入していることがあります。

屋根漆喰詰め直しの様子

忠岡町のかき合い部分も漆喰を多めに詰めました
剥がれた漆喰の詰め直しも行いました。
こちらは棟のかき合い部分です。かき合い部分は複数の棟が合流する部分ですので形状が複雑で、きちんと雨仕舞しないと雨漏りしてしまいます。取り合いの隙間が埋まるように多めに漆喰を詰めさせていただきました。
忠岡町の鬼瓦の取り合いの漆喰を詰め直しました
鬼瓦の取り合いの漆喰も詰め直しました。
古い漆喰の上から新しい漆喰を塗ると、見た目はきれいに仕上がりますが、下に残っている漆喰と一緒に新しく詰めた漆喰が剥がれてくることがありますので、既存の漆喰を剥がしてから新しい漆喰を詰めました。これで、重量のある鬼瓦もきちんと固定されたので安心です。

【工事完了後】

忠岡町で降り棟の瓦が飛散し、テラスやカーポートの波板も修理したお客様の声
今回の修復工事で、被害箇所はもちろん、今後のことを踏まえて棟と降り棟すべてをコーキングで繋げて補強させていただきました。また、鬼瓦の取り合い部などの漆喰も詰め直したので見た目もきれいになりました。何より屋根を応急処置していたブルーシートを撤去したので、屋根を見上げるたびに心配になることが無くなり良かったです。
忠岡町のカーポートに錆止め塗料を塗布します
カーポートの波板は台風の強風ですべて飛散してしまいました。この工事で波板を丈夫なポリカ波板に張り替え、鉄製の錆びついた本体も塗装してメンテナンスさせていただいたので、見た目もきれいに仕上がりました。
忠岡町のテラスも塗装します
同じく、2階のベランダに設置されているテラスの波板も飛んでしまったので、ポリカ波板に張り替え、鉄製の本体も塗装しました。
忠岡町のベランダの鉄製の手すりも塗装します
ベランダの手すりも鉄製で、錆が進行していたので錆止めを塗布して塗装させていただきました。鉄部の錆を放置するとどんどん進行して穴があき、強度が低下してしまいますので危険です。この機会に塗装したので劣化を遅らせることができました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

泉北郡忠岡町の屋根葺き替えで瓦からスレートに葺き替えました

泉北郡忠岡町屋根現況
泉北郡忠岡町屋根葺き替え工事完了
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
コロニアルグラッサ
築年数
築50年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
約230万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の板金が飛散し貫板も割れています

岸和田市の棟板金と貫板の交換工事です。台風で棟板金と貫板が飛散し、スレート(平らな板状の屋根材)も一部剥がれてしまいました。棟は屋根の上部の三角になった取り合い部のことで、二つの屋根面との隙間ができる箇所です。その隙間を埋めて屋根の仕舞をす...........

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

泉大津市の棟板金が飛散しています

泉大津市の台風被害に遭った屋根の修理です。Y様邸は屋根にスレート(平型の薄い屋根材)を葺いていて、棟に取り付けている板金が台風の強風で飛散してしまいました。また、下地の貫板も割れたり飛ばされている箇所があったのでこの工事で交換することになり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747