オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

高石市で強風で庇の板金が剥がれて庇修理を行ないました!


工事のきっかけ

高石市の庇を修理した施工事例です。

庇とは窓や開口部の上に設置する小さな屋根のことで、窓から雨水が吹き込むのを防いだり、日差しを遮る役割があります。K様邸は、台風の強風で庇の板金が剥がれて浮き上がってしまいました。板金をめくって確認すると、下地は再利用できる状態でしたので、既存の板金を撤去してより耐久性があるガルバリウム鋼板に張り替えました。

高石市 その他の工事,台風 庇修理

ビフォーアフター

before
忠岡町の庇修理前
horizontal
after
忠岡町の庇修理後

工事基本情報

施工内容
その他の工事,台風
施工期間
1日
使用材料
ガルバリウム鋼板・シーリング
施工内容その他
庇修理
築年数
約38年
保証年数
2年
工事費用
約12万円(税込)
建坪
約18坪
ハウスメーカー
高石市の皆さまこんにちは!

皆さまのお家には庇(ひさし)がありますか?
庇は窓や開口部の上に設置されている小さな屋根のことです。

普段はあまり気にすることが無いかもしれませんが、庇が傷むとそこから雨漏りすることがありますので、
お住いを点検するときには必ずチェックする部分です。

庇の仕上は板金を張っていたり、モルタル仕上げだったりと各住宅によって異なりますが、
今回は高石市K様邸の板金仕上げの庇の修理の様子をご紹介させていただきますね!

「私の家の庇と同じだ!」という方は、破損状況や修理方法など参考にしていただけると嬉しいです (*^-^*)

庇(ひさし)とはどの部分?どんな役割があるの??

高石市の庇の修理
庇(ひさし)とは、窓や玄関、開口部の上に設置されている小さな屋根のことです。

最近は固定資産税の影響(庇を設置すると固定資産税が増税されます)やデザイン性などの面で敢えて庇を設置しない住宅も増えていますが、庇があると便利なことがいくつかあります。


庇について詳しくご紹介した記事がありますので気になる方は下記のリンクよりご覧になって下さい。

庇を設置するメリットは?

高石市の庇
  庇を設置するメリット  

■ 窓や玄関に雨水が吹き込むのをある程度防ぐことができます!(庇が無いと思いのほか雨水が吹き込みます)

■ 太陽の光を遮るので日除けとして活躍してくれます!(夏場はお部屋に直射日光の入る量が少なくなります)

■ 窓や玄関、外壁などが汚れにくくなります!(庇は雨を遮るので窓や玄関、外壁に雨水が直接あたる量が少なくなるので汚れにくくなります)

このように、庇を設置するとメリットはあるのですが、
庇自体が劣化すると雨漏りすることがありますので、
定期的なメンテナンスも必要です。

高石市K様邸で起こった庇の不具合の状況

高石市の庇の板金が波打っています
それでは高石市にお住いのK様よりいただいたご相談で、庇の不具合の状況をお伝えしたいと思います。

台風の強風を受けて、庇の板金が浮き上がって波打っている状態でした。

庇の板金が剥がれたり浮き上がってしまうと、庇の内部に雨水が浸入して下地を腐食させて耐久性が低下することがあります。また、庇は勾配(こうばい)がほとんどないので、雨水が部屋内に入り込んで雨漏りすることも・・・!


  勾配ってなに? 

高石市の板金の継ぎ目が浮いています
屋根に上がって庇の状況を確認すると、板金の継ぎ目が浮いている状態でした。

この庇には「カラー鋼板」という板金を取付けています。
カラー鋼板とは鋼板の表面を塗装して、耐久性や意匠性などの機能をもたせた鋼板のことで、表面の塗膜が健全な間は雨水や外気の影響から守られていますが、塗膜が風化したり剥がれてくると錆が発生するので、錆が進行する前に塗装などの定期的なメンテナンスが必要です。

高石市の庇は傷んでいません
庇の板金をめくって下地を確認すると、下地はまだ丈夫でしたので、修理の際には再利用できる状態でした。

板金に関しては、裏面に発生していることが分かりました。
カラー鋼板は表面は塗膜で保護されていますが、裏面は素地のままですので、空気と水に触れると酸化して錆が発生してしまいます。
錆びは必ずしも目に見えるところに発生するという訳ではなく、内側でじわじわと進行していることがあります。

高石市K様邸の庇修理のご提案内容

街の屋根やさん岸和田店のご提案内容
  高石市K様邸の庇修理のご提案内容  

■ 庇の既存の板金を撤去して錆に強くて長持ちするガルバリウム鋼板に交換します。

■ 庇の既存の板金を少し残して水切りとして使用します。

■ 庇の下地は問題なかったので再利用します。

■ 庇や屋根の修理では足場が必要になることが多いのですが、K様邸は下屋の上から作業ができるとの判断で足場を設置せず梯子作業で行います。

以上の内容で後日、庇修理を行ないました!

高石市K様邸の庇修理の様子

高石市の既存の板金をカットして撤去します
それでは高石市K様邸の庇修理の様子をご紹介させていただきます。

既存の庇の板金を撤去して耐久性のあるガルバリウム鋼板を取付ける工事になります。

既存の庇の板金は、外壁の中に埋め込まれているので、すべて撤去するとなると外壁を一部解体しないと外すことができません。そうすると、外壁を撤去して復旧する費用がかかってしまいますし工事が大掛かりになるので、壁に埋め込まれている板金を残して、その下に新しい板金(ガルバリウム鋼板)を取付けるご提案をさせていただきました。

外壁から10㎝ほどのところで板金をカットして撤去していきます。

高石市の庇の板金を10㎝ほど残して撤去
 なぜ既存の板金を10㎝ほど残さないといけないの?? 

板金を壁ギリギリのところでカットすると、外壁に埋め込まれている板金の取り合いがむき出しになり雨水が入りやすくなってしまいます。

板金を10㎝ほど残した状態で、その下に新しく取付けるガルバリウム鋼板を差し込んで取付けることで、外壁との取り合い部が隠されて雨仕舞(あまじまい)が良くなります。

雨仕舞とは・・雨水が内部に浸入しないようにすること

高石市の庇に軒先水切りを取付けました
既存の板金を約10㎝残して撤去した後、ケラバと軒先に水切りを取付けました。

写真は軒先水切りを取付けた様子です。

水切りとは、雨水が内部に浸入するのを防止する金物のことです。

軒先は勾配が一番低いので、雨水が流れてきて滞在しやすい部分です。軒先から雨水が浸入して下地を腐食させる可能性があるため、水切りを取付けて雨水が染み込むのを防がないといけません。


高石市の庇にルーフィングを敷きました
水切りを取付けた後、改質アスファルトルーフィングを敷いて防水しました。

既存の板金の下に差し込んで施工しています。

改質アスファルトルーフィングとは、耐久性のある防水シートのことで、屋根の下葺き材としても使用されています。
既存の庇には防水シートを敷いていませんでしたが、今後長くご使用いただけるようにきちんと防水しました。

高石市の庇に板金を取付けます
続いて端から順番にガルバリウム鋼板を取付けました。

庇の長さに合わせてガルバリウム鋼板を繋いで取付けます。

今回は【縦ハゼ葺き】という工法を用いました。
縦ハゼ葺きとは板金だけで構成された屋根のことで、板金を折り曲げて加工した【ハゼ】部分で板金を組み合わせて葺きます。

高石市の庇を縦ハゼ葺きします
板金の継ぎ目を折り曲げて加工し(ハゼと言います)、ハゼとハゼを組み合わせることで板金を繋ぎます。

縦ハゼ葺きは、雨水が溜まるところがなく、雨水が入り込む隙間もほとんどないため、雨漏りに強い工法で、勾配が少ない屋根や庇でも用いられています。

 雨漏りについて詳しくご紹介した記事です!

高石市の庇の既存の板金を下ろしてビス留め
ガルバリウム鋼板を施工した後、壁際に残していた既存の板金を下に下げてビスで固定しました。

ビス頭から雨水が染み込むのを防ぐために、ビス頭にシーリングを充填し、そして外壁を伝ってきた雨水が庇の取り合いから浸入するのを防ぐために壁際にもシーリングを充填してしっかりと防水しました。


シーリング(コーキング)についてご説明した記事です!

高石市の庇修理完了です
  庇修理完了です!! 

ガルバリウム鋼板は錆びに強くて耐用年数が長い板金なので、以前よりも長持ちしますし、カラー鋼板のように錆びる心配がほとんどありません。見た目もスッキリとして美しく仕上がりました。また、目には見えませんが、ルーフィングを敷いてきちんと防水していますので防水性も向上しています。


高石市K様邸の庇修理の現場ブログはこちら


最後に・・・

街の屋根やさん岸和田店の無料点検
庇は屋根や外壁のように目立つことは無いですが、快適にお過ごしいただくために設置されています。

普段はほとんど気にすることが無いと思いますが、庇の劣化は雨漏りに繋がることもありますので、定期的に点検してもらいましょう。

 計画的なリフォームでお住いの寿命は伸ばせます!

庇のことで心配なこと、気になることがありましたら街の屋根やさん岸和田店にご相談くださいね!


街の屋根やさんの無料点検
ご相談・点検・お見積りは無料です!どんな小さなことでも構いません(*^-^*)


お電話でのご相談(9時~19時まで受け付け中!) 
0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談(24時間受付中!) 

オンラインでのご提案(コロナが心配な方へ・・!) 

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で勝手口に木製の庇を設置!屋根は波板で仕上げました!

岸和田市の勝手口
岸和田市の勝手口の前に庇を取付け
工事内容
その他の工事
使用素材
下地材木・ポリカ波板・木下地用波板ビス・キシラデコール・塩ビ雨樋
築年数
約60年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約9.3万円(税込)
施工事例

岸和田市の成長した植木が波板屋根を突き破っていました!

岸和田市の植木の伐採、テラスの波板張替え前
岸和田市の植木を伐採してテラスの波板を張り替え
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカ波板(ブロンズ)ポリカフック 
築年数
築45年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
約10.2万円(税込み・植木の伐採・雨樋交換費用含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りの原因はテラスの倒壊!アルミ製のテラスで復旧です!

貝塚市のベランダ現況
貝塚市のベランダにテラス屋根設置
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
台風
使用素材
三協アルミ・レボリューA
築年数
約38年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

高石市の笹の葉や枯れ葉が詰まった雨樋を掃除しました!

高石市の雨樋の詰まり
高石市の雨樋の詰まり解消
工事内容
使用素材
梯子作業(2700+3800+3800の範囲)
築年数
約4年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
約5.3万円(税込み)
施工事例

高石市の詰まった雨樋を掃除し雨音が少なくなりました!

高石市の雨樋の詰まり
高石市の雨樋の詰まり掃除完了
工事内容
雨漏り修理
台風
使用素材
清掃道具一式
築年数
築約5年
建坪
約16坪
保証
無し
工事費用
約5.3万円(税込)
施工事例

高石市千代田のベランダの波板が飛んで不便だったので張り替えました!

高石市千代田の二階ベランダの飛んでしまった波板現況
高石市千代田の二階ベランダのテラス波板張替え完了
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック
築年数
建坪
保証
工事費用
約4.8万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市のテラスの平板を保管しました

和泉市のF様より屋根と外壁塗装のご相談をいただき、同時に古くなった玄関ドアを入れ替えることになりました。F様邸は築38年くらいの木造・2階建ての住宅で15年ほど前に屋根と外壁を塗り替えたことがあり、今回で2度目のメンテナンスになります。以前...........

貝塚市の屋根の調査と応急処置のご相談!

台風や地震の時に屋根に被害を受け、応急処置をしたことはありますか?その後、月日とともに応急処置で使用している土のうが破損したり、ロープが切れて土のうが落下したり、ブルーシートが風に煽られてバタついている・・・と、困った経験をされたことがある...........

泉佐野市の台風被害のご相談

泉佐野市にお住いのI様より「2年前の台風で屋根に被害があり、雨漏りしてないんですが、状況を見て修理してほしいんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に、近所に来ていた業者に依頼して応急処置をしてもらい、修理の見積もりを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747