オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市の割れた銅製の雨樋を交換し雨水が溢れていた樋を調整!


工事のきっかけ

泉佐野市A様邸で銅製の雨樋の交換及び樋のレベル調整を行いました。
ご相談のきっかけは、樋の雨漏りです。「樋に隙間があいていて、そこから雨水が漏れるんです」とのご相談をいただきました。
不具合を起こしているのは2階の屋根に施工されている銅製の呼び樋(軒樋と竪樋とを繋ぐ斜めに渡した短い樋)で、樋の継ぎ目が割れている状態でした。お話をお聞きすると「屋根の上に落ちる雨音が気になったので確認したら樋の中に鳥が巣をつくっていて、その下の部分が割れて雨水が溢れていたんです」とのことでした。巣を取り除いたら雨漏りが解消されるかも、と思いご主人様が長い棒を使って2階の窓から樋の隙間に差し込んだところ、枯れ葉などがたくさん出てきたそうですが、雨漏りが止まることはなく困り果てて街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。
他にも2箇所、樋から雨水が溢れているとのことで確認すると、大屋根と下屋の軒樋のコーナー部分の樋が下がって勾配が狂い、雨水が逆流して漏れていることが分かったので、樋のレベル調整も行いました。

泉佐野市 雨樋交換,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
泉佐野市の呼び樋が割れています
horizontal
after
泉佐野市の樋の交換完了

工事基本情報

施工内容
雨樋交換,雨漏り修理
施工期間
1日
使用材料
銅製の雨樋・金具他
施工内容その他
築年数
築約27年
保証年数
2年
工事費用
約15.5万円(税込み)
建坪
約32坪
ハウスメーカー
泉佐野市の雨樋の修理工事です。
雨樋からの雨漏りで銅製の呼び樋の交換軒樋のレベル調整工事を行いました。
泉佐野市の雨樋の水漏れ

A様邸は木造2階建ての住宅です。

雨が降った時に、下の屋根に落ちる雨音が気になって、樋の異変に気付かれたそうです。

1階部分の樋ならご自身で確認したりある程度の修理はできますが、2階の樋で梯子も立てにくい箇所での不具合だったので、どうにもできず大変お困りでした。





雨樋ってなに?どんな役割があるの?

雨樋とは、雨水を集めて地下に排水するための筒状の建材のことです。
屋根の軒先や外壁の隅の方に取り付けられている為、あまり目立たず気に掛けることが少ないかもしれません。建物には必ず付いている設備なので、雨樋が無いとどんな不具合が起こるか考えることも少ないかもしれません


雨樋が無いとどんな不具合が起こるの?

雨樋が無いと、屋根に降ってきた雨水が直接流れ落ちることになりますので、下屋(1階の屋根)や庇などにあたって大きな音をたてたり、外壁を濡らして雨漏りすることもあります。また、地面に落ちてきた雨水の影響で水たまりができたり、溝ができてしまいます。
これらの不具合を起こさないために雨樋が取り付けられているのです。


雨樋は様々な部材を使用して、建物の形状に合わせて取付けられています。

他の建材の場合、釘や接着剤などを使用して繋いだり固定することができますが、雨樋は雨水が漏れると意味がないので、部材同士を接着剤で繋いで固定しています。
雨樋のように硬くて形が決まった建材を建物の形状に合わせて取付けるために、色んな部材を組み合わせて施工されています。
泉佐野市の雨樋の形状
貝塚市の木製テラスに雨樋取り付け
軒樋(のきどい)・・屋根に落ちてきた雨水を受ける、軒先に取り付けられた横方向の樋
竪樋(たてどい)・・軒樋から送られてきた雨水を地下に流す、外壁に取付けられた縦方向の樋
集水器(しゅうすいき)・・軒樋に流れてきた雨水を集めて竪樋に送るための桝(あんこう・じょうごとも言います)
這樋(はいとい)・・上階の竪樋から流れてきた雨水を下にある屋根の軒樋に送るための樋で、
          屋根の上に這わすように施工されています。
呼び樋(よびとい)・・軒樋と竪樋とを繋げるための斜めに渡した短い樋

エルボ・・樋の向きを変えるための曲がった形状の樋
受け金具・・軒樋を受けて取付けるための金具
つかみ金具・・竪樋をつかんで外壁に固定するための金具


現地調査の様子

泉佐野市の呼び樋が割れています
雨樋の素材は「銅」「塩化ビニール製」「合成樹脂」「ガルバリウム鋼板」「ステンレス」「アルミ」などがあり、A様邸の樋は銅製でした。銅製の樋の呼び樋が割れて隙間があき、そこから雨水が流れ出ている状態です。


●●●銅製の雨樋について●●●

銅製の樋は錆びにくく耐久性があるとされて、純和風の住宅で多く使用されていた樋です。銅が酸化することで「緑青(ろくしょう)」と呼ばれる緑色の膜で覆われ、内部の銅が守られます。

銅の色の変化・・赤橙色・褐色・暗褐色・黒褐色・緑青色

銅製の樋は長持ちすると言われていましたが、近年の酸性雨や雨の力による摩耗、瓦の成分の影響などで穴があく事例がたくさん出ており、更に高額なことから最近はあまり使われることが少なくなりました。
泉佐野市の鳥の巣と桝
「雨が降った時に下の屋根に落ちる雨の音が気になって確認したら、樋の中に鳥が巣をつくっていた」ということで、ご主人様が2階の窓から長い棒を樋の隙間に差し込んで枯れ葉や枝を取り除いたそうですが、樋が割れている状態ですので、雨漏りの症状は改善されなかったそうです。


A様邸の樋の不具合の原因の可能性がある点

● 呼び樋の中に鳥が巣をつくったことにより雨水が流れにくくなり、更に湿気がこもりやすい環境下にあったことで銅の継ぎ目が劣化して破断した

● 呼び樋の先に取り付けられている桝が詰まり雨水が流れにくくなったことにより同の継ぎ目が劣化して割れた


A様邸の工事の内容

樋の雨漏りを止めるために呼び樋を交換します。素材は周囲の樋に合わせて銅製の樋を使用することになりました。

樋交換工事の様子

街の屋根やさん岸和田店では、樋の工事は専門の板金職人が行います。
泉佐野市の樋工事ではしご作業
1階以上の樋の工事では、足場を設置することが多いのですが、今回は修理箇所が部分的で移動せずにその場にとどまって修理することができますし、梯子を立てるスペースがあったので、梯子作業となりました。

板金職人が梯子の上に上り、もう一人が足元で梯子をしっかりと支え、安全に作業を進めます。
泉佐野市の呼び樋を交換します
A様邸で使用する呼び樋をご用意しました。

既存と同じ銅製の樋です。銅製の樋は写真のように新品の時は黄金色です。これが月日とともにどんどん変化していきます。その変化を愉しむのも銅製品の魅力の一つです。
施工当初は目立ちますが、次第に周囲の樋に馴染んできますのでご安心ください。
泉佐野市の既存の呼び樋を撤去
軒下まで梯子を伸ばし、慎重に上がって既存の呼び樋を取り外しました。

銅製の呼び樋は集水器と一体になっていますので、呼び樋を交換する時は集水器も交換することになります。(集水器とセットで呼び樋と呼ばれることもあります)
泉佐野市の銅製の呼び樋の継ぎ目が完全に割れています
既存の呼び樋を取り外しました。

呼び樋の下端が割れて隙間があき、中から枯れ葉が出てきています。
銅製の樋は銅を継いで形成していますので、劣化すると継ぎ目が破断することがあります。
泉佐野市の呼び樋に枯れ葉などが詰まっていました
取り外した呼び樋を上から見た様子です。

呼び樋の下に取り付けている小さな桝(集水器)に枯れ葉などが詰まっていました。これは呼び樋にあった鳥の巣が原因の可能性があります。
桝が詰まると雨水の流れが悪くなり、上に繋がっている呼び樋に水が溜まってしまいます。雨水が長時間滞在すると、その影響で劣化を進めて悪循環になります。
泉佐野市で使用する樋の長さを調整
既存の樋を撤去した後、新しく取付ける樋を加工します。

最近の銅製の呼び樋は、長さをある程度調整できるようになっていますので、既存の呼び樋と同じ長さになるようにカットします。
泉佐野市の雨樋を組み合わせます
集水器と一体になった呼び樋に、長さを調節した樋をスライドさせてはめ込んで、組み合わせて固定します。

組み合わせた時点で長さが合っていなければ、微調整を繰り返して加工します。
泉佐野市の呼び樋が同じ大きさになりました
加工した樋を繋いで、既存の樋と同じ長さになっているか確認しました。

呼び樋の長さが既存の樋よりも長くなったり短くなったりすると、下にある竪樋にうまく接続することができず、見た目が悪くなったり、どこかに無理が生じてしまいます。
泉佐野市の雨樋に接着剤を塗布
既存の呼び樋と同じ長さになっているか確認し、問題がなければ組み立てた樋を一度解体します。

樋が外れないように各部材の接続部分に接着剤を塗布してから再度組み立ててしっかりと固定します。
泉佐野市の呼び樋をビスで締めて固定

各部材の接続部分に接着剤を塗布してしっかりと固定した後、継ぎ目部分をビスで留め付けます。これで樋が外れるのを防ぐことができます。

昔は銅製の樋を加工する際にはんだ付けして繋いでいましたが、最近は工場で各樋の形状に加工されてつくられていますので、作業性が良くなりましたし、はんだ付けでの継ぎ目がない分、耐久性と防水性が向上しています。
泉佐野市で呼び樋を取付けます
組み立てた樋を取付けます。

既存の竪樋の上に小さな集水器を取付けて、その上に呼び樋を差し込みます。更に、上にある軒樋に新しい集水器をはめ込み、集水器の淵にある「返し」という突起部分を折り曲げると軒樋に固定することができます。

既存の呼び樋と長さが異なると、竪樋や軒樋にうまく接続することができず、どこかに無理が生じます。

呼び樋交換完了

泉佐野市の呼び樋交換完了
呼び樋の交換完了です。

現状は新しい樋が光っていて目立ちますが、月日とともに落ち着き、周囲の樋に馴染んできますのでご安心ください。

樋から雨水が漏れて、下の屋根に落ちて大きな音をたてていましたが、樋を交換することにより解消されました。

大屋根の勾配が変わって雨水が溢れていた軒樋を調整します!

A様より、2階と1階の軒樋のコーナー部分から雨水が溢れて下にバシャバシャと落ちている、
とのご相談もありましたので、樋のレベル調整を行いました。

軒樋のレベル調整

泉佐野市の樋の先から雨水が漏れるそうです!
泉佐野市の雨水が集水器に流れないといけません
2階と1階の軒樋のコーナー部分から雨水が溢れて大量の雨水が落ちてくるので、地面が削れて水たまりができるそうです。

遠くから離れて確認すると、そのコーナー部分が下に下がっていることが分かりました。
梯子を立てて確認すると、コーナー部分に受け金具が無い状態で、雨水の重みで下に下がり勾配が狂ったことで雨水が逆流してる可能性がありました。

A様邸の軒樋から雨水が溢れる原因

軒樋のコーナー部分に受け金具(軒樋を受けて支える金具)が不足しているため、雨水の重みで樋が下がって雨水が逆流している

解決方法

樋のレベルを調整し、今後同じ症状が出ないように受け金具を取り付ける
泉佐野市の樋のレベル調整

まずは2階部分の軒樋の勾配(レベル)を調整しました。

垂れ下がった軒樋を手で持ち上げて集水器がある方に雨水が流れるように調整しました。これだけで症状は改善されますが、今後また同じように下がってくるので、樋を持ち上げた状態で受け金具を取り付けて固定します。
泉佐野市の軒樋に受け金具を取付け

樋を持ち上げて、鼻隠しに向かって受け金具をビス留めします。

鼻隠しとは・・屋根の垂木や野地板の小口(鼻先)を隠す板のことで、雨樋を取付ける下地の役割も担っています。

勾配を調整した状態で固定したので、雨水がきちんと流れるようになりました。


泉佐野市の樋に受け金具を追加します
続いて1階の軒樋のレベル調整を行いました。

2階の軒樋と同様に、コーナー部分で樋を持ち上げて受け金具を取り付けてしっかりと支えて固定します。
泉佐野市の銅製の雨樋の交換と樋の勾配調整で雨水漏れを解消したお客様の声
軒樋のコーナー部分を持ち上げて受け金具を追加して固定しました。

コーナー部分には「煽り止め」という装飾の板が取り付けられていますので、その分重量が増えます。コーナー部分の両側には受け金具がありましたが、樋が下がる状態でしたので、コーナー部分にも金具を追加しました。

樋のレベル調整完了

泉佐野市の銅製の雨樋の交換と樋の勾配調整で雨水漏れを解消したお客様の声
2階・1階の軒樋のコーナー部分の樋を調整し、受け金具でしっかりと固定し、遠くから確認しました。

これで、集水器の方に雨水が流れるようになったので雨水が溢れる心配はありません。

今後のメンテナンスは?

銅板の樋に穴があいています
●●● 銅製の雨樋のメンテナンス ●●●

上記でご説明しましたが、銅は近年の酸性雨や雨が落下する衝撃での摩耗で穴があくことがあります。雨が降った時に周囲を確認し、樋から雨水が漏れていないかチェックしたり、天気のいい日に軒樋を見上げて光が漏れていれば穴があいている可能性がありますので業者に相談しましょう。
樋に穴があいた場合、穴があいた部分に防水テープを貼ったり、シーリングを充填したり、カットした銅板をあてて貼るなど、応急的にはなりますが補修することが可能です。また、今回のように樋自体を交換することも可能です。

☆銅製の樋は穴があく事例があるため、塩ビ製の樋に交換する方が増えています。

工事後のA様の声

「職人さんも工事の前に何度も樋を見に来ていただいたようで、とても丁寧に対応していただきました。ありがとうございます」

こちらこそ、工事中は大変お世話になりました。A様のお困りごとが解消されて良かったです。
ありがとうございました。


【工事完了後】

泉佐野市の交換した樋
破損した銅製の呼び樋を交換し、見た目も美しくなりました。
板金職人

街の屋根やさん岸和田店の板金職人です。

温厚で優しい、熟練の職人です。樋のことでお困りの方はお任せください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の屋根葺き替えで陶器瓦をコロニアルグラッサに葺き替え

岸和田市の屋根葺き替え前
岸和田市の屋根葺き替え後
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
平屋
使用素材
コロニアルグラッサ・構造用合板・ゴムアスルーフィング・ガルバリウム鋼板他
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
10年(メーカー保証)
工事費用
約310万円(税込み・足場費用含む)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の雨漏りのご相談

岸和田市の雨漏りの現地調査です。K様邸は木造で、2階建ての母屋(築50年)と平屋建ての増築部(築40年)があります。雨漏りしているのは増築部の和室で、天井から浸入した雨水の影響で聚楽壁や畳が傷んでいました。屋根を確認すると、母屋と増築部の取...........

泉南市の雨樋などのご相談

泉南市にお住いのY様より「台風で雨樋が割れて、ベランダの屋根も飛んだんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に数社の業者に相談されたそうですが「混みあっているので」と、取り合ってもらえず、1年程様子を見られてから街の屋...........

岸和田市の雨樋などのご相談

岸和田市にお住いのU様より雨樋などのご相談があり現地調査にお伺いしました。U様邸は木造の2階建ての住宅です。1階の庇やカーポート付近などに雨水が落ちてくるので「詰まっているのでは」と心配されていました。また、「夏場、2階の部屋が暑くてしょう...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747