オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付


工事のきっかけ

貝塚市のT様邸は3階建てで、台風で棟板金が剥がれてしまいました。棟とは、屋根の頂点の水平部分のことで、屋根面同士の取り合い部になりますので、隙間を塞がないと雨水が浸入してしまいます。そこに取り付ける板金のことを「棟板金」と言います。屋根面に「貫板」という長い下地板を固定し、その板に向かって棟板金を釘留めしています。棟は屋根の高い位置にあるため、風や揺れの影響を受けやすく、その影響で板金を固定している釘が少しづつ緩み、固定力が低下して風で飛ばされることがあります。下地の貫板が傷んできても釘が効かなくなるため、この工事では貫板も交換させていただきました。また、棟板金は抜けにくいビスでしっかりと固定したので安心です。

貝塚市 屋根補修工事,棟板金交換,台風

ビフォーアフター

before
貝塚市の棟板金が飛散
horizontal
after
貝塚市の棟板金交換完了

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,棟板金交換,台風
施工期間
8日間
使用材料
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
施工内容その他
築年数
築約30年
保証年数
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
建坪
約30坪
ハウスメーカー

屋根の被害状況

貝塚市の剥がれた波板も張替し、飛散した棟板金と下地の貫板を交換したお客様の声!
平成30年に大阪に上陸した台風21号の強風を受けて、棟板金がほとんど飛散している状態でした。
棟板金はスレート屋根(平型の薄い屋根材)の棟に取り付けられている雨仕舞(雨水が内部に浸入しないようにすること)の板金のことです。各住宅で使用されている屋根材によって、棟に施工される材は様々です。
スレート屋根は、スレートの下にルーフィングという耐久性のある防水シートを敷いていますので、棟板金が剥がれてもすぐに雨漏りすることはありませんが、ルーフィングが傷んでくると雨漏りしてしまいますので、「雨漏りしていないから」と放置せず必ず修理しましょう。
貝塚市の貫板が傷んでいます
棟板金の下地の貫板も傷んでいました。
台風21号では暴風雨が吹き荒れ、瓦や波板、大きな看板なども飛散し、屋根自体が吹き飛ばされた住宅もありました。
T様邸の貫板は屋根面に固定されたまま残っていましたが、板金と一緒に貫板も飛散している建物もありました。
貫板が腐食するなど、劣化が進むと、貫板を固定している釘が効かなくなり、飛散してしまいます。貫板が剥がれるということはそこに取付けている板金も一緒に飛んでしまう、ということです。


貝塚市の板金の釘が緩んでいます
屋根に残っていた棟板金を確認すると、板金を固定している釘が錆びつき、緩んで抜けかかっている状態でした。
この板金もいつ剥がれてもおかしくない状況です。
この工事では、貫板・板金共に抜けにくいビスでしっかりと固定させていただきます。
貝塚市の緩んだ釘は打ち直します
スレート屋根には雨仕舞が必要な箇所に板金が取り付けられています。写真は屋根のケラバ部に取り付けられた水切り板金(ケラバ水切り)です。その釘も緩んできていたのできちんと打ち直しました。
ケラバとは屋根の流れの一番端のことで、そこから雨水が伝ったり、内部に浸入するのを防ぐ板金を「ケラバ水切り」と言います。

棟板金交換工事の様子

貝塚市の劣化した貫板を交換
屋根に残ってた棟板金と、劣化した貫板を撤去して交換します。
貫板は屋根面に向かって釘留めされていますので、ひとつひとつ釘を抜いて撤去していきます。

貫板の上には板金を被せて取付けているため、直接雨水にあたることはありませんが、屋根の勾配が緩やかな場合、雨水の流れが悪く溜まることがありますので、板金と屋根面との隙間から雨水が入り、貫板が腐食しやすくなってしまいます。また、屋根内部の湿気の影響でも貫板は徐々に傷んできます。
貝塚市の貫板が割れないように下穴を開けます
既存の板金と貫板を撤去し、新しい貫板を屋根面に向かって固定していきます。
貫板を直接ビス留めしようとすると割れてしまいますので、電動ドリルで下穴をあけてからビス留めします。
貝塚市の屋根に新しい貫板をビスで固定
貫板に下穴をあけてビス留めしました。
貫板は屋根面に向かってビス留めしますが、上に板金を被せますので釘頭がむき出しになることはありません。
貝塚市の貫板の際にシーリングを充填
上記でお伝えしましたが、屋根面と板金の取り合いから少なからず雨水が浸入しますので、貫板の劣化を遅らせるために際にシーリングを充填して防水しました。
貫板がシーリングで保護されますし、固定することにも繋がります。また、棟の内側に雨水が浸入するのも防止できます。
貝塚市の棟板金に下穴を開けます
貫板をきちんと固定した後、板金を被せて取付けます。
板金を木下地用のビスで固定するため、先に下穴をあける作業を行います。

棟板金は貫板と屋根面に添う形状になっており、ビス頭が天を向かないように横方向から固定します。

貝塚市の棟板金をビス留め
下穴をあけてから棟板金をしっかりとビス留めしていきます。
既存の板金はカラー鋼板でしたが、今回使用したのはガルバリウム鋼板という錆に強く耐用年数が長い板金です。
カラー鋼板は外気の影響で錆が発生するため、塗り替えなどのこまめなメンテナンスが必要ですが、ガルバリウム鋼板は錆びにくい板金ですので、メンテナンスをする期間を遅らせることができます。
貝塚市の剥がれた波板も張替し、飛散した棟板金と下地の貫板を交換したお客様の声!
棟板金は、数枚の板金を繋げて取付けます。
1枚1枚重ね代を設け、継ぎ目部分には板金を折り曲げた形状の「水返し」がついています。
水返しは、継ぎ目から雨水が浸入した時に、雨水が板金の内側に廻り込むのを防ぐ役割があります。
貝塚市の板金の継ぎ目にシーリング充填
板金の継ぎ目には水返しがありますが、シーリングを充填してきちんと防水させていただきます。
継ぎ目部分は雨漏りの弱点になりやすい為、しっかりと雨仕舞しないといけません。
継ぎ目にシーリングを充填すると、防水の他に板金同士を繋げて固定できる、という利点があります。
貝塚市の板金の端は折り曲げて加工
棟の両端はケラバ部になり、板金をそのまま取付けると下地の貫板の小口がむき出しになります。その小口に雨水が染み込むと貫板が腐食してしまいますので、板金をカットしたり折り曲げて加工して取付けます。
板金の端を折り曲げることで、下地の貫板の小口が板金で覆われますので、防水性がアップします。
ガルバリウム鋼板は、このように加工がしやすい板金です。
貝塚市の棟板金交換完了
ガルバリウム鋼板の棟板金交換完了です。見た目も美しく仕上がりました。
以前は貫板と板金、両方を釘で固定していましたが、この工事では抜けにくいビスを使用させていただいたので、緩みにくくなりました。近年は、大型の台風が頻繁に上陸する傾向ですので、以前よりも丈夫になるように修理しないといけません。

台風被害ではありませんが、T様邸はそろそろ屋根や外壁の塗装の時期を迎えています。スレートの表面の塗膜が傷んでくると、雨水などの水分を吸い込むようになり、スレート自体の劣化が進んでしまいます。そうすると、スレートが反ってきて、割れやすくなり、隙間に台風の強風が吹き込むと剥がれやすくなってしまいます。そのような劣化症状が進む前に塗り替えのメンテナンスが必要です。
before1
貝塚市のテラスの塩ビ波板がボロボロです
T様邸は台風の強風で2階に設置されているテラスの波板が割れて飛散してしまいました。
既存の波板は塩ビ製で、経年で劣化が進み割れやすい状態で、そこに台風の強風を受けてほとんどが剥がれている状態でした。また、テラスの雨樋も破損したいました。
horizontal
after1
貝塚市のテラス屋根をポリカ波板に張り替えました
この工事で、テラスに残った波板を撤去し、ポリカ波板へ張替えました。
ポリカ波板は塩ビ波板よりも耐久性があり、割れにくい波板です。以前よりも耐用年数が大幅にアップしますので、ポリカ波板を採用させていただきました。
波板自体の透明度が高く、見た目もきれいになりました。
破損した雨樋も交換完了です。

【工事完了後】

貝塚市の棟板金はビスでしっかりと固定
新しく取付けた棟板金はガルバリウム鋼板で、錆びにくく長持ちします。板金の横方向からビスでしっかりと固定させていただいたので安心です。
塚市の棟板金を2枚重ねて固定
板金の継ぎ目にはシーリングを充填して繋げて防水し、一体性を持たすために2枚重ねてビス留めさせていただきました。継ぎ目の端で固定することで、板金がバタつくのも防止できます。

この工事の現場ブログ

貝塚市の剥がれた波板も張替し、飛散した棟板金と下地の貫板を交換したお客様の声!

2020/06/27/ 貝塚市の飛散した棟板金と下地の貫板を交換!剥がれた波板も張替

貝塚市の棟板金入替工事です。棟とは屋根の頂部の水平部分のことで、そこに取り付ける金物のことを棟板金と言います。T様邸は3階建ての住宅で、台風の強風で棟板金がほとんど飛散してしまいました。また、下地の貫板も経年で劣化が進んでいたので交換します...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の倉庫の屋根のご相談です

熊取町の倉庫のオーナー様より倉庫の屋根のご相談があり現地調査にお伺いしました。築20年以上が経過した鉄骨造亜鉛メッキ鋼鈑葺きの2階建ての倉庫で、台風で屋根の板金が剥がれ、借主の方から困っているとのご報告があったそうです。

泉佐野市で足場を設置

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。I様邸は木造2階建ての住宅で、屋根にはセメント瓦を葺いています。屋根面に桟を打ち付けて、そこに瓦をビス留めして葺く工法になります。2年前の台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)と棟巴(棟の...........

泉佐野市の台風被害のご相談

泉佐野市にお住いのI様より「2年前の台風で屋根に被害があり、雨漏りしてないんですが、状況を見て修理してほしいんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に、近所に来ていた業者に依頼して応急処置をしてもらい、修理の見積もりを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747