オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例


工事のきっかけ

岸和田市K様邸の屋根修理の施工事例です。2年前の台風で屋根に被害があり、2階の和室の天井に雨漏りが発生しました。当時、建ててもらった業者に相談し、対応してくれる予定だったそうですが、いつまで待っても連絡がなく、問い合わせをすると「混みあってるので・・・」と言われたそうです。雨漏りもしているのでずっと放置はできず、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。K様邸は鉄骨造の2階建てで、屋根には化粧スレートを葺いています。化粧スレートは平型の板状の屋根材で、釘留めにより固定されています。棟(屋根の頂点部)に取り付けている板金や下地の貫板が強風で飛ばされてスレートも一部破損してしまいました。工事では、棟板金と下地を入替、破損したスレートも差し替えました。当初のご相談で、屋根と外壁塗装もさせていただいたので、防水性が向上し、美しい外観になりました。工事後は雨漏りもしておらず、K様にもお喜びいただき、本当に良かったです。

岸和田市 屋根補修工事,棟板金交換,台風

ビフォーアフター

before
岸和田市の台風被害に遭った棟
horizontal
after
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,棟板金交換,台風
施工期間
3日間(塗装工事含まず)
使用材料
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
施工内容その他
築年数
約40年
保証年数
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)
建坪
約30坪
ハウスメーカー

スレート屋根の被害状況

岸和田市の板金が飛散し貫板も割れています
スレートは厚みが約5ミリほどの薄い板状の屋根材です。
軒先から順に棟(屋根の頂点の水平部)に向かって釘で固定して葺いています。
棟は屋根面同士の取り合いになりますので、その隙間の雨仕舞で板金を取付けているのですが、台風の突風で板金が飛散し、下地の貫板まで割れて飛ばされていました。
写真は軒先方向に向かって降りる降り棟です。
岸和田市の水平棟もボロボロです
水平棟(横方向の棟)の板金は下地の貫板と一緒にすべて飛ばされていました。
棟板金が飛散しても、スレートの下にはルーフィングという防水シートを敷いていますので、内側に雨水が入りにくい形状になっています。ですが、ルーフィングが傷んでいたり破損していると部屋内に雨漏りしてしまいます。K様邸は雨漏りしていますので、早急に棟を復旧しないといけません。
岸和田市の棟板金と貫板を復旧します
貫板は棟板金を固定するための下地の板になりますので、傷んで強度が低下していると板金をしっかりと固定することができません。


今回の台風で、飛散せず屋根に残っていた板金もありましたが、同じように貫板が劣化している可能性が高いと言えます。今後の台風でまた被害に遭わないように、貫板はすべて交換することになりました。
岸和田市で足場を設置
屋根修理や塗装工事の際に使用する足場を建て物の周り全周に設置しました。


足場は、職人が屋根の上まで安全に行き来し、品質のいい作業をするために必要になることがほとんどです。
「屋根の修理で足場を建てるなら」と、外装のご相談も数多くいただきました。

屋根修理の様子

岸和田市の割れたスレートを差替えて貫板を交換
割れて屋根面に残っていた貫板を撤去し、破損したスレートを差替えてから新しい貫板を取付けました。

今回破損したスレートは棟の際ですので、貫板を取り外さないとスレートを差替えることができません。
貫板は抜けにくいビスでしっかりと固定させていただきました。
岸和田市の貫板はすべて交換
この台風で飛散しなかった板金を仮撤去し、貫板をすべて交換しました。


板金は再利用でしますので、この上に被せて固定します。

貫板が新しくなると板金を固定するビスがしっかりと効き、板金のズレや飛散を防止することができます。
岸和田市の貫板の際をシーリングで防水
貫板の上には板金を被せますので雨水に直接あたることはありません。ですが、屋根面と板金の取り合いから雨水が染み込む可能性がありますので、際にシーリングを充填して防水しました。


K様邸の屋根は勾配が緩やかですので、その分雨水が屋根面に長く滞在します。そうすると、貫板に染み込む雨の量も多くなってしまいますので、貫板の腐食を抑えるためにシーリングで処置させていただきました。
岸和田市の台風被害で屋根板金やスレート差替えと遮熱塗料で屋根・外壁塗装したお客様の声
続いて貫板に板金を被せて固定していきます。この板金を「棟板金」と言います。


棟板金は棟の形状に合わせて作られていますので、棟の取り合いと貫板が板金の内側に隠れます。
この板金はガルバリウム鋼板という、錆に強く耐久性がある板金です。
岸和田市の板金をビスでしっかりと固定
棟板金は横方向から貫板に向かってビス留めして固定します。


横方向から留め付けることで、ビスが屋根面を貫通することがなく、その分雨仕舞が良くなります。
屋根面に向かってビスや釘を打ち付けると、ビス頭から雨水が浸入して屋根内部に水が廻る可能性があります。
岸和田市の板金の継ぎ目はシーリングで防水
棟板金の規格の長さは2mと決まっていますので、棟の長さに合わせてご用意し、繋ぎ合わせて取付けます。


板金同士の継ぎ目から雨水が入る可能性がありますので、シーリングを充填して防水しました。
岸和田市のかき合いはシーリングで防水
棟のかき合い部分にもシーリングを充填してしっかりと防水させていただきました。


「かき合い」とは、数本の棟がぶつかる部分のことです。3カ所の棟の継ぎ目で、形状が複雑で弱点になりやすいのでシーリングで処置させていただきました。
岸和田市の棟板金修理完了
屋根修理完了です!
台風で飛散した棟板金と貫板を交換し、破損したスレートも差し替えました。


屋根面同士の取り合い部である棟を板金で覆ったので、雨漏りのリスクが低減されました。修理後は、雨漏りが止まり、安心して生活されている、とのことです。

【工事完了後】

岸和田市の台風被害で屋根板金やスレート差替えと遮熱塗料で屋根・外壁塗装したお客様の声
K様邸は屋根修理後に屋根と外壁の塗り替えも行いました。
スレートの塗膜が劣化し、防水性が低下していた屋根が塗装により美しくなりました。今後は雨水もしっかりと弾いてくれるので安心です。
岸和田市の外壁塗装完了
外壁もこの工事で塗り替えのメンテナンスを行いました。色褪せて古い印象を与えていましたが、塗り替えでイメージチェンジができました。防水の要の目地のシーリングは塗装前に増し打ちで処置させていただいております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)
施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)
施工事例

岸和田市のベランダ防水の施工事例!ひび割れも修理して防水性が向上

岸和田市の防水前のベランダ
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
18.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町で部分足場を設置

忠岡町の台風被害に遭った屋根の修理と補強工事です。H様邸は木造2階建てで、屋根は土がのっている瓦葺きの屋根です。台風で瓦が数枚割れて、漆喰も剥がれてしまいました。また、屋根に設置されているソーラーパネルも台風の飛散物の影響で破損している状態...........

忠岡町の屋根の調査

忠岡町の台風被害に遭った屋根の調査にお伺いしました。H様邸は木造2階建てで、土葺きの瓦屋根です。屋根の上にソーラーパネルを設置していて、台風の時にパネルが割れる被害に遭ったということです。台風の後にご自身で屋根の上に上がって割れた瓦にテープ...........

貝塚市の下屋の瓦が飛散

貝塚市の台風被害に遭った各所修理工事です。Y様邸は以前、街の屋根やさん岸和田店でテラスの波板張替えなどの工事をしていただいたことがあり、今回は台風での被害箇所の修理です。Y様邸は土葺きの瓦屋根で、下屋のケラバの瓦が1枚飛散し、壁際ののし瓦が...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747