オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

貝塚市の雨漏り修理で厚型スレートのひび割れをシーリングで補修!


工事のきっかけ

貝塚市で行った雨漏りの簡易修理の様子を施工事例でご紹介します。

H様邸は木造・2階建ての住宅で建ててから約20年が経過していました。

雨が降った時に急に1階の和室の天井に雨漏りが発生して驚かれたそうです。

雨漏り調査にお伺いすると、天井に嫌な雨染みが残っていました。雨漏りしている和室の上には下屋があり、厚型スレートがひび割れている状態でした!

雨漏り調査後、厚型スレートのひび割れにシーリングを充填して補修しています。

貝塚市 屋根補修工事,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
貝塚市のひび割れた厚型スレート
horizontal
after
貝塚市のひび割れた厚型スレートをシーリングで補修

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,雨漏り修理
施工期間
1日
使用材料
シーリング
施工内容その他
築年数
約19年
保証年数
なし
工事費用
約3.3万円(税込み)
建坪
約18坪
ハウスメーカー

貝塚市にお住まいの方で雨漏りでお困りの方はおられませんか?

雨漏りは何の前触れもなく発生するので、実際に天井から雨水がポタポタと落ちてくると
慌ててしまう方がほとんどだと思います。

今回は、急な雨漏りでお困りだった貝塚市H様邸の事例を参考に雨漏りについてお話したいと思います!

雨漏りが発生すると、建物にどんな影響があるの??

岸和田市・雨漏りはお住いに様々な悪影響を与えます!
雨水は屋根からだけでなく、壁や窓周り(開口部)などのあらゆる箇所から浸入します!

建物内部に浸入した雨水は、梁や柱などの構造部分、
そして電気の配線などを伝って、目に見えるところに出てきます。

しかし、天井裏などの目に見えない部分で雨漏りが進行していることもあります。
壁の中で雨漏りが発生して、気づいた時には木部が腐食して強度が低下していた事例もあるのです・・・!

雨漏りを長い間修理せず、木部が何度も濡れ続けると、腐食して耐久性が低下したり、
カビが発生して健康被害を受けることもあります。また、白蟻がつく二次被害に
発展することもあるので、雨漏りには早急な処置が必要なのです!


街の屋根やさん岸和田店の雨漏り修理
雨漏りが進行すればするほど、どんどん修理費用がかさむ恐れもありますので、何度も繰り返す雨漏りは要注意です!!

雨漏りについてもう少し詳しくご紹介している記事があるのでよかったらご覧になって下さい。


貝塚市H様邸で発生した雨漏り調査と簡易補修の様子をご紹介します!

貝塚市の雨漏りの現地調査にお伺いしました
貝塚市にお住いのH様より「大雨が降った時に天井から急に雨水がポタポタと落ちてきてびっくりしたんです」というご相談をいただきました。

  H様邸の基本情報  

木造・2階建て

築20年が経過

屋根・・厚型スレート葺き

外壁・・サイディング張り
 
貝塚市の1階の和室の天井に雨漏り発生
早速雨漏りしている室内の様子を確認させていただきました。

雨漏りしているのは1階の和室の天井で、嫌な雨染みが残っています!

このような雨漏りの跡も、雨漏りの原因を探る指標になります。雨染みの広がり方を見ると、
雨水がどのくらい入ったかおおよその検討を付けることができますし、
雨染みの位置を確認してから原因を調査することで、問題箇所を見つけやすいのです。



街の屋根やさん岸和田店の雨漏り調査について
 街の屋根やさん岸和田店の雨漏り調査について  

  街の屋根やさん岸和田店は無料で雨漏り調査をさせていただいております  ➡ 

  散水試験は別途費用が掛かります   ➡ 

雨漏りのメカニズムをよく理解し、様々なケースの現場の経験がある担当の者が調査を行いますので安心してお任せください!

  お客様より「嬉しい」「良かった」の声をいただきました!   ➡ 街の屋根やさん岸和田店に寄せられたお客様の声

貝塚市の雨漏りしている和室の上にはベランダがあります
雨漏りしている和室の上には下屋(下の屋根)があります。

室内の雨漏りの状況を確認した後、下屋に上がって調査を進めました。

H様邸の屋根は「厚型スレート」という屋根材を葺ています。


貝塚市の厚型スレート
   厚型スレートってどんな屋根材のこと??  

厚型スレートは化粧スレートの一種で、セメントが主原料の屋根材です。

厚み約5mm・・薄型スレート」または「化粧スレート」

厚み約15mm・・「厚型スレート」または「セメント瓦」

スレートの厚みによって呼び方が異なります。

  スレート屋根についてのお勧めの記事   ➡

貝塚市のスレート屋根にこのようなひび割れがいくつかありました
雨漏り箇所の上の屋根を確認すると、写真のようなひび割れがいくつか生じていました!

スレートの表面だけが割れているのであれば問題ありませんが、
貫通しているとスレートの下に水が廻って雨漏りのリスクが高くなってしまいます!

スレートの下にはルーフィングという防水シートを敷いているので、ルーフィングが傷んでいなければ雨漏りすることは無いのですが、H様邸は築20年が経過していますので、健全ではない可能性があります。(※使用しているルーフィングによって耐用年数は変わりますが、築年数から考えるとルーフィングの耐用年数は20年程の可能性があります)

ルーフィングは雨漏りを防止する重要な役割があります!



貝塚市のスレートの補修のシーリングが割れています
ひび割れをシーリングで補修している箇所もいくつかありました。

ひび割れにシーリングを充填すると、雨水が入らないようになりますが、シーリングが劣化すると防水性が低下してしまいます。

スレートを交換することも可能ですが「できるだけ簡易的に修理してほしい」とのご希望でしたので、今回もシーリングで処置するご提案をさせていただきました。

貝塚市の下屋の壁際に大きな水切りを取付けると雨漏りのリスクが低減します
H様邸の雨漏りの原因の可能性がある箇所は他にもありました。
それは屋根と外壁との取り合い部分です。

屋根と外壁の取り合い部には必ず隙間ができるので、雨漏りの弱点になりやすい箇所です。

壁際の取り合いには「壁際水切り・かべきわみずきり」という水切り板金を取付けて
雨仕舞(あまじまい)されていますが、H様邸の下屋は傾斜が緩やかなので、
雨の量が多い日や風を伴う雨の時には外壁側に水が廻りやすい形状です。


  この問題の解決方法は?? 

既存の壁際水切りの上に大きな水切りを被せて取付けることで、雨水が外壁側に浸入するのを抑えることができます。


街の屋根やさん・ポイント
壁際水切りとは・・外壁を伝ってきた雨水が内部に浸入するのを防止する金物のこと

雨仕舞とは・・雨水を内部に浸入させないよう経路をつくること

  雨仕舞のことをもっと知りたい!という方へ  

貝塚市のベランダも雨漏りの可能性がゼロではありません
ベランダも雨漏りの原因になりえる箇所でした。

雨漏り箇所から少し離れていますが、ベランダの構造部分と下屋の構造部分が繋がっているので、ベランダから浸入した雨水が内部を伝い、少し離れた箇所で雨漏りしている可能性もあります。

  この問題の解決方法は??  

ベランダを防水することで、雨水の浸入を防ぐことができます!

貝塚市のスレートのひび割れにシーリングを充填して補修することになりました
雨漏り修理では、原因の可能性がいくつかある場合、ひとつひとつ原因を潰していくしかありません。(事前に散水試験を行うと雨漏りの原因が特定される場合があります)

H様邸も、雨漏りの原因が「スレートの割れ」「壁際の雨仕舞」「ベランダ」と3カ所ありましたが「できるだけ簡単な方法で修理してほしい」とのご希望もあり、まずは下屋のスレートのひび割れにシーリングを充填して様子を見ることになりました。

貝塚市H様邸の雨漏り修理・下屋の厚型スレートのひび割れの簡易補修

貝塚市の既存のシーリングを剥がします
H様邸は厚型スレートのひび割れをシーリングで補修している箇所がありました。
その部分も含めて、ひび割れを補修します。

以前補修していたシーリングが傷んで割れてきているので、撤去して打ち替えます。

既存のシーリングの上から新しいシーリングを充填することも可能ですが、
下に古いシーリングが残っていると、新しいシーリングに厚みをもたせることができないですし、
下に残っているシーリングと一緒に剥がれることがあるので、シーリングを長持ちさせるためにも
打ち替えの方法をとらせていただきました。

  屋根工事と雨漏り補修に必要なシーリングやコーキング! 

貝塚市のスレートの溝の奥まできれいに取り除きます
ひび割れの溝の奥までシーリングを撤去して、溝の奥まできれいに取り除きました。

充填されていたシーリングを撤去すると、スレートが完全に割れている状態でした!

これではスレートの内側に雨水が入り込んでしまいます。

貝塚市のひび割れ面を刷毛できれいに掃除します
既存のシーリングを撤去した後、溝の中を刷毛できれいに掃除しました。

シーリングを充填する際に溝の中が汚れていると、シーリングがうまく密着しません!



貝塚市のスレートのひび割れにプライマーを塗布してシーリングを充填
続いて、溝の中とその周辺にプライマーを塗布してからシーリングを充填しました!

プライマーとは接着効果がある塗料で、この上に充填するシーリングをよりしっかりと密着させる役割があり、シーリング工事には欠かせません。

貝塚市の補修したシーリングをしっかりと押さえて奥まで充填
シーリングを充填した後、コテでしっかりと押さえて仕上げました。

シーリングを充填しただけだとひび割れの奥まで行き届かないので、コテやヘラで押さえて中に空洞ができないように処置させていただきました。


貝塚市のスレートのひび割れをすべて補修しました
下屋の厚型スレートに生じたひび割れすべてにシーリングを充填して雨漏り修理完了です!

シーリングは外気の影響で次第に劣化が進みます。シーリングが割れてくると
また雨漏りする危険性があるので、定期的な打ち替えが必要です。

今回は、シーリングでの簡易補修となりましたが、その後は
雨漏りしていないとの嬉しいご報告をいただきました!

シーリングでの処置で雨漏りが止まらない場合、壁際に水切りを取付けたり、
ベランダを防水する必要があるので、今後の雨で様子を見ていただくことになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  貝塚市H様邸の詳しい現場ブログは下記のリンクよりご覧になって下さい。 






雨漏り修理を行った貝塚市H様の声

貝塚市で雨漏り修理を行ったH様の声
「調査の依頼をしてから修理まで、迅速かつ丁寧に対応していただきありがとうございます。あれから今のところ雨漏りしていないので安心しています。また雨漏りするようだったら、また相談させていただきますね」

雨漏りは何の前振れもなく発生しますし、雨の量や風向きによって発生したりしなかったりすることがあります。

今後、異変に気付かれた時にご連絡をいただきましたらすぐに駆け付けますのでご安心くださいね。

街の屋根やさん岸和田店について

雨漏り修理は街の屋根やさん岸和田店へ!
街の屋根やさん岸和田店は、屋根工事はもちろん雨漏りのご相談も承っております!

街の屋根やさん岸和田店で行った工事の施工事例集 ➡

工事は各専門の職人が行いますので安心してお任せくださいね (*^-^*)

◆◆ ご相談・点検・お見積りは無料です!どんな小さなことでも構いません ◆◆
↓↓↓↓

お電話でのご相談(9時~19時まで受け付け中!) 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談(24時間受付中!) お話が苦手な方はこちらから
街の屋根やさん岸和田店のコロナ対策



  街の屋根やさん岸和田店は  
【新型コロナウィルス対策】
を実施しています!

  新型コロナウィルス対策についての記事   ➡

安心してご相談くださいね!

【工事完了後】

貝塚市の雨漏り修理完了

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)
施工事例

和泉市の波型スレートの上にエポライト波板を張り傘釘も防水!

和泉市の倉庫の屋根の明かり窓の上にエポライトを取付けます
和泉市の倉庫の屋根の波型スレートの下に差し込みました
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
エポライト波板・スレート傘釘・シーリング
築年数
建坪
保証
なし
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

和泉市の引っかけ桟瓦葺きの屋根の修理工事を行いました!

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
セメント瓦・いぶし瓦・漆喰・シーリング
築年数
約39年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・22.4万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の強度が低下した木製テラス屋根の入替工事をご紹介!

貝塚市の劣化が進んだテラスの波板
貝塚市の劣化が進んだテラスの入替完了
工事内容
台風
使用素材
テラス本体木材・ポリカ波板(800mm×5枚)・傘釘・雨樋
築年数
約42年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約8万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏り修理で棟瓦の積み直し工事を行いました!

貝塚市の棟瓦積み直し前
貝塚市の棟瓦積み直し後
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード・葺き土・銅線・シーリング
築年数
約29年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約63万円(税込み)
施工事例

貝塚市のカラーベストと棟包みが剥がれたので修理を行いました!

貝塚市の台風被害に遭った屋根
貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
カラーベスト・グリシェイドグランデ・棟包み
築年数
約2年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・16万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

街の屋根やさん岸和田店がプロの目線でご提案

  和泉市K様邸の台風被害に遭った屋根の修理の様子をご紹介します!  「3年前の台風で屋根に被害を受けたんですが、当時業者に相談したところ、想像以上に修理費用が上がってきたので、修理を見送っていたんです。いつま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747