オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事


工事のきっかけ

Y様邸はベランダの下にある洋室の天井に以前から時々雨漏りが発生していました。その時の雨の降り方や風向きなどによって雨漏りする時としない時があることから、ご自身で簡易補修しながら様子を見ていたそうです。2019年に上陸した大型の台風21号の影響で雨漏りがひどくなり、いつまでも放置できないな、と判断されて街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

泉大津市 雨漏り修理,防水工事,台風

ビフォーアフター

before
泉大津市の保護モルタルのベランダです
horizontal
after
泉大津市のベランダ防水完了

工事基本情報

施工内容
雨漏り修理,防水工事,台風
施工期間
4日間
使用材料
ウレタン樹脂塗膜防水材
施工内容その他
築年数
築約45年
保証年数
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)
建坪
約30坪
ハウスメーカー
泉大津市の洋室の天井に雨漏りしています
雨漏りしている1階の洋室の天井には雨漏りの形跡が残っていました。

雨漏りはこのように目に見えるところに出てくることもありますが、壁の内側の見えない部分に浸入して木部を腐食させて建物の強度を低下させていることがあります。ですので、外壁のひび割れが目立ってきたり、繰り返し雨漏りすることがあれば放置せず業者に相談しましょう。

泉大津市の保護モルタルのベランダです
洋室の上に設置されているベランダです。
Y様邸のベランダは防水層の上に保護モルタルを敷いた形状です。
ベランダや陸屋根は外部にあり、外気の影響をまともに受けてしまいますので必ず何かしらの防水が施されています。防水により雨水の浸入を防止していますので、その防水が傷んでくると雨漏りに直結することがあります。雨漏りを防止するためにも防水の定期的なメンテナンスが必要不可欠です。
泉大津市のベランダに雨水が滞在するのでよくありません
Y様は雨漏りを止めるために簡易的な補修をご自身で何度か行われていました。
雨水が浸入しないように、ベランダの床面にシートを敷いて覆っていましたが、これがかえってベランダに悪影響を与えている可能性がありました。ベランダの床を完全に覆っていればいいのですが、隙間から雨水が入る状態で、床とシートの間に水が溜まり、通気性が悪いことからなかなか雨水が乾燥しません。そうすると、床に長時間雨水が滞在することから、劣化を進行させる危険性があります。
泉大津市のベランダの表面に亀裂が生じています
保護モルタルの上にはトップコートという仕上げの塗料を塗られていましたが、表面に細かい亀裂がいくつも生じており、塗膜が剥がれている箇所もありました。

トップコートはベランダを防水している部分ではなく、下にある防水層を保護しています。そのため、トップコートが割れても下にある防水層が傷んでいなければすぐに雨漏りすることはありませんが、雨水の浸入を防止している防水層を劣化させる原因になりますので、できる限り傷む前の塗り替えを心がけましょう。
泉大津市のベランダの以前修理されている箇所も傷んでいます
ベランダの床に発生したひび割れを埋めるために、モルタルを塗って補修されていましたが、修理した部分の際もひび割れてきていました。
ベランダの床にひび割れが生じると、そこから雨水が入り込み、防水層が傷んでいると内部に雨漏りしてしまいます。
泉佐野市のベランダの勾配が悪くお部屋側に水が溜まるそうです
Y様邸のベランダの床は勾配が悪く、お部屋側に雨水が溜まってしまう、とのことでした。
雨水が長時間滞在すると、その分雨漏りのリスクが高くなりますし、ベランダを傷める原因にもなります。今回の防水工事で下地を形成する工程がありますので、その時にできるだけ調整させていただきます。
泉大津市の鉄製の手すりに穴があいています
Y様邸のベランダには鉄製の手すりが設置されていますが、錆が進行して所々穴があいていました。
手すり本体を支えている支柱には穴があいていませんでしたが、強度が低下していることは間違いありません。
穴があく前なら定期的に塗装してメンテナンスができましたが、耐久性に問題がありますので入替でのご提案になります。最近は、錆に強いアルミ製の手すりを取り付けることがほとんどです。
泉大津市の支柱の根元からも雨水が入ることがあります
手すりの支柱の根元が傷んで雨水が浸入して雨漏りに発展した事例があります。特に鉄製の手すりは錆びついて穴があいたり、結露などで中に水が溜まり、支柱から伝った雨水で雨漏りすることがあります。(支柱の取り合い部の劣化を含む)
ベランダの手すりの支柱や、手すりの支柱を取付けている床の笠木(立ち上がり壁の上部の仕上げ)部分は雨漏りのリスクが高いので、上から笠木を覆うことができるアルミ製の笠木付き手すりに入替える方も増えています。

ベランダウレタン防水の様子

泉大津市のベランダをきれいに清掃します
Y様邸のベランダに施す防水は「ウレタン防水」です。
各住宅によって施工している防水工法は様々ですが、防水をする前には必ず「ケレン・清掃」を行います。

ベランダに積もった汚れを落とし、表面の剥がれかかったトップコートもできるだけきれいに剥がします。下地になる面が汚れている状態で防水をかけると汚れが絡んで防水層がしっかりと密着しないため、後の不具合の原因になってしまいます。
泉大津市のベランダのひび割れは補修します
Y様ご自身で補修されていた箇所のモルタルを剥がすと、ひび割れが現れました。
今回は既存の防水の上に新しい防水層を一から形成するのでひび割れは見えなくなりますが、先にきちんと補修してから防水を行います。
防水層の下にひび割れがあると、防水層が傷んだ時に雨漏りするリスクが高くなるため、ひび割れが見えているうちに補修させていただきます。
泉大津市のベランダのひび割れにプライマーを塗布します
ひび割れ面に沿ってプライマーを塗布します。
プライマーは透明の粘着力がある塗料です。この上に充填するシーリングをしっかりと密着させるためのものですので、塗りムラなく塗布しないといけません。
泉大津市のベランダのひび割れにシーリング充填
プライマー塗布後、シーリングを充填します。
シーリングは弾力がありますので地震の際に建物が揺れた時に一緒に動くことから、それらの影響で割れにくくなっています。逆に強度のある補修材を使用すると、建物が揺れた時に周囲に亀裂が生じることがあります。ひび割れの深さや幅の広さによって補修工法や使用する補修材が変わっています。
泉大津市のベランダの壁際にもシーリング充填
床と壁の取り合い部も雨漏りの弱点になりやすい部分ですので、防水性能を高めるためにシーリングを充填しておきます。
泉大津市のベランダの手すりの支柱の根元も防水
Y様邸は、鉄製の手すりを再利用することになりましたので、雨水が入りやすい支柱の根元にもシーリングを充填してしっかりと防水しました。
ベランダの防水は、ただ防水すればいいという訳ではありません。防水を施す前に防水面をきれいに清掃し、ひび割れなどの劣化部を補修、弱点になりやすい箇所を防水することで、防水性能を高めることができ、一つ一つの工程を確実に行うことが防水を長持ちさせることに繋がります。
泉大津市のベランダにカチオンクリートで下地を形成
続いてベランダに防水を施していきます。
まずは下地調整の工程です。カチオンクリートという下地調材を防水面となるベランダ全体に塗布して新しい下地を形成する工程です。
カチオンクリートはベランダ面と防水材の両方にしっかりと密着しますので、両方をくっつける役割を持っています。
泉大津市のベランダの床面全体に下地を設置
立ち上がり部を含めて、床全体にカチオンクリートを塗布し、新しい下地を形成しました。
カチオンクリートは薄く塗布しても健全な下地を作ることができますので、重量的な部分で建物に負担をかけることはありません。例えばモルタルなどを使用して新しい下地を形成した場合、その分重量が増えて負担をかけることになります。
泉大津市の下地をスクレイパーで表面を平滑に
カチオンクリートを乾燥させたあと、スクレイパーという工具で表面を軽くこすって平滑に整えます。(表面の細かい凹凸は剥離しやすいため先に取り除いておきます)
泉大津市のベランダにプライマーを塗布します
次に、プライマーを塗布します。
先ほどお伝えしまが、プライマーは粘着力がある接着剤のような塗料で、この上に塗布するウレタン防水材をしっかりと密着させる役割があるため、ムラなく丁寧に塗布しないといけません。
泉大津市のベランダの笠木部分は刷毛で丁寧に塗布
立ち上がりやその仕上げの笠木部分も防水しますので、プライマーをまんべんなく塗布しました。
取り合いや細合部分はローラーではきちんと塗装できないので、要所要所で刷毛を使用して丁寧に塗布しました。
泉大津市のベランダにウレタン樹脂を塗布します
プライマー塗布後、ウレタン樹脂を流し込んで広げて塗布します。このウレタン樹脂がベランダを雨水から守る防水層になります。
ウレタン樹脂は液体状ですが、乾燥すると弾力のあるゴム状になり、雨水をシャットアウトしてくれます。
泉大津市のベランダにウレタン樹脂を2回塗布しました
ウレタン樹脂を塗布した後、乾燥させてからもう一度上塗りします。
ウレタン樹脂の防水性能を発揮させるためには、その塗膜に規定に厚みを付けないといけません。そのため、2回に分けて塗布し、塗膜を二重にして厚みを確保しました。
泉大津市のトップコートを塗布します
防水層であるウレタン樹脂を乾燥させてから表面にトップコートを塗布して仕上げます。
ウレタン樹脂は乾燥しても粘り気があるため、歩行することができません。トップコートを塗布して初めてベランダを使用することができます。また、ウレタン樹脂は紫外線に直接あたると急速に劣化してしまうため、トップコートを塗って保護する役割があります。
泉大津市のベランダ防水完了
トップコートを全体的に塗布し、ベランダウレタン防水完了です。
ウレタン樹脂は液体状ですので、段差がある場所や複雑な形状にも対応でき、継ぎ目のない防水層を形成することができます。継ぎ目部分は雨水が浸入する経路になりやすいので、継ぎ目なく防水層を形成することができるウレタン防水は陸屋根やベランダの防水などで多く採用されています。
トップコートが傷んで下にある防水層が紫外線に晒されると防水層が劣化する原因になりますので、今後は定期的にトップコートを塗り替えて防水層を長持ちさせるメンテナンスをしましょう。

【工事完了後】

泉大津市のベランダにクッション材をしきました
Y様邸はベランダに洗濯用の物干し竿立てを置かれていました。重量があるコンクリートの台で防水面を傷つけることが無いように、下にクッション材を敷いてきちんと保護させていただきました。
泉大津市のベランダの立ち上がり部もきちんと防水
弱点になりやすい手すり壁の支柱の根元にはあらかじめシーリングを充填して防水し、立ち上がり部や天端の仕上げの笠木部分もウレタン樹脂で覆いしっかりと防水しました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)
施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市で穴があいていた銅製の谷板金をガルバリウム鋼板に入替

岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・いぶし瓦・なんばん
築年数
築約45年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

泉佐野市の階段室の窓から雨漏りするとのご相談

泉佐野市の雨漏り調査です。「1階のサッシ枠から雨水が入ってくるんです」とのご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。T様邸は木造の2階建てです。雨漏りしているのは玄関横にある階段室の小窓です。雨が降ると、サッシ枠からかなりの量の雨水が浸入...........

岸和田市の庇にタオルを敷いて処置されています

岸和田市の庇の補修です。S様は以前から庇に落ちる雨音でお困りでした。雨樋が詰まって雨水が溢れているのでは、とのご相談をいただき調査をすると、雨樋は詰まっておらず、屋根の形状に問題があることが分かりました。雨水が落ちてくる庇の真上には2階の軒...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747