オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和泉市の増築した鉄骨造の陸屋根の下の部屋で雨漏り発生!


和泉市のT様より「1週間ほど前からベランダの下の部屋に雨漏りしてるんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。T様邸は木造で、鉄骨造の住宅を増築して二つの建物を繋げている形状でした。鉄骨造のほうは陸屋根で、その下にある洗面所と洋室の天井に雨漏りが発生していました。また、木造部に設置されているベランダと陸屋根が繋がっている箇所の下も雨漏り箇所にかかっていることから、両方とも防水するご提案をさせていただきました。ご相談の時に外壁塗装のお見積りも欲しい、とのご希望でしたので、同時にご提案させていただきました。
泉大津市の雨漏りのご相談です
T様邸の外観です。奥にある木造部が以前からある住宅で、その後、手前に鉄骨部造の住宅を建てて二つを繋げたそうです。

雨漏りしているのは鉄骨造の陸屋根の下にある洗面所と洋室の天井です。
増築して二つの建物を繋げる場合、取り合い部が弱点になることが多く、これまでに雨漏りのご相談も多々ありました。
泉大津市の洗面所の天井に雨漏り発生
洗面所の天井に発生した雨漏りです。
ご相談をいただいた1週間ほど前に雨漏りが発生した、とのことでした。
天井からポタポタと雨水が落ちてくるので洗面器を置いて対応されていたそうです。
泉大津市の洋室の天井にも雨漏りしています
洋室の天井に発生した雨漏りです。
洗面所、洋室共に上には陸屋根がのっており、雨漏りの原因の可能性が高い部分です。また、隣に繋がっている木造の住宅に設置されているベランダも雨漏り箇所にかかっていることから、雨漏りをきちんと止めるために両方とも防水するご提案になりました。
泉大津市のウレタン防水の陸屋根です
雨漏り箇所の上にある陸屋根を調査しました。
T様邸の陸屋根はウレタン防水を施していましたが、その防水が劣化している状態でした。
陸屋根やベランダは外部に設置されてますので、雨水が建物の中に浸入しないように防水を施しています。そのことから、防水の劣化が進むと雨漏りに直結する可能性が高くなってしまいます。
泉大津市の陸屋根にひび割れがいくつも生じていました
ウレタン防水を施した床面にはひび割れが多数生じていました。
ウレタン防水は、液体状の防水材を防水面に塗布して防水膜で覆う防水工法です。ウレタン樹脂は紫外線に弱いので、表面にトップコートを塗布して保護しているのですが、防水層まで割れていると、そこから雨水が浸入して雨漏りすることがあります。
泉大津市の陸屋根のパラペットがひび割れています
陸屋根のパラペット部にもひび割れが生じていました。
パラペットとは、陸屋根やベランダの周囲に設けられた立ち上がりの壁のことです。
パラペットからも雨水が浸入しますので、この部分にも防水を施されていました。
泉大津市の木造部との取り合いも割れています
木造部との取り合いの壁も割れていました。
この部分は二つの建物の継ぎ目になりますので、きちんと雨仕舞しないと雨漏りの原因になりやすい箇所です。
泉大津市の雨樋が変形して垂れ下がっています
木造部の屋根に取り付けられている軒樋が変形して垂れ下がっていました。
雨が降ると、屋根から流れ落ちてきた雨水が樋から溢れて陸屋根に落ちてくるそうです。
雨水が繰り返し同じ箇所を叩きつけると、その部分が急速に劣化してしまいます。
泉大津市のベランダの下端に雨水が廻った形跡があります
陸屋根の下端を確認すると、雨水が廻った形跡がありました。
陸屋根の内側に雨水が浸入したことで表面に施された塗膜が押され、膨れて剥がれている状態でした。
通常、塗膜は水分や空気を通さないので、内側から雨水が入ると出るところがなくて塗膜が押されて膨れてしまいます。
泉大津市の木造部のベランダも防水しないといけません
陸屋根の奥には木造部のベランダがあり、繋げて行き来できる形状です。
雨漏りしている部分がこのベランダにもかかっていますので、陸屋根と一緒に防水しないと雨漏りがきちんと止まらない可能性があります。

泉大津市のベランダ同士の取り合い
後から陸屋根を繋げたので形状が複雑です。その分弱点になりやすく、雨漏りしやすいのできちんと防水しないといけません。
泉大津市の外壁のひび割れと塗膜の浮き
木造部のベランダの下場を確認すると、陸屋根と同様に外壁の塗膜が膨れていました。
すぐ上にあるひび割れから雨水が浸入した可能性もありますが、水が廻っていることは確かです。
T様はこのような外壁の症状を見て、雨漏りが発生したこともあり外壁塗装もご検討されていました。
泉大津市のベランダの波板が飛散
木造部のベランダに設置されているテラス屋根の波板が台風の時に割れて飛んでしまった、とのことです。
ベランダは外部に面していますが、屋根があるのとないのでは、防水の劣化の進行が変わってきます。ですので、波板の張替えもご提案の中に組み込ませていただきました。
T様は外壁の劣化も気になられていて外壁塗装のお見積書も参考に出してほしい、とのご希望でした。次は外壁の調査の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の割れた竪樋を交換

岸和田市の雨樋修理です。W様邸は台風で屋根に被害があり雨漏りしました。その時の調査で竪樋(縦方向の雨樋)が割れている箇所がありましたので、修理することになりました。雨樋は普段はあまり気にかけることはないですし、雨が降っている時に点検される方...........

7fbb93c52ad4c341169c9fb582d05bb7-1

岸和田市の雨漏り修理です。F様は以前から雨漏りに悩まされており、バケツを置くなどして対応されていましたが、「いつまでもこのままでは雨が降るたびに心配なのできちんと修理をしたい」とご相談をいただきました。

岸和田市の洋室の天井から雨水が伝ってくるそうです

岸和田市にお住いのF様より雨漏りのご相談があり現地調査にお伺いしました。F様邸は平屋建てで、以前増築されて二つの建物を繋げている形状でした。屋根は土葺きの瓦屋根です。雨漏りしているのは二つの建物の取り合い部で、洋室の天井、そして廊下の壁も濡...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747