貝塚市の屋根の調査で軒先瓦が落下して下屋の瓦が割れていました


貝塚市の台風被害の調査
貝塚市で「台風21号で屋根などに被害がでたので、とりあえず保険会社に提出する修理の見積をいただききたいんです」とご相談をいただき現地調査にお伺いしました。

今回の台風で、初めて火災保険を利用するという方が多く、「どうしたらいいか分からない」というご相談もたびたびありました。ご不明な点がございましたらご加入されている保険会社に電話でお問い合わせいただくか、保険の内容を確認し、適応されるようでしたら、被害箇所の写真と修理のお見積りを保険会社のほうに送っていただき手続きをするという流れになっております。
貝塚市の大屋根の雨樋が飛散

下から見てすぐに目に飛び込んできたのが雨樋(軒樋)の飛散です。
そして、その軒樋のすぐ下には木製のテラス屋根があり、その屋根の波板もすべて飛ばされていました。
このままでは屋根から落ちてきた雨水がすべてテラスに落ちてしまいます。
テラス自体が木製ですので、雨水が大量に打ち付けると劣化を早めてしまう可能性があります。
貝塚市の軒先の瓦が飛散して養生しています

飛散した雨樋の真上の屋根にも被害がありました。

軒先の瓦が大量にズレて落下したとのことで、シートを張って応急処置されていました。
軒先や屋根の端(ケラバ)は風の影響を受けやすい箇所ですので、今回の台風でも被害が多く発生していました。

貝塚市の屋根の土が流れています
養生のシートをそっとめくると、瓦の下の葺き土が流れて防水シートが見えていました。
土葺きの屋根は、粘り気のある土を敷き、その上に瓦を押し付けて密着させていますので、下地の土が経年で乾燥して痩せてくると瓦が動きやすくなり、このように飛散する原因になってしまいます。
貝塚市の瓦が割れています
瓦が割れている箇所もありました。
大屋根(一番高い屋根)の軒先の瓦が落下して下屋に落ち、このように数か所で割れていました。
大屋根は軒先の瓦の落下の被害のみでしたが、瓦が落下したことにより下屋根にも被害が及んでしまいました。

貝塚市の下屋の瓦が割れて雨樋も飛散
下屋の瓦の飛散状況です。
ベランダがのっていない軒先の瓦が割れています。
貝塚市の玄関屋根にも被害が発生
玄関屋根にも大屋根の瓦が落ちてきて割れてしまい、シートを張って養生されていました。
S様邸の屋根の修理には足場が必要ですので、後日足場を建てて工事をさせていただきました。

落下した軒先瓦を復旧し、瓦のズレを全体的に戻してコーキングでズレ止めを行います。テラスの波板も張替え、飛散した雨樋も復旧・取り付けします。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根瓦の修理や雨樋の交換、波板張替えなどの工事も承っておりますのでお気軽にご相談下さいね。

次は修理工事の様子をお伝えします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。

泉佐野市の下屋はひどい状態です

泉佐野市の下屋の修理工事のご紹介です。T様邸は台風21号で、お隣の家の瓦が飛んできて被害に遭いました。大屋根(一番高い屋根)にも被害はありましたが、高さが低い下屋(1階の屋根)は飛んできた瓦がぶつかってたくさん割れている状態でした。

泉佐野市の屋根にお隣さんの瓦が飛散しています

泉佐野市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。T様邸の屋根はシルバーの釉薬瓦です。台風21号でお隣さんの家の屋根瓦が飛んできて、ご自宅の瓦が割れる被害に遭いました。