泉大津市の化粧スレート屋根の塗り替えで3回に分けて塗装しました


泉大津市の化粧スレート屋根の塗装のご紹介です。
建ててから一度も塗り替えされておらず、苔がびっしりと生えていた屋根がつやのある屋根に生まれ変わりました。
泉大津市の屋根の旧塗膜もほとんど剥がれました
化粧スレートは、もともと防水性がないので表面を塗装することで防水性を加えています。表面の塗膜が傷んで剥がれたり薄くなってくると防水性が低下することと同じですので、雨水を含んでしまいます。そうすると苔の温床になったり、スレートの反りや割れの原因になったり、雨漏りの発生や、最終的には葺き替えないとメンテナンスできなくなります。
それらの劣化を抑えるために、定期的な塗り替えが必要になります。塗装をかけると表面がコーティングされ、また雨水を弾いてくれる健全な屋根になります。

写真は高圧洗浄後の様子です。
洗浄前は苔がびっしりと生えていて、下から見ると古い印象を与えていました。
泉大津市の屋根を下塗りします
屋根を高圧洗浄できれいに洗浄し、乾燥させてから塗装の工程に移ります。

屋根、外壁ともに一般的に3回に塗り分けて塗装します。(下塗り・中塗り・上塗り)
下塗りは上に塗る塗料と素地とをしっかりと密着させる役割があります。
下塗りは透明のシーラーを使用しました。
シーラーは塗料の吸い込みを抑えて下地を整えてくれます。
泉大津市の屋根を続いて中塗りです
化粧スレートの劣化が進んでいると、塗料を吸い込んでしまいますので、表面の塗膜が薄く仕上がってしまいます。ですので、塗料の吸い込みを抑えてから、中塗り・上塗りする方が厚膜に仕上がります。

下塗りで下地を整えてから中塗りに移ります。

中塗りと上塗りは塗り残しがないように色を変えることもありますが、ほとんどの場合同じ色の塗料で塗装します。
泉大津市の屋根の板金も塗装しました
中塗りと上塗り、同じ塗料で塗装することで、下地の色が透けず、ムラなくきれいに仕上がります。

屋根の板金も下塗り・中塗りしました。
板金部分も経年で傷んできますので、塗装工事では必ず塗装します。
泉大津市の屋根を上塗りで仕上げます
中塗りを乾燥させてから上塗りします。
中塗りを乾燥させることで、塗料が二重につき、厚膜に仕上げることができます。
中塗りが乾燥したあと上塗りするので、塗っている最中はそれぞれ色が異なって見えますので塗り残しなく塗装できます。
泉大津市の板金も上塗りします
板金部分も上塗りします。

板金は屋根全体に比べると面積が少ないですが、塗装しないと板金だけが古びて目立ちます。
泉大津市の屋根塗装完了
屋根全体を上塗りし、屋根塗装完了です。

屋根は建物を外気から守る重要な役割があります。屋根材が劣化すると、雨漏りが発生するなど建物に悪影響を及ぼしてしまいますので、そうなる前に定期的にメンテナンスしましょう。
泉大津市の屋根の隙間が空いているのでタスペーサーは使用せず
化粧スレートの塗装では、スレートの隙間が塗料で塞がるのを防ぐために「タスペーサー」という縁切りの部材を使用します。(隙間が塗料で埋まると雨漏りする可能性があるため)
Y様邸は化粧スレートが劣化して少し反りが生じており、塗装しても隙間が埋まらないことから今回は使用しませんでした。

このような化粧スレートの反りは、表面の塗膜が劣化して雨水を吸い込むようになり、含水・乾燥を繰り返す過程の収縮の力によるものです。化粧スレートの劣化を長年放置し続けると、反りがひどくなり、スレートが割れて塗装でのメンテナンスができなくなる場合がありますので、気になる方は一度点検してもらいましょう。

次は外壁の塗装の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円
施工事例

岸和田市摩湯町の破風板・鼻隠しをガルバリウム鋼板で巻き屋根も塗装!

岸和田市摩湯町の破風板と鼻隠し現況
岸和田市摩湯町の屋根メンテナンス完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根塗装
使用素材
屋根:推奨遮熱塗材 /破風板・鼻隠し: ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約28坪
保証
工事費用
屋根塗装(高圧洗浄・仮設足場含む)約56万円(税込) 破風板・鼻隠しガルバリウム鋼板巻加工 約16万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の屋根修理の現地調査

岸和田市のスレート屋根の修理のご相談で現地調査にお伺いしました。台風で屋根の一部が剥がれたのですが、どこの業者も忙しくてなかなか見に来てくれず、雨漏りもしていなかったので落ち着くまで待とうと約1年近くそのままの状態だった、とのことです。

熊取町の取り合いのスレートはコーキングで固定

熊取町の屋根塗装の様子をご紹介します。I様邸は台風で屋根のスレート(平型の四角い屋根材)と下地の野地板が剥がれて屋根に穴が開き雨漏りしてしまいました。台風の被害箇所を修復し、ちょうど塗装時期に来ていた屋根と外壁を塗装します。台風で屋根に被害...........

熊取町の屋根の一部が野地板ごと飛散しました

2018年9月に発生した台風21号の被害で熊取町のI様よりご相談がありました。「台風の強風で屋根が一部飛ばされて穴が開いて雨漏りしたんです。応急処置はできているので急いでいないんですが相談にのってもらえますか?」とのことで現地調査にお伺いし...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747