オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市のスレート屋根とサイディングの塗り替えの現地調査


貝塚市の棟に貫板と棟板金を固定します
貝塚市の棟板金取付完了
貝塚市の屋根・外壁塗装の現地調査の様子です。
N様の初めのご相談は、台風被害についてでした。台風の強風でスレート屋根の頂点に取付けている棟板金が飛散し、応急処置していたブルーシートも剥がれてしまった、とのご相談でした。台風直後に棟の応急処置のしなおしをさせていただき、棟板金取り付け工事も行いました。
貝塚市で屋根・外壁塗装のご相談もありました
初めのご相談の時に「足場を建てるなら、屋根と外壁の塗装もしてほしい」とのご希望があり、その時に調査を行いました。
今回の記事では、現地調査の様子、現況をご紹介します。

N様邸の屋根はスレートで、外壁はサイディングです。両方とも表面を塗膜で覆って処理しているのですが、経年で劣化して剥がれてきている状態でした。塗膜が剥がれると、雨水を弾く力が低下します。つまり、防水性能も低下するということですので、様々な劣化症状を誘発してしまいますので、建物を長持ちさせるためにも定期的な塗り替えが必要になります。

貝塚市のスレートが色褪せています
屋根の現況です。
台風の強風で棟板金が飛散してしまい、その後、街の屋根やさん岸和田店で棟板金取り付け工事をさせていただきました。

使用している屋根材は、化粧スレートという薄型の屋根材です。上記で記載しましたが、スレートはもともと工場で塗装による表面処理を施しています。スレート自体は水分を吸収する性質ですので、塗装により雨水を弾いているのです。その塗膜が傷んで剥がれてくると、スレートが雨水を含むようになり、乾燥する過程でひび割れが生じたり、反りかえりの原因になります。それらの症状からスレートを守り長持ちさるために塗り替え工事を行います。
貝塚市の外壁がチョーキングを起こしています
続いて外壁の現況です。
N様邸の外壁はサイデイングで、スレートと同じ理由で表面を塗装により処理していますが、塗膜は永久的ではなく、経年で粉状になり剥がれてきます。その症状を「チョーキング」と言います。塗膜が傷んでくると、スレートと同様に雨水を含むようになり、乾燥する過程で反ろうとしてビス留めしている箇所から亀裂が入ることがあります。
貝塚市の外壁の目地のシーリングが割れています
サイディングの外壁にはパネル同士の継ぎ目(目地)があり、その部分を防水するためにシーリングという弾性の防水材を充填しています。実はこのシーリングはとても重要な役割を担っているのです。
貝塚市の外壁の目地から雨水が浸入します
目地のシーリングが傷むとそこから雨水が浸入して雨漏りしたり建物の木部を腐食させて強度が低下する危険性もあります。また、目地のシーリングが割れると雨水が染み込んで外壁材を傷める原因になります。そのため、外壁の塗り替え時には目地のシーリングの打ち替えも同時に行うことが保トンとですし、お勧めしています。(目地の打ち替え工事では足場が必要になるので、足場があるうちにメンテナンスしたほうがいい)
貝塚市の帯の継ぎ目のシーリングも割れています
N様邸の外壁には帯が取り付けられています。
外壁の帯はデザイン性や、帯の上と下で外壁の仕上げが異なる場合の見切り材として取付けられています。その帯の継ぎ目にも目地があり、シーリングを充填しています。シーリングの打ち替え時には帯の上部と継ぎ目も打ち替えます。
貝塚市の窓周りのシーリングも傷んでいます
シーリングは窓周りにも充填されています。
窓は外壁に開口を開けて取付けられていますので、取り合いから雨水が浸入するのを防ぐため、シーリングを充填しています。窓周りのシーリングが切れたことにより、窓枠から雨漏りした事例が数多くあります。シーリング工事では、窓周りのシーリングもきちんと打ち替える必要があります。シーリング工事を行うことで、建物の防水性能を確保します。
貝塚市の雨樋も塗装します
屋根や外壁の他に、雨樋や雨戸、レンジフードカバー、軒天井や破風・鼻隠しなどの付帯部分と呼ばれる箇所も塗装させていただきます。建物が塗装によりきれいになった時に、雨戸などが古びていると全体的に古い印象を与えてしまいますし、塗装により保護しないといけない箇所もあるため、付帯部分の塗装をお勧めしています。
貝塚市の塀の汚れは高圧洗浄で取り除きます
N様邸は外部に塀があり、経年で汚れてきていました。
塀を塗装することも可能ですが、今回は高圧洗浄のみ行うことになりました。通常の高圧洗浄では汚れをすべて取り除くことができませんが、現状よりは明るくなります。玄関アプローチのタイルなども高圧洗浄させていただきます。

屋根や外壁の塗装は建物を長持ちさせるためにも必須の工事です。10年以上塗り替えされていなくて、そろそろかな?と判断にお困りの方は街の屋根やさん岸和田店にご相談ください。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の外壁塗装後

岸和田市の外壁塗装です。K様邸は台風被害に遭った屋根などを修理し、同時に屋根と外壁の塗装もされました。外壁にはALCパネルを張っていて、塗装前にパネルの継ぎ目に充填しているシーリングを増し打ちしてきちんとメンテナンスしました。その後高圧洗浄...........

岸和田市のALCパネルの外壁

岸和田市の外壁塗装に伴うシーリング工事です。K様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根や軒天井などを修理し、屋根・外壁の塗装をすることになりました。K様邸は重量鉄骨造で、外壁にはALCパネルを張っています。ALCパネルとは不燃の軽量気泡コンクリ...........

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747