和泉市の屋根補修工事に伴う現地調査で棟や地瓦が飛散していました


和泉市の屋根やテラスの調査に伺いました
和泉市で、台風で和瓦の屋根に被害があり、テラスの波板も飛ばされてしまった、とのご相談があり現地調査にお伺いしました。
和泉市の屋根が一見きれいに見えますが被害がありました
屋根に上がって確認すると、一見きれいに見えましたが、瓦の飛散や割れ、ズレなど数か所に被害がありました。
台風21号で、たくさんの屋根の調査を行い、当たり前のことですが被害状況は様々です。
屋根の野地板ごと飛散し大量に雨漏りされた住宅や、瓦がめくれて落下し被害が拡大している住宅、瓦が数枚割れた、雨樋が外れた、など被害の大きさ、状況に差はございますが、大切にされている住まいに問題が起こると修理するまで心配な気持ちにかわりはありません。
街の屋根やさん岸和田店はまずは順番に現地調査にお伺いするところから行っております。
和泉市の下り棟の瓦が飛散
屋根の被害状況です。
下り棟の冠瓦が一枚飛散して屋根の上に残っていました。
下り棟とは、軒先に向かって降りる棟のことで、冠瓦は棟の一番上に施工する瓦のことです。
棟は屋根と屋根が合流する部分のことで、雨仕舞で瓦を積み上げています。そのため、風や雨の影響を受けやすいので銅線などで固定されているのですが、経年で銅線が緩んだり切れたりすると瓦が動いて崩れやすくなってしまいます。T様邸の被害に遭った箇所も銅線が切れていました。
和泉市の棟の冠瓦がズレています

棟の被害は、先ほどの一カ所のみでしたが、全体的に冠瓦がズレてきていました。
このままだと、強風の影響でもっと動く可能性がありますので、ズレを戻してコーキングで固定することになりました。
また、緩んでいる銅線も締め直します。
和泉市の瓦が1枚飛散しています
地瓦も1枚飛散していました。
地瓦とは屋根の平場で使用する瓦のことで、割れたり飛散するとそこから雨水が浸入して雨漏りする可能性があります。
この部分は軒先ですので、部屋内には雨漏りしないかもしれませんが、このままでは葺き土が流れますし、野地板の腐食の原因にもなります。
和泉市のズレた地瓦は戻します
地瓦がめくれ上がってズレている箇所もありました。
幸い、めくれただけで割れていなかったので、葺き土の代わりのなんばんをのせて瓦を復旧することになりました。
また、ズレを防止するためにコーキングも充填します。
和泉市の銅板の谷樋が穴が開く可能性があります
台風被害とは関係ありませんが、こちらは谷樋の様子です。
T様邸は銅板の谷樋でした。銅板の谷樋は酸性雨等の影響で穴が開いてしまいます。
屋根から流れてきた雨水が谷樋の同じ箇所を何度も打ち付けることで、写真の黄色い点線部分のようにすり減ってきて穴が開くこともあります。そうなると雨漏りに直結してしまいますので、定期的にメンテナンスすることをお勧めします。
最近では、メンテナンス時に錆びに強く長持ちするガルバリウム鋼板の谷樋に入替えることがほとんどです。
和泉市の波板がすべて飛ばされています
1階にあるテラス屋根の波板はすべて飛ばされていました。
台風の影響で、波板の被害のご相談もたくさんありました。
新しい波板は、衝撃に強く割れにくいポリカ波板なので長持ちします。
和泉市のテラスの波板フックが飛散
1階のテラス屋根はふたつあり、もうひとつの波板は飛散していませんでしたが、波板を留めているフックが数か所外れていました。修理工事の時に、外れた部分のフックをポリカフックに交換します。
街の屋根やさん岸和田店は、棟瓦の補修や積み直し、漆喰工事なども承っておりますので気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

次は補修工事の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。

泉佐野市の下屋はひどい状態です

泉佐野市の下屋の修理工事のご紹介です。T様邸は台風21号で、お隣の家の瓦が飛んできて被害に遭いました。大屋根(一番高い屋根)にも被害はありましたが、高さが低い下屋(1階の屋根)は飛んできた瓦がぶつかってたくさん割れている状態でした。

泉佐野市の屋根にお隣さんの瓦が飛散しています

泉佐野市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。T様邸の屋根はシルバーの釉薬瓦です。台風21号でお隣さんの家の屋根瓦が飛んできて、ご自宅の瓦が割れる被害に遭いました。