オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町の台風被害に遭った屋根を修理するために点検しました


熊取町の風雨被害に遭った屋根の現地調査にお伺いしました。M様邸は木造2階建て、土葺きのいぶし瓦の屋根で、台風の強風で瓦が数枚割れてしまったので修理かガルバリウム鋼板への葺き替えをご検討されていました。
熊取町のいぶし瓦の屋根の調査です
台風の後にご自身で屋根に上がってブルーシートをかけて応急処置されていましたが、それ以外にも瓦の割れが点在している状態でした。また、棟が一部崩れて袖瓦が飛散し、地瓦も割れ、瓦のズレや銅製の雨樋の破損なども見受けられました。修理のご提案をし、後日全面足場を設置して工事を行いました。

風雨被害箇所の調査状況

熊取町の屋根を養生されています
台風後、瓦が地面に落下し、割れている箇所もあったので、ご自身で屋根の上に上がって被害が集中している棟部分にブルーシートをかけて応急処置されたそうです。(写真は大屋根・一番高い屋根)の様子です。

棟とは二つの屋根面がぶつかる頂点の水平部分のことで、その取り合い部から雨水が入らないように瓦を積み上げています。
熊取町の棟の瓦が飛散しています
ブルーシートをそっとめくると、棟の冠瓦とのし瓦が飛散している状態でした。この部分の他にも、冠瓦がズレ落ちて屋根に残っていたので元に戻して大きなブルーシートをかけられたそうです。
棟は屋根面よりも高く積み上げられていることから、風や地震の影響を受けやすい箇所です。今回の台風でも、棟が崩れる被害が多く発生していました。
熊取町の袖瓦も落下しています
袖瓦も飛散しており、全体的にズレも生じていました。
袖瓦とは、屋根の妻側(三角になった方)の一番端に施工する瓦のことで、屋根の一番端で上に瓦を重ねないですし、吹き上げの風の影響を受けやすい箇所です。
今回の台風では、袖瓦が一列すべて落下している住宅もありました。
応急処置のブルーシートを完全に剥がしてしまうと同じように戻せない場合があり、雨漏りしてはいけないのでめくる程度で調査します。
熊取町の瓦の割れや欠けがたくさんありました
地瓦の割れや欠けも点在していました。
地瓦とは屋根面で施工される瓦のことで、雨水が流れる経路となりますので、割れたり飛散するとそこから雨水が浸入し、内部で伝って傷んでいる部分から雨漏りする危険性があります。
瓦が下まで完全に割れていると、隙間から雨水が染み込んで瓦の内側に廻ってしまいます。
熊取町の雨樋の中に瓦が落ちています
割れた瓦の破片が転がり落ちて雨樋の中に引っかかって残っていました。
台風直後の調査時には、このように瓦が屋根の上や軒先などに残っていて落ちそうになっていて心配される方がたくさんおられました。っ落下する可能性がある危険な瓦は写真撮影をした後にその場で下ろさせていただきます。
熊取町の瓦がズレています
風に煽られた影響で、地瓦が全体的に軒先方向にズレていました。
土葺きの屋根は、下地の土が乾燥して痩せてくると、このようにズレやすくなります。修理の際は、瓦のズレを戻して、また同じようにズレることが無いようにコーキングで固定しズレを防止します。
熊取町の下屋に大屋根から瓦が落下しています
下屋にも被害がありました。
大屋根から落ちてきた瓦が下屋の上に残っており、落ちてきた瓦で下屋の瓦が割れる被害も発生していました。
台風ではお隣の住宅の瓦が落ちてきてご自宅の屋根に被害が出てしまった、ということも多々ありました。いざという時のことを踏まえて、火災保険への加入をお勧めします。
熊取町の下屋の棟の冠瓦がズレています
下屋の棟の瓦は飛散していませんでしたが、風の影響でズレていました。
棟は風や地震の影響を受けやすいので、写真のように銅線などを巻いて固定されていますが、経年で銅線が傷んで切れると、瓦が飛散する原因になりますので定期的に点検するといいでしょう。
熊取町の屋根の被害状況
別棟の屋根の瓦が飛散して屋根の上に多数散らばっている状態で、落ちてきた瓦の影響で被害が拡大していました。
熊取町の瓦のかけ
瓦の端が割れています。瓦が割れて隙間ができると雨漏りの原因になりますので割れた瓦はすべて差し替えます。隣の瓦は軒先方向にズレが生じています。
熊取町の瓦のズレ
下屋の袖瓦がズレて波打っています。
今後の台風でまたズレなようにズレを戻して1枚1枚ビスで固定させていただきます。
熊取町の漆喰の剥がれ
棟の漆喰も剥がれていました。
漆喰は瓦同士の隙間を埋めて葺き土を保護していますので、漆喰が剥がれると雨水を受けて葺き土が流れたり棟のバランスが崩れることがありますのできちんと詰め直します。
熊取町のじょうごが割れています
銅製の雨樋のじょうご(集水器とも呼ばれます)が割れていました。
じょうごは屋根に落ちてきた雨水を集めて竪樋に送る器です。
熊取町で全面に足場を建てました
M様邸は屋根の被害が数カ所に点在していましたし、今後の台風に備えて補強する計画で、足場を全面に建てさせていただきました。
次は屋根の修理の様子をご紹介します。

この工事の現場ブログ

熊取町で全面に足場を建てました

2019/10/02/ 熊取町の棟の補修工事で葺き土を積んで銅線及びコーキングで固定

熊取町の風雨被害に遭った屋根の修理で今回は、棟の修復の様子をご紹介します。棟とは、屋根の頂点にある水平部分のことを指し、屋根と屋根との取り合い部になります。そこにできる隙間から雨水が浸入しないように、また、雨水が下に流れるように瓦を積み上げ...........

熊取町のいぶし瓦の屋根の調査です

2019/10/01/ 熊取町の台風被害に遭った屋根を修理するために点検しました

熊取町の風雨被害に遭った屋根の現地調査にお伺いしました。M様邸は木造2階建て、土葺きのいぶし瓦の屋根で、台風の強風で瓦が数枚割れてしまったので修理かガルバリウム鋼板への葺き替えをご検討されていました。

熊取町の袖瓦を復旧

2019/10/03/ 熊取町の屋根の端の袖瓦の修復で動いている瓦もめくって葺き直しました

熊取町の袖瓦の補修及び固定のご紹介です。M様邸は土葺きの瓦屋根で、台風の突風で棟や袖瓦が落下し、地瓦が割れる被害がありました。袖瓦は切妻屋根のケラバ部分(雨樋が付いていない三角になった端)で使用される役物瓦のことで、雨水が切れるように「垂れ...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の倉庫の屋根のご相談です

熊取町の倉庫のオーナー様より倉庫の屋根のご相談があり現地調査にお伺いしました。築20年以上が経過した鉄骨造亜鉛メッキ鋼鈑葺きの2階建ての倉庫で、台風で屋根の板金が剥がれ、借主の方から困っているとのご報告があったそうです。

泉佐野市で足場を設置

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。I様邸は木造2階建ての住宅で、屋根にはセメント瓦を葺いています。屋根面に桟を打ち付けて、そこに瓦をビス留めして葺く工法になります。2年前の台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)と棟巴(棟の...........

泉佐野市の台風被害のご相談

泉佐野市にお住いのI様より「2年前の台風で屋根に被害があり、雨漏りしてないんですが、状況を見て修理してほしいんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に、近所に来ていた業者に依頼して応急処置をしてもらい、修理の見積もりを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747