熊取町のカバー工法の屋根の点検/板金が飛散していました!


熊取町のカバー工法の屋根の調査
熊取町の屋根の現地調査のご紹介です。
「台風で屋根の板金が剥がれて、雨樋も倒れてるんです」とのご相談をいいただき現地調査にお伺いしました。
N様邸の屋根はカバー工法された屋根で、ケラバ水切りや棟の板金が飛散していました。
ケラバとは雨樋が付いていない方の屋根の端の部分で、棟は屋根の頂点の水平部分です。

写真の黄色い点線部分の水切りが風に煽られてめくれ上がり、折れ曲がって屋根に残っていました。
熊取町のケラバ水切りがめくれて変形しています
屋根に上がって確認すると、水切りが折れ曲がってかろうじて残っている状態で、風がふくたびにバタバタと音を立てて気になるそうです。

水切りとは雨水が内部に浸入するのを防ぐための金属の部材です。
熊取町の屋根の水切りが飛散しています
反対側のケラバ水切りはすべて飛散していました。

ケラバ水切りは雨が降った時に、屋根から流れてきた雨水を切る役割があり、これがないと屋根材の下にある野地板に雨水が染み込んで腐食させてしまいます。

熊取町の棟板金も飛散

棟の板金も飛散していました。
冒頭でお伝えしましたが、棟とは屋根の頂点の水平部分で、棟から雨水が浸入するのを防ぐのが棟板金です。

N様邸の屋根はカバー工法でメンテナンスしているので、今の屋根の下にもう一つ屋根がある状態です。なので、上の棟板金が飛散しても雨漏りする可能性は低いと言えます。
熊取町の軒樋が下にお辞儀しています
屋根のほかに、雨樋も被害を受けていました。
軒樋(軒先の横方向の雨樋)が強風に押されて下向きにお辞儀していました。
これでは屋根から流れ落ちてきた雨水を受けることができず、直接地面にたたきつけられます。
熊取町の水切りを元に戻します
めくれ上がった水切り板金がバタつかないように、形を整えて釘留めしておきました。
これで、落下する心配もありません。
雨樋を適切な勾配に調整する際に、作業用の足場が必要なのでご提案の中に組み込ませていただきました。
めくれ上がった水切りは途中でカットして新しい水切りを取付けます。棟の板金もご用意して復旧することになりました。


街の屋根やさん岸和田店は、板金のみの工事や雨樋工事も承っておりますので、心配なことがございましたらお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。

泉佐野市の下屋はひどい状態です

泉佐野市の下屋の修理工事のご紹介です。T様邸は台風21号で、お隣の家の瓦が飛んできて被害に遭いました。大屋根(一番高い屋根)にも被害はありましたが、高さが低い下屋(1階の屋根)は飛んできた瓦がぶつかってたくさん割れている状態でした。

泉佐野市の屋根にお隣さんの瓦が飛散しています

泉佐野市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。T様邸の屋根はシルバーの釉薬瓦です。台風21号でお隣さんの家の屋根瓦が飛んできて、ご自宅の瓦が割れる被害に遭いました。