忠岡町の雨漏り修理でベランダをウレタン防水!水切りも取付取ました


忠岡町のベランダを清掃します
泉北郡忠岡町の雨漏り修理のご紹介です。
M様邸はベランダの下にある1階のお部屋と玄関の天井に雨漏りが発生し、一度修理をされたそうですが「また同じところから雨漏りしてるので今度はきちんと止めたいんです」とのご相談でした。

前回、ベランダに面した外壁のクラック(ひび割れ)補修と撥水塗料を使用した塗装をご紹介したので、今回はベランダ防水などの様子をお伝えします。

ウレタン樹脂という液体状の防水材をベランダに塗布して継ぎ目のない防水層を形成し、雨水の浸入を防止する防水方法です。
既存のベランダには汚れなどが溜まっているので、まずはきれいに清掃します。(汚れたまま防水を施すと防水機能が発揮できません)
忠岡町のドレンの中も清掃しました
ドレン(排水口)の奥に溜まった汚れも掻き出して清掃しました。
ドレンに汚れが溜まって雨水がせき止められると、ドレン周りの劣化を早めてしまいますので、先にきちんと清掃することが大切です。
忠岡町の手すりの支柱の既存のシーリングは撤去します
ベランダの手すりの支柱根元に施している既存のシーリングは撤去して打ち替えます。
以前雨漏りした時に、ベランダの立ち上がり部分に笠木を取付けて手すりの支柱の根元をシーリングで防水されていましたが、この部分は雨漏りの原因になることが多いので新しいシーリングを充填してしっかりと防水します。
忠岡町のベランダにカチオンクリートをしごき塗りします

ベランダをきれいに清掃してから防水工事に入ります。

防水面は清掃しましたが、傷んでいる部分が修復されるわけではありません。ですので、新たに下地をつくる作業を行います。

カチオンクリートという下地調整材を防水面にしごき塗りして下地を形成します。
立ち上がり部分も含めて防水するので、下地調整を行います。
忠岡町ベランダの床面にも健全な下地を形成します

続いて床面にもしごき塗りして健全な下地を形成します。

カチオンクリートは下地にしっかりと接着し、1㎜の薄さで下地処理を行うことができるので、建物に負担をかけることがありません。
いくらいい防水材を使用しても、下地の状態が悪いと長くはもたないので、下地調整は重要な工程です。
忠岡町のベランダにプライマーを塗布します
カチオンクリートを塗ったあと乾燥させてからプライマーを塗布します。
プライマーは、分かりやすく言うと「接着剤」の役割がある塗料です。この上に施工する防水層をしっかりと密着させるための工程ですので、塗りムラなく丁寧に塗布します。
忠岡町のベランダにプライマーをムラなく丁寧に塗布します
プライマーが薄塗りだったり塗り残しがあると、防水層の浮きや剥がれの原因になることがあります。ですので、先ほどお伝えしたように丁寧に作業することがいい仕上がりに結びつきます。
忠岡町のベランダにウレタン樹脂を塗布します

プライマー塗布後、ウレタン樹脂を塗布します。
ウレタン樹脂は液体状の防水材ですので、複雑な形状に施工することも可能で、立ち上がりの壁から床面にかけて継ぎ目のない一体性のある防水層をつくることができます。

継ぎ目がないということは、雨水が浸入しにくいということです。(プールの底のイメージです)
忠岡町のベランダに乾いてから2回目を塗布

ウレタン樹脂は乾くと弾力のある防水層になります。
1回塗っただけではどうしても厚みが保てないので、1回目塗布後、乾燥させてから2回目を塗布して防水の膜を厚膜に形成します。
薄い風船よりも厚い風船の方が破れにくいのと同じで、防水層も厚膜の方が長持ちします。(防水材の既定の厚みが決まっています)

忠岡町のベランダに防水層形成完了
ウレタン樹脂2回目を塗布して防水層の形成が完了!立ち上がりの壁から床面にかけてしっかりと防水しました。

ウレタン樹脂は紫外線に弱いので、紫外線が直接あたらないようにトップコート(一番上に塗る塗料)を塗って仕上げます。
忠岡町のベランダにトップコートで仕上げます
トップコート塗布状況です。
トップコートを塗ると、下にある防水層が紫外線や雨風に晒されることがないので長持ちします。
逆に、トップコートが傷んで剥がれてくると防水層が紫外線にあたって劣化が進み雨漏りの原因になってしまいます。
忠岡町のベランダ防水完了
トップコートを塗布してベランダ防水完了です。

今後は、トップコートが傷む前にトップコートを塗り替えてあげると防水層が長持ちします。
忠岡町の取り合いに板金で水切りを取付けます
ベランダ防水後、下屋とベランダとの取り合いに板金で水切りを取付けました。
水切りとは、雨水が内部に浸入しないようにするための部材です。以前雨漏りした時に、この部分に水切りを取付けられていましたが、また雨漏りしたので、今度は立ち上がりの壁の上まで覆う大きな板金を被せました。
忠岡町の玄関側の屋根も大きな水切りで覆いました
雨漏りしていた玄関側の取り合いにも板金を加工して被せました。
これで取り合い部分から雨水が浸入する心配はありません。

雨漏り修理は原因を突き止めるのが困難な場合、怪しい箇所を修理してからまた同じところから雨漏りするというケースはあります。そうなるとひとつひとつ修理していく方法をとりますが「今度はきちんと止めたい」とのご希望でしたので、原因の可能性がある箇所をすべて修理しました。

修理後、何度か雨が降りましたが、雨漏りしてないとのことで本当に良かったです。

街の屋根やさん岸和田店は、雨漏りのご相談も承っておりますので、お困りの方はお気軽にご相談くださいね。




同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。

泉大津市の台風被害の現地調査

泉佐野市の台風被害に遭った住宅の現地調査の様子をご紹介します。I様邸はスレート(平型の薄い屋根材)の屋根で棟の板金とその下地の貫板が飛散し、棟の下のスレートも数枚飛んでいる状態でした。

和泉市の壁際水切りを取付け

和泉市の雨漏り修理及び台風被害箇所の修復工事のご紹介です。U様邸は鉄骨造で屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。お隣さんと外壁がつながっている形状で、お隣さんの方が建物が高いため、U様邸の屋根が外壁の取り合いになっています。U様邸は台...........