熊取町のベランダにウレタン樹脂を塗布して厚膜な防水膜を形成!


熊取町のベランダ防水工事で、防水層の形成をご紹介します。
N様邸のベランダは、防水層の上に保護モルタルを敷いている形状で、保護モルタルが経年劣化でひび割れてきていました。ベランダは外部に面していますので、外気の影響を受けやすいため防水が傷むと雨漏りの原因になります。現状は雨漏りしていませんが、今後のことを踏まえてこの機会に防水を施すことになりました。
熊取町のベランダのひび割れや目地にも充填します
前回の記事で、ベランダに発生したひび割れの補修の様子をご紹介しました。
このようなひび割れを補修せずに防水を施しても、下の層が劣化しているので元も子もありません。
熊取町のベランダ防水の下地を乾燥させます
ひび割れを補修してからカチオンクリートという下地調整材を塗布して新しい下地を形成しました。
古い下地に施工するよりも新しい下地に施工する方が長持ちするため、下地をリセットしました。

熊取町のベランダの下地をスクレイパーで表面を平滑に
下地調整で施工したカチオンクリートを乾燥させてからウレタン樹脂を用いて防水層を形成します。

スクレイパーという工具を使用し、カチオンクリートを塗布した時にできた細かい凹凸を削り落として表面を平滑に整えます。
熊取町のベランダの表面も整えます
床面も同じようにスクレイパーで表面をこすって平滑に整えます。
この後に施工するウレタン樹脂を健全に保つため、表面を平滑にすることが大切です。
熊取町のベランダにプライマーを塗布します
続いてプライマーを塗布します。
プライマーは防水面と防水層をしっかりと密着させるための接着剤のようなもので、粘着力があります。
立ち上がりの壁や上部の笠木にも防水を施しますので、プライマーを塗布していきます。
熊取町のベランダの床面にもムラなく塗布
床面全体にもプライマーを塗布します。
先ほどもお伝えしましたが、プライマーは接着剤の役割があるため、塗りムラなく塗布しないといけません。プライマーが薄塗だったり、濡れていない箇所があると、後の防水層の剥がれの原因になってしまいます。
熊取町のベランダのウレタン樹脂を塗布します
プライマー塗布後、ウレタン樹脂を塗布します。
ウレタン樹脂は液体状の防水材ですので、写真のように立ち上がりの壁や複雑な形状にも施工可能です。施工がしやすいため、屋上やベランダの防水などで多く使用されています。
熊取町のベランダの床面にも均等に塗布します
床面にもウレタン樹脂ができるだけ均等になるように塗布します。
ウレタン樹脂は乾くと弾力のあるゴム状になり、雨水をシャットアウトしてくれます。


熊取町のベランダに2回塗り重ねて厚膜に仕上げました
ウレタン樹脂を1回塗布し、乾燥させてから2回目を塗り重ねて防水層を厚膜に仕上げました。
ウレタン樹脂は乾くとゴム状になる優秀な防水材ですが、薄塗りすぎると耐久性が低下してしまいます。既定の厚みを持たせないといけないため、2回に塗り分けて施工しました。
熊取町のベランダの笠木も防水しました
立ち上がり壁やその上部の笠木にもウレタン樹脂を塗布して防水の膜を形成しました。
ウレタン樹脂は液体状のため、立ち上がりの壁から床にかけて継ぎ目のない一体性のある防水層を形成することができます。建物において継ぎ目部分は防水の面で弱点になりやすいので、このように継ぎ目なく施工できるということは最大の利点です。
熊取町のベランダにトップコートを塗布します
ウレタン樹脂を2回塗布し、乾燥させてからトップコートを塗布します。
ウレタン樹脂はネバネバしていて上を歩くことができませんが、トップコートを塗ると歩行可能になります。
熊取町のベランダの床面にも塗布します
床面にもトップコートを塗布します。
ウレタン樹脂は紫外線に弱いという弱点があり、紫外線に直接あたると急速に劣化が進んでしまいます。それらの劣化から守るためにも必ずトップコートを塗布しないといけません。
熊取町のベランダ防水完了
トップコートを乾燥させてベランダのウレタン防水完了です。

トップコートが傷んで割れたり剥がれてくると、下にあるウレタン樹脂の防水層が紫外線に晒されて劣化して雨漏りする危険性があります。今後は、防水層を長持ちさせるために定期的にトップコートの塗り替えを行うといいでしょう。


この工事の現場ブログ

熊取町の屋根の一部が野地板ごと飛散しました

2019/11/19/ 熊取町の化粧スレート屋根の一部が野地板ごと飛散し調査に伺いました

2018年9月に発生した台風21号の被害で熊取町のI様よりご相談がありました。「台風の強風で屋根が一部飛ばされて穴が開いて雨漏りしたんです。応急処置はできているので急いでいないんですが相談にのってもらえますか?」とのことで現地調査にお伺いし...........

熊取町の取り合いのスレートはコーキングで固定

2019/11/22/ 熊取町の屋根塗装で高圧洗浄で塗膜がほとんど剥がれた屋根がきれいに!

熊取町の屋根塗装の様子をご紹介します。I様邸は台風で屋根のスレート(平型の四角い屋根材)と下地の野地板が剥がれて屋根に穴が開き雨漏りしてしまいました。台風の被害箇所を修復し、ちょうど塗装時期に来ていた屋根と外壁を塗装します。台風で屋根に被害...........

熊取町の外壁がチョーキングをおこしています

2019/11/25/ 熊取町の凹凸のあるデザインのモルタル外壁の塗装で雨だれもきれいに

熊取町の外壁塗装の様子をご紹介します。I様の初めのご相談は、台風の風雨被害のことでした。カラーベストの屋根の一部が飛散し、下地の野地板もめくれてしまい、その修復のご依頼でした。その工事に伴い、足場を建てるので、この機会に屋根と外壁の塗装も行...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町のベランダのひび割れにもコーキングを充填

熊取町のベランダ防水で防水層の形成の様子をご紹介します。S様邸は去年の台風で1階のお部屋で雨漏りが発生し、その時のご相談で雨漏りの原因の可能性がある外壁のひび割れ補修などを行いました。約半年の間、強風を伴う雨に何度も見舞われることがありまし...........

熊取町のベランダを防水します

熊取町のベランダ防水のご紹介です。S様邸は2018年9月に発生した台風21号で1階のお部屋の窓の上から雨漏りが発生しました。その時に初めてご相談をいただき、雨漏りの原因の可能性がある窓の上の外壁や庇の取り合いなどに発生したクラック(ひび割れ...........

熊取町のベランダを防水します

熊取町のベランダ防水の下地調整の様子をご紹介します。I様よりご相談・お問い合わせをいただいたきっかけは2018年9月に発生した台風21号による風雨被害のことでした。カラーベストの屋根が野地板と一緒に一部風で飛ばされて雨漏りが発生し大変お困り...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747