オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

和泉市の塗装リフォームと破風板・鼻隠しのメンテナンスのご相談です



和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、
屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」

とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談
●●●● F様邸の基本情報 ●●●●

■ 築年数・・・約38年

■ 木造・2階建て

■ 屋根・・・スレート葺き

■ 外壁・・・モルタル塗装仕上げ

■ 雨漏り無し

■ F様のお悩み事・・・「屋根の老朽化」「メンテナンスの方法」「外壁塗装」「木部の劣化」



「屋根の老朽化が気になっているので、葺き替えないといけないのか、塗装でも大丈夫なのか知りたいんです」

とのお話で、まずは屋根に上がって調査をさせていただきました。



・・・屋根調査の様子・・・

和泉市の屋根の塗膜が色褪せています
◇◆F様邸の屋根はスレート葺きです◆◇

スレートとは・・厚みが5mmほどの軽量で平らな屋根材

スレートはセメントと繊維質を主にできている為、吸水性があります。そのため、表面に塗装をかけて保護しています。

塗膜は外気の影響で日々劣化が進み、どんどん色褪せてきます。

F様邸のスレートも色褪せていて塗膜が劣化している状態でした。

和泉市のスレートがひび割れています
スレートの表面の塗膜が劣化すると、雨水を吸い込むようになり、乾燥や含水を繰り返すことでスレートに反りが生じて割れてくることがあります。また、スレート自体の劣化が進むと、脆くなり塗装する際に割れてしまうため、塗装でのメンテナンスができなくなってしまいます。

スレートの劣化が進む前に塗装すると、塗膜で保護されるので雨水を弾くようになり、スレートの劣化を遅らせることができます。

和泉市の屋根の現調

F様邸のスレートは塗膜が劣化して数カ所でひび割れが生じていましたが、そのほとんどが完全に割れておらず表面だけでしたので、塗装でのメンテナンスができると判断し、塗り替えでのご提案をさせていただきました。

塗装すると表面が塗膜で覆われるので雨水を弾くようになり、防水性が向上します。そしてスレートの劣化を遅らせることができます。

・・・続いて外壁を調査しました・・・

和泉市の外壁がチョーキングを起こしています

◇◆ F様邸の外壁はモルタルの塗り壁です ◆◇

モルタルも、もともと吸水性がありますので表面を塗装して防水性を持たせています。

スレートと同様に塗膜が傷んでくると雨水を吸い込むようになることから、雨だれや汚れが付きやすくなってしまいます。

F様邸の外壁は塗膜の劣化のサインである「チョーキング」を起こしていました。


●●●● チョーキングとは ●●●●

チョーキングとは「白亜化現象」とも呼ばれていて、
外壁を手で触ると白い粉状のものが付く現象のことです。

「白い粉状のもの」の正体は、塗膜です。すなわち、劣化した塗膜が粉状になって
剥がれてきている状態を表しています。

チョーキングを起こした外壁は、防水性や耐久性などの塗料の性能が低下している状態ですので、
外壁が雨水を吸い込んで苔やカビが発生したり、汚れが付着しやすくなったり、
ひび割れが発生する可能性が出てきてしまいます。

1度チョーキング現象が起こると、どんどん進んでしまうため、
それに比例して防水性も低下していきます。チョーキングが起こったら、
早急に対処しなくてもいいですが塗り替えを視野に入れましょう。


和泉市の外壁にひび割れが発生

外壁の調査を進めると、ひび割れが発生している箇所もありました。

モルタルはセメント・水・砂を混ぜてつくられているので、モルタル自体が乾燥することでひび割れが生じることがります。また、表面の塗膜が劣化して雨水を吸い込むようになると、その時の吸水・乾燥の動きで割れることもあります。他にも地震などの揺れの影響や建物の構造部に問題が生じた時にもひび割れが発生します。

ひび割れは雨漏りの原因になることがあるため、必要であれば処置しないといけません。


☆ ひび割れの程度によっては適切な処置が必要ですが、
F様邸の外壁に発生したひび割れはどれも緊急性がなく、弾性の塗料を刷り込むことで対応できます ☆


和泉市の雨樋も塗装します
「雨樋や雨戸はどうなんですか?塗装してもらえるんですか?」とのお話がありました。

塩ビ製の雨樋は紫外線の影響で劣化して、硬くなって割れやすくなりますので、塗膜で覆ってあげると保護されて劣化を遅らせることができます。

また、屋根や外壁がきれいになった時に雨樋が古いままだと、とても目立ってしまいますので、美観性を向上させるためにも塗装をお勧めしています。

和泉市の雨戸もきれいになります
雨戸も塗装させていただきます。

雨戸やシャッターで、アルミ製のものは塗装をお勧めしていませんが、鉄製の場合は耐久性を確保するためにも塗装しないといけません。

アルミ製品は特殊な工法で塗装されており、上に塗装しても剥がれやすいので通常は塗装しません。
対して鉄製のものは、塗膜が傷むと錆が発生するため、定期的な塗り替えが必要です。

和泉市の庇が錆びついてきています
F様邸の庇の天板は鉄製で、少し錆びついてきていました。

鉄部が直接空気と水に触れると酸化が始まり錆が発生しますので、塗膜で保護して錆を抑える必要があります。
和泉市の面格子も塗装します
小屋裏換気口の前に取り付けられている面格子も鉄製でしたので、塗装でメンテナンスします。

鉄部の錆が進行すると穴があいて耐久性が低下しますので、できれば錆が発生する前に塗装することをお勧めします。
和泉市の木部が傷んでいるのが気になるとのご相談
「屋根の下の木の部分がどんどん傷んでくるので、崩れないか心配なんです。見た目も悪いのでどうにかなりませんか?」
とのご相談もありました。

F様が心配されていたのは、屋根の「破風板」「鼻隠し」です。

和泉市の破風板と鼻隠しを板金で包みます
破風とは、屋根の妻側の部位のことで、そこに取り付ける板のことを破風板と言います。(写真右・黄色い矢印部分)

鼻隠しとは、屋根の雨樋を取付ける部分のことで、屋根の下地の鼻先(先端)を隠したり、雨樋を固定する下地になっています。(写真右・白い矢印部分)


F様邸は破風板と鼻隠しが木製で、表面を塗装して保護されていましたが、雨水や外気の影響で劣化してきていました。

塗装してあげるときれいになりますが、また同じように傷んできますので、錆に強いガルバリウム鋼板を巻いて保護するご提案をさせていただきました。

和泉市の玄関ドアを入れ替えます

「玄関ドアが古くなっているので、この機会に入替えたいな~と思ってるんです」
とのお話もありました。

既存の玄関ドアは木製で、月日とともに趣が出ていましたが、雨水にあたる下の部分の劣化が気になるということで丈夫なアルミ製のドアに交換することになりました。

「外壁がきれいになった時にドアの劣化が目立つんじゃないかと思って・・・」と、全体的な美観性を考慮してのご相談です。

F様邸の外装リフォームの内容

■ 足場の設置

■ 屋根は日本ペイントの遮熱塗料で塗装します

■ 外壁はダイフレックスの多彩模様塗料で塗装します

■ 雨樋や雨戸などの付帯部もすべて塗装します

■ 破風板・鼻隠しはガルバリウム鋼板で包みます

■ 木製の玄関ドアをアルミ製のドアに入替ます

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のスレート屋根を日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiで塗装

和泉市の塗装前の屋根
和泉市の塗装後の屋根
工事内容
破風板板金巻き工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント・サーモアイSi(下塗り材・サーモアイシーラー)外壁・・ダイフレックス・アーバントーン ガルバリウム鋼板 
築年数
約38年
建坪
約45坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場・約35万円 屋根・約57万円 外壁(付帯部含む)・約177万円 板金工事・約32万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

泉南市でベランダの立ち上がりを含めてウレタン防水を施工!

泉南市のベランダを防水します
泉南市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・下地調整材(カチオンクリート)・トップコート
築年数
約25年
建坪
約9坪
保証
2年
工事費用
約19.8万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の破風板と鼻隠しを板金で包みます

和泉市F様邸の破風板(はふいた)・鼻隠し(はなかくし)の板金包み工事です。F様邸はこの工事で屋根と外壁の工事をすることになり、塗装する前に破風板と鼻隠しのメンテナンスを行います。「破風板」「鼻隠し」と言っても何のことだか分からない方が多いか...........

岸和田市の降り棟の瓦が飛散

岸和田市にお住いのN様より「台風で屋根の瓦が大量に落ちてしまったんです。修理もお願いしたいんですが、とりあえず応急処置だけでもしてもらえませんか?」とのご相談があり、現地調査後、シートで養生(応急処置)させていただきました。

岸和田市土生町の破風板にガルバリウム鋼板を巻きます!

岸和田市土生町で前日、屋根抜き替えに伴う和風の外観を洋風にするため軒天や庇を囲み、和風の雰囲気を変えました。本日は、ガルバリウム鋼板で破風板と鼻隠しを巻きます。写真は、破風板に板金を巻いている様子です。I様邸の鼻隠しは木製で、表面の塗料が劣...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747