岸和田市の屋上に上がる鉄製の外階段を塗装!錆を落として錆止めを塗布しました


岸和田市の鉄骨階段が腐食して穴が開いています!
岸和田市の鉄筋コンクリート造のモルタル外壁の塗装工事で、陸屋根に上がる鉄製の外階段も塗装することになり、前回より工事の様子を詳しくお伝えしています。
Y様邸の外階段は鉄製で、経年劣化により鉄部を保護している塗膜が剥がれて錆が広がっていました。
錆が進んでいる箇所は腐食し、穴が開いてしまうなど、階段自体の強度にも不安があったので、塗装前にしっかりと補強しました。(前の記事で詳しくお伝えしています)
岸和田市の鉄骨階段に補強の鉄骨溶接中
補強方法を簡単にご説明すると、傷んだ鉄骨を撤去して、新しい鉄骨を溶接しました。
傷みがひどい鉄骨をそのままにして補強しても、錆びた部分などからまた劣化が進んでしまうので、先に劣化した鉄骨を撤去してから補強し、残った既存の鉄骨の錆をきれいに落としてから塗装で仕上げます。

前回鉄階段の補強までご紹介したので今回は鉄階段の塗装の様子をお伝えします。
岸和田市の階段の手すりの錆落とし
鉄階段の手すりの腐食が進んだ部分を撤去した時に、新しい補強の鉄骨を溶接する前に手すり部分の錆をグラインダーという電動工具できれいに落としました。錆が残った状態で新しい鉄骨を溶接すると接続部分が錆びついているため、そこからまた錆が広がってしまうからです。
グラインダーは円形の砥石(といし)を先端に取付けて、その砥石を回して使う研磨盤、または研削盤の事です。
岸和田市の外階段の錆を落として塗装します!
階段の手すり部分の錆落としは平面なのでグラインダーを使用できましたが、踊り場や踏み板部分の鉄部は滑り止め加工で表面が凸凹になっている為、グラインダーを使って作業できません。ですので、これからの作業はすべて手作業となり、大変時間がかかります。
岸和田市の鉄階段の踊り場の錆をヘラで削り取ります
鉄部の錆を落とす場合、様々な道具を駆使して根気よく作業していきます。
写真はヘラを使って塗膜や錆びを削り落としている様子です。
錆が出てしまっているところに錆止めを塗っても、錆が水分を吸って中で酸化し、また錆が発生してしまいます。ですので、錆止めを塗る前にできるだけきれいに錆を落とすことが重要です。
岸和田市の鉄階段の錆を落とします!
階段の踏み板部分も錆がひどい状態です。
こちらはナイロンタワシで作業している様子です。
ナイロンタワシは研磨力があり、曲面にも良く馴染みます。
岸和田市の鉄階段の錆を金やすりで落とします
踏み板と側板との取り合いなどは金やすり(金属やすり)で削って丁寧に錆や塗膜を落としていきます。
錆には色んな種類がありますが、今回の錆は赤錆と呼ばれるものです。
赤錆びは水分と空気中の酸素によって発生する一般的によく見る錆です。鉄に雨や湿気が付着し、空気に触れると錆が発生してしまうので、鉄の表面を保護する必要があります。ですが塗料も空気を通しますので、先に錆止め塗料を塗り、その上に錆止め塗料と相性のいい塗料を塗り重ねて厚膜に仕上げます。
岸和田市の鉄階段の手すり・踏み板に錆止め塗布
劣化した塗膜や錆を落としてから錆止めを塗布していきます。
錆止めは錆を除去する塗料ではなく、あくまでも錆を防止する塗料ですので、先に錆を落とさないといけません。
岸和田市の鉄階段の裏側に錆止めを塗布
階段の裏側にも錆止めを塗布します。
基本的に錆止め塗料は紫外線に弱いので、上に耐久性のある塗料を塗って保護してあげる必要があります。
最近では錆止め配合塗料などもございますが、今回は腐食が進んでいたので、錆止めの上に上塗りして鉄部をしっかりと保護する方法を選びました。
岸和田市の鉄階段塗装完了
岸和田市の鉄階段塗装完了
錆止めを塗ってから上塗りして仕上げました。
塗膜が浮いてボロボロになり錆が広がっていた階段が見事にきれいになりました。
腐食が進んで強度的にも不安な階段でしたがしっかりと補強したので安心して上り下りできますね。
鉄部が劣化して腐食が進むと必ず強度が弱くなってしまいます。
「この部分は雨が降ると水溜りができる」「手すりに負荷がかかることが多い」など、普段生活されてる中で、お気づきのことがございましたら、お伝えいただけると不安を解消することにも繋がります。

街の屋根やさん岸和田店は、お客様のお話をしっかりとお聞きし、分からないことなどがありましたらその都度ご説明させていただいています。
女性スタッフもおりますので、「男の人には言いづらいな・・・」という方もお気軽にお声掛け下さいね。
街の屋根やさん岸和田店 0120-169-747





同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の雨戸を紙やすりで目粗しします

泉大津市の屋根・外壁塗装工事の中の付帯部分の塗装をご紹介します。外壁の付帯部とは、主に屋根や外壁以外で建物に付帯している部分のことです。雨戸やその戸袋、破風板や鼻隠し、水切りなどの板金、雨樋などがあげられます。

和泉市の塀の周囲を養生します

和泉市の外構の塀の防水及び塗装改修工事で前回、塀に発生したクラック(ひび割れ)補修の様子をご紹介しました。今回は、塀の塗装と笠木取付をお伝えします。M様邸の塀の笠木(塀の上部の仕上げ)は左官で作った笠木で、雨水が染み込んでしまう状態でした。...........

岸和田市の雨漏りの現地調査

忠岡町のM様より「2階建てで、1階の部屋の天井に雨漏りしてるので見に来てもらえますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。お話をお聞きすると、ベランダの下にあるお部屋と玄関の天井に雨漏りが発生しているとのことでした。(黄色い矢印の下の...........