オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市のベランダの鉄製の手すりの塗装/床はトップコートで仕上げました


岸和田市のベランダの手すりと床も塗装
岸和田市の塗装工事で前回、陸屋根に上がる外部の鉄階段の補強と塗装までをご紹介しました。
今回はベランダの鉄製の手すりの塗装と床のトップコート仕上げ、二階の窓の手すり塗装をご紹介します。

Y様邸のベランダは手すりが鉄製で、劣化により塗膜がボロボロに剥がれてきて錆びついている部分もありました。
手すりは錆を落としてから錆止めを塗って塗装で仕上て、床にはトップコートを塗ってメンテナンスします。
岸和田市のベランダも洗浄します
塗装工事では必ず塗装前に洗浄します。
外壁の洗浄の時にベランダの床に溜まった汚れや苔もきれいに洗い落としました。
手すりの劣化して浮いてきていた塗膜も高圧洗浄である程度まで落としておきます。
岸和田市のベランダの手すりの塗膜や錆落とし
手すりの剥がれてきている塗膜や錆びなどをナイロンタワシ(研磨性があり曲面にも良く馴染むタワシ)でこすって落としていきます。
鉄部の塗装は、必ず劣化して弱くなっている塗膜や錆びをきれいに落としてから塗装します。
剥がれかかっている塗膜の上から塗装しても下の塗膜と一緒に剥がれてしまいますし、錆の上から塗装すると、塗膜の下の錆が酸化してまた錆びてきてしまうからです。
岸和田市のベランダの手すりに錆止めを塗布
剥がれてきている塗膜や錆びを落としてから錆止めを塗布します。
錆止めは、錆を除去する効果はなく、あくまでも錆を抑えるための塗料です。また、錆止めを塗ったからと言って錆が発生しないわけではありません。鉄部が錆びつく前に塗り替えることが鉄部を長持ちさせることに繋がります。
錆止めを塗ってから上塗りして仕上げます。
岸和田市のベランダの床をコーキングで防水
ベランダの床は経年劣化でひび割れが発生していましたが、こちらの住宅には現在お住いされていないということもあり、今回はトップコートの改修のみの工事となりました。
(劣化の状態により、防水層を形成する方法もあります)
先にひび割れ部分にコーキングを充填してしっかりと防水してからトップコートを塗布します。
トップコートを塗るだけでは、トップコートが劣化して割れたりした場合、下のひび割れから雨水が浸入してしまうので、補修しておく必要があります。

岸和田市のベランダを下塗りします!
ひび割れ箇所をコーキングで防水してから、プライマーという下塗り材を塗布します。
プライマーはこの上に塗るトップコートをしっかりと密着させるための工程で、防水工事では欠かせません。
塗りムラなどがあると、その部分だけ弱くなってしまうので、丁寧に塗布します。
岸和田市のベランダをトップコートで仕上げます
プライマーを塗布した後、トップコートを塗り重ねて仕上げます。
トップコートは下にある防水層が紫外線や雨風に直接あたるのを防ぎ、防水層を劣化から守る役割があります。
岸和田市のベランダ塗装完了
錆ついてボロボロになっていた手すりを塗装し、床もきれいになりました。
見た目はもちろん、防水性能も以前より高くなったので安心です。
手すりは鉄製なので、今後錆つく前に塗り替えるとメンテナンスの費用が抑えられます。(錆の除去作業は時間がかかるため、その分費用もかさんでしまいます)
岸和田市の窓の手すりの錆も落とします!
続いて、二階の窓の手すりの塗装をご紹介します。
こちらの手すりも鉄製で、経年劣化で塗膜が剥離し、錆びついていました。
これ以上劣化が進まないように塗装でメンテナンスします。
ベランダの手すりと同様に、先に旧塗膜や汚れ、錆などをきれいに落としていきます。
岸和田市の窓の手すりに錆止めを塗布してから塗装
錆を落とし、錆止めを塗布してから上塗りして仕上げます。
鉄部は水に濡れて空気に触れると錆つきます。ですので、塗膜で保護して、直接水にあたらないように保護する必要があるのです。
塗料も湿気を通しますので、完全に錆を発生させないことはできませんが、錆止めを塗布してから上塗りすることで二重の層になり、結果錆の発生を抑えることになります。
岸和田市の窓の手すり塗装完了
岸和田市の窓の手すり塗装完了
窓の手すりの塗装が終わりました。
鉄部の錆を放置し続けると、腐食が進んであちこちに穴が開き、耐久性に影響が出てきてしまいます。
そうなると、強度が落ちて脆くなり、階段や手すりなどが腐食すると危険にさらされることになります。

もしあなたも鉄部の腐食などで不安を感じられていればお気軽にご相談くださいね。
街の屋根やさん岸和田店 フリーダイヤル:0120-169-747




同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊取町の屋根と外壁塗装のビフォーアフターを施工事例でご紹介!

熊取町の化粧スレートの屋根
熊取町の屋根の板金もきれいになりました
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・ニッペ(日本ペイント)サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス、アーバントーン
築年数
築18年
建坪
約19坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場費用・約20万円 屋根塗装・約39万円 外壁塗装・108万円 シーリング打ち替え・25万円(税込)
施工事例

岸和田市の強風でめくれた笠木を固定し錆止め塗料で塗装しました

岸和田市の笠木の修理前
岸和田市の笠木のメンテナンス完了
工事内容
屋根補修工事
その他塗装
台風
使用素材
笠木補強用ビス・シーリング・錆止め・防錆性塗料
築年数
約40年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
約20万円(税込み・鉄骨階段含まず)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のベランダ防水でウレタン防水を施工し雨漏りが止まりました

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材・カチオンフィラー・プライマー・シリング・トップコート
築年数
約42年
建坪
約17坪
保証
2年
工事費用
約14.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市で勝手口に木製の庇を設置!屋根は波板で仕上げました!

岸和田市の勝手口
岸和田市の勝手口の前に庇を取付け
工事内容
その他の工事
使用素材
下地材木・ポリカ波板・木下地用波板ビス・キシラデコール・塩ビ雨樋
築年数
約60年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約9.3万円(税込)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

付帯部について

熊取町の皆さまこんにちは!皆さまはお家の屋根や外壁の塗装をされたことがありますか?外壁塗装のお見積書を見ると並んで記載されいるのが「付帯部・ふたいぶ」の塗装です。「付帯部ってなに・・・?」付帯部という言葉は聞きなれない方が多いと思いますが、...........

貝塚市の雨戸がピカピカになりました

貝塚市の付帯部の塗装の様子をご紹介します。貝塚市T様邸はプレキャストコンクリート造の2階建ての住宅で、築29年が経過していました。「そろそろ塗り替えの時期かな」とご相談をいただき、屋根と外壁の塗装を行いました。前回の現場ブログで屋根と外壁の...........

岸和田市の笠木は目立ちませんが重要な役割があります

皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。今から17年前の今日、2月4日は「Facebook」が開設された日なんだそうです。時代とともに暮らしがどんどん便利になっていきますね!・・・・・・・・・・・・・・・・・・さて、前回のブログ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747