オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

貝塚市の台風被害の現地調査で瓦が飛散して漆喰の劣化が進んでいました


以前街の屋根やさん岸和田店でテラスの波板張替えなどの工事をしていただいた貝塚市にお住いのY様より「台風で屋根の瓦が落ちて雨樋も割れてるんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。
Y様邸は木造の2階建てで屋根は土葺きの瓦屋根です。状況を確認すると、下屋の袖瓦が1枚落下し、巴瓦も少しズレていました。また、壁際に施工されているのし瓦も数枚抜け落ちている状態でした。大屋根(一番高い屋根)に上って確認すると、複数の棟が合流するかき合い部分の小さな瓦が1枚飛散し、鬼瓦の取り合い、谷樋添いの漆喰が劣化してポロポロと剥がれていました。修理工事では飛散した瓦を復旧し、鬼瓦の取り合いの漆喰を詰め直して割れた雨樋を交換させていただくことになりました。
貝塚市の台風被害のご相談
現地調査にお伺いした時の様子です。

Y様邸は家の前面に下屋があり、周りのスペースも狭いことから大屋根まではしごを立てる箇所がありませんでした。
そのため、長い二連梯子を下屋の軒先に立てて上り、下屋の上から短いはしごを立てて大屋根まで上りました。

実際に現地調査にお伺いし、建物の状況を確認するとはしごが立てられなかったり、屋根が急こう配で上がれないことがあります。その場合は、軒先まではしごを立てて調査をするなど方法を検討してできる範囲で確認させていただきます。
貝塚市のいぶし瓦の屋根です
Y様邸は土葺きの瓦屋根で、いぶし瓦を葺いていました。

台風の影響で瓦が大量にめくれたり飛散している住宅をたくさん見ているので、Y様邸の屋根はそれらの被害がなく安心しました。
貝塚市の屋根のかき合いの瓦が飛散
屋根を全体的に確認すると、棟のかき合い部分に葺いている小さな瓦が1枚飛散していることが分かりました。

棟のかき合いとは複数の棟が合流する部分のことです。形状が複雑なので、瓦をカットして合わせて施工しています。また、鬼瓦の取り合いの漆喰も剥がれていました。
貝塚市の漆喰の劣化が進んでいます
Y様邸は鬼瓦の取り合いの漆喰すべてが傷んでポロポロと剥がれてきていました。

漆喰は瓦の隙間を埋めて防水し、瓦同士を繋げて固定する役割があります。漆喰は永久的に使えるわけではなく劣化して剥がれてきますので、雨漏りを防止するためにも定期的なメンテナンスが必要です。
貝塚市の谷樋の漆喰が剥がれています
谷樋の際の漆喰も部分的に剥がれていました。

谷樋とは屋根の谷になった部分に取り付ける雨樋のことです。屋根面に流れてきた雨水が集中しますので、雨漏りの原因になりやすい箇所でもあります。
谷樋の際には地瓦(屋根面の瓦)の葺き土がありますので、雨水で流されないように漆喰を詰めて雨仕舞しています。
貝塚市の下屋の瓦が飛散
下屋の瓦の飛散状況です。

ケラバ(屋根の流れの一番端)の瓦が1枚落下し、頂部に施工している巴瓦もズレています。

この部分は下から見上げると確認できますので、異変に気付かれたY様よりご相談をいただきました。
貝塚市の下屋の葺き土が流れています
被害箇所を上から見た様子です。

ケラバの瓦が飛散し、葺き土が流れています。また、ケラバの頂部に施工している巴瓦も少しズレて動いている状態でした。

貝塚市ののし瓦が抜け落ちています
下屋の被害は他にもありました。

壁際に施工しているのし瓦が2枚抜け落ちています。
のし瓦は四角くて平らな瓦のことで、壁際に施工しているのし瓦は、壁際を伝ってきた雨水が下屋に流れるように勾配が付けられています。
抜け落ちた壁際ののし瓦は、シーリングを充填して瓦を密着・固定して復旧させていただきます。
貝塚市の軒樋が割れています
大屋根の軒樋(横方向の雨樋)が割れていました。

雨が降ると、ここから雨水が落ちて下にある波板屋根に落ちるので、大きな音がするそうです。

雨樋は部分的に交換が可能ですので、修理の際は継手部材を使用して修理します。
貝塚市の波板を張り替えます
割れた雨樋の下に設置されているテラス屋根です。

穴があいた樋から雨水が落ちてきて大きな音がするのでゴムのシートを敷いて応急処置されていました。
この波板も古くなってきているので、工事の時に張替て欲しい、とのご希望です。波板張替えの際は耐用年数が長いポリカ波板に張替させていただきます。

次は台風被害箇所の修理の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

阪南市の屋根のスレートが強風で飛ばされ修理工事を行いました!

阪南市の強風で剥がれたスレート
阪南市の強風で剥がれたスレートを差替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミュー株式会社/化粧スレート・コーキング
築年数
約13年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約3.5万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の雨漏り修理で厚型スレートのひび割れをシーリングで補修!

貝塚市のひび割れた厚型スレート
貝塚市のひび割れた厚型スレートをシーリングで補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約19年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
約3.3万円(税込み)
施工事例

貝塚市の強度が低下した木製テラス屋根の入替工事をご紹介!

貝塚市の劣化が進んだテラスの波板
貝塚市の劣化が進んだテラスの入替完了
工事内容
台風
使用素材
テラス本体木材・ポリカ波板(800mm×5枚)・傘釘・雨樋
築年数
約42年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約8万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏り修理で棟瓦の積み直し工事を行いました!

貝塚市の棟瓦積み直し前
貝塚市の棟瓦積み直し後
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード・葺き土・銅線・シーリング
築年数
約29年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約63万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の屋根の瓦が軒先方向にズレています

貝塚市にお住まいの方で雨が降ると天井裏から「ポタポタ」という雨音が聞こえてきて心配されている方はいますか?貝塚市にお住いのF様より「雨が降ると、天井裏からポタン・ポタンという雨の音が聞こえてくるんです」というご相談をいただいたので早速雨漏り...........

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747