オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町の台風被害箇所の調査で笠木の浮きやスレートの割れが発生


熊取町の台風被害箇所の現地調査です。「台風で屋根の板金が浮いているのを見つけた」とのことでご連絡をいただきました。
熊取町の台風被害のご相談
熊取町のパラペットで囲われた屋根です
T様邸は化粧スレートの屋根で、建物の外観のデザイン性から、下から屋根が見えないように周囲にパラペットを設置している形状でした。パラペットとは、ベランダやバルコニー、陸屋根などの周囲に設ける立ち上がり壁、または手すり壁のことです。
熊取町の屋根をコーキングで防水されています
T様邸の屋根は化粧スレートという軽量で薄型の屋根材を葺いています。
スレートが劣化してひび割れが発生し、コーキングで処置されている箇所が数カ所にありました。
熊取町のスレートが劣化するとひび割れが生じます
今回の調査でも、スレートの割れが著しく、多数発生している状態でした。
化粧スレートはセメントと繊維材を主にし、薄型に形成された屋根材のことです。原料にもともと水を含む性質がありますので耐水性を持たせるために定期的な塗装が必要な屋根材です。
熊取町の屋根にスレートのひび割れが多数発生
化粧スレートの表面の塗膜が傷んで剥がれてくると防水性能が低下し、スレートが水を含むようになります。雨水や湿気を含み、天気のいい日に蒸発して乾燥します。水を含むと膨張し、乾燥する過程で収縮すると、その影響でスレートが割れてしまいます。それらの劣化症状から守るために定期的な塗装が必要になります。塗装するとまた雨水を弾くようになり、劣化を遅らせることができます。
熊取町の割れたスレートが樋の中に落ちていました
スレートが割れて、雨樋の中に落ちているのを見つけました。
スレートの劣化が進むと、割れがスレートの表面だけでなく裏側まで達してこのように割れて剥がれてしまいます。
熊取町のスレートを留めている釘が見えています
雨樋の中に落ちていたスレートがあった部分を見つけました。スレートは1枚1枚釘留めされており、上に次のスレートを重ねて葺きますので、通常は釘が隠れて見えません。T様邸はスレートが割れて下にある釘が見えている状態でした。釘はルーフィング(防水シート)を貫通していますので、釘頭が露になると雨水が染み込んで雨漏りの原因になることがあります。(ルーフィングが傷んでいなければ雨漏りしません)
熊取町のパラペットの笠木が浮いています
パラペットの上部の仕上げのことを笠木と言い、T様邸はガルバリウム鋼板で包んで仕上げていました。その笠木が台風の強風に煽られて浮いている状態でした。
T様は下から見上げて、この笠木の異変に気付かれたそうです。
熊取町のパラペットの笠木が変形しています
上から見た笠木の状態です。
笠木は釘留めされており、飛散はしませんでしたが、変形してしまいました。
この笠木は立ち上がり壁の上部から雨水が浸入するのを防ぎ、雨だれ汚れを押さえる役割があります。
T様邸の台風被害箇所の工事は、浮いた笠木を再利用して元に戻して固定し、劣化した屋根の塗装も行うことになりました。屋根に関しては、割れたスレートをコーキングで補修してからの塗装になります。

次は工事の様子をご紹介します。

この工事の現場ブログ

熊取町の台風被害のご相談

2019/12/25/ 熊取町の台風被害箇所の調査で笠木の浮きやスレートの割れが発生

熊取町の台風被害箇所の現地調査です。「台風で屋根の板金が浮いているのを見つけた」とのことでご連絡をいただきました。

熊取町の屋根を塗装します

2019/12/27/ 熊取町のパラペットで囲われたスレート屋根を塗装し美しい屋根に

熊取町の屋根塗装です。T様邸は台風の強風で屋根のパラペット(立ち上がり壁)の天端の仕上げの笠木板金が浮き上がり変形してしまいました。現地調査の時にパラペットで隠れて下からは見えないスレート屋根を点検すると、スレートが劣化してひび割れが多数発...........

熊取町のパラペットで囲われた屋根です

2019/12/26/ 熊取町のパラペットの笠木板金と割れた化粧スレートの補修

熊取町の台風被害に遭った屋根の補修です。T様邸は建物の外観上、屋根の周囲にパラペットという立ち上がり壁を設置している形状で、そのパラペットの上部の笠木板金が台風の強風で浮き上がってしまいました。パラペットで囲われていて下からは見えない屋根も...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の倉庫の屋根のご相談です

熊取町の倉庫のオーナー様より倉庫の屋根のご相談があり現地調査にお伺いしました。築20年以上が経過した鉄骨造亜鉛メッキ鋼鈑葺きの2階建ての倉庫で、台風で屋根の板金が剥がれ、借主の方から困っているとのご報告があったそうです。

泉佐野市で足場を設置

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。I様邸は木造2階建ての住宅で、屋根にはセメント瓦を葺いています。屋根面に桟を打ち付けて、そこに瓦をビス留めして葺く工法になります。2年前の台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)と棟巴(棟の...........

泉佐野市の台風被害のご相談

泉佐野市にお住いのI様より「2年前の台風で屋根に被害があり、雨漏りしてないんですが、状況を見て修理してほしいんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に、近所に来ていた業者に依頼して応急処置をしてもらい、修理の見積もりを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747