オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の台風で雨漏りした瓦屋根の現地調査にお伺いしました


貝塚市の屋根葺き替えなどの現地調査です。平成30年に上陸した台風21号の影響で屋根に被害があり、部屋内に雨漏りした、とのことです。できる限りの応急処置をし、数社に相談して様子を見られていたそうですが、経年でブルーシートが傷んできたのでそろそろ修理をしようと踏み切られました。屋根自体が古くなり、屋根に上るのも危険な状態ですので、下から調査をしました。土葺きの瓦屋根は軽い屋根材に葺き替え、傷んだ外壁の杉板、飛散した波板も張り替えるご提案をさせていただきました。
貝塚市の屋根葺き替えなどの現地調査
A様邸の外観です。2件繋がっている長屋で、奥がA様邸です。屋根全体に被害がありますが、修理するのはご自宅の方の屋根です。
長屋の屋根修理では、お隣の屋根との見切りがされていない場合、取り合い部から両方とも雨漏りしないようにきちんと雨仕舞(雨水が内部に浸入しないようにすること)しないといけません。
貝塚市の玄関の天井で雨漏りしています
まずは、雨漏り箇所を確認させていただきました。
写真は玄関の天井の様子です。
台風の時に天井から雨漏りが発生し、雨染みが残っていました。
貝塚市の天井に雨染みがあります
玄関の奥へ進むとキッチンがあり、その手前の天井にも雨漏りの形跡が残っていました。
この部分は雨水が大量に浸入していたとのことで、天井の広範囲に雨染みが広がっていました。
貝塚市の天井を応急処置されています
キッチン側から見た様子です。
キッチンの天井が一部下がっており、雨水が段差の取り合いに集まり滝のように流れ落ちるので、雨樋のように雨水を受ける形状で応急処置されていました。
貝塚市の2階の天井にも雨漏りしています
2階の洋室の天井にも雨漏りしていました。
軒先付近の天井に雨水があり、棟方向(屋根の勾配の一番高い部分)の天井には雨漏りしていないことから、雨漏り箇所の上の瓦が割れているか飛散している可能性があります。

貝塚市の屋根のブルーシートが破れてボ
通常の調査では、屋根の上に上がって確認させていただくことが多いのですが、A様邸の屋根は老朽化が進んでおり上に上がるのが危険ですし、地上から屋根全体を見渡せますので、下から調査させていただきました。
台風で屋根の瓦が割れたり飛散して雨漏りが発生したので、屋根全体を覆うようにブルーシートをかけて応急処置されてる状態です。
ブルーシートや土のうは紫外線や外気の影響で日々劣化してきます。台風後、数が月経つと、ブルーシートが破れたり、土のう袋が破れて中の土が流れ出ていたり、シートが風に煽られてめくれ上がっている住宅をよく見かけました。ブルーシートは必ず破損しますので、あくまでも一時的な保護にすぎません。
A様邸のブルーシートも傷んで破れている状態でした。破れた部分から、瓦がズレたり飛散しているのが見えます。
貝塚市の外壁も傷んでいます
「家自体が古くなって、外壁もかなり傷んでるんです。この場合、どんなふうに修理したらいいですか?」とのご相談もありました。
A様邸の外壁には杉板を張っており、雨水の影響で腐食したり、反っている板もありました。
外壁全体の板が劣化し、下地も傷んでいますので、すべて撤去してから新たに下地を設置し、透湿防水シートを張り、その上に新しい杉板を張るご提案をさせていただきました。
他にもサイディングを張ったり、モルタルを塗って復旧することも可能ですが、現状復旧の方法が一番安価に抑えられます。
貝塚市の波板も飛んでいます
A様邸は瓦屋根の奥のスペースに波板を張った建て物があります。
台風の強風で波板が飛散してしまったので、シートを敷いて応急処置されていました。手前に見えている屋根もほとんどが飛散したので、下地を組んでトタン波板を張って処置されている状態です。
貝塚市の樋も破損
台風の時に、瓦屋根に集まった雨水を排出するための雨樋が飛散し、そのままの状態になっていました。雨樋が破損していますので雨水が外壁を伝っている跡があります。
貝塚市の樋がないので外壁が傷んでしまいます
また、応急処置で貼った波板屋根の軒先にも雨樋が取り付けられていないため、屋根に落ちた雨水が直接流れ落ち、外壁を濡らしていました。
この外壁は合板を張っているだけですので、このままだと劣化が進んで腐食してしまいます。
屋根の工事は思った以上に費用が掛かることがあります。ですが、雨漏りを長い間放置し続けると、建物の重要な木部を腐食させ、建物の耐久性を低下させたり、カビの発生で人の体にも悪影響を与えることがあります。また、湿気のある木部は白蟻が好みますので、更に被害が拡大する恐れもありますので、修理をお勧めしています。

街の屋根やさん岸和田店は、雨漏り修理や屋根工事全般のご相談を承っておりますので、気になること、心配なことがございましたらお気軽にご相談ください。

この工事の現場ブログ

貝塚市の屋根葺き替えなどの現地調査

2020/05/21/ 貝塚市の台風で雨漏りした瓦屋根の現地調査にお伺いしました

貝塚市の屋根葺き替えなどの現地調査です。平成30年に上陸した台風21号の影響で屋根に被害があり、部屋内に雨漏りした、とのことです。できる限りの応急処置をし、数社に相談して様子を見られていたそうですが、経年でブルーシートが傷んできたのでそろそ...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747