泉大津市の屋根塗装で差し替えたスレート部分も塗装しました


泉大津市の屋根塗装のご紹介です。前回までに、台風被害に遭った屋根の補修、高圧洗浄、屋根の縁切りまでをご紹介しました。今回は塗装の工程をお伝えします。

化粧スレートはもともと工場で塗装されていますが、経年で塗膜が傷んで剥がれて薄くなっています。塗膜が傷むと雨水を吸収するようになり、含んだ水分が乾燥する過程を繰り返すうちにスレートが反り返ってきて、割れることがあります。そのような劣化症状を抑えるためにも定期的な塗り替えが必要になります。
塗り替えで丈夫な塗膜で覆うと、また雨水を弾くようになるのでスレート自体の劣化を遅らせることができます。
泉大津市の屋根の洗浄
屋根の高圧洗浄の様子です。

洗浄で汚れや古い塗膜を洗い落として、品質のいい塗装ができるように準備しました。しっかりと乾燥させてから塗装を行います。
泉大津市の屋根の縁切り完了
屋根の縁切りも行いました。
(詳しい施工の様子は前回の記事をごらんください)

タスペーサーという縁切り部材をスレートの隙間に等間隔で挿入し、隙間が塗料で埋まるのをあらかじめ防ぎました。
(スレートの隙間が塗装により塗料で埋まると、毛細管現象を引き起こして雨漏りすることがあります)
泉大津市の屋根の補修部分も含めて屋根を塗装
A様邸は台風21号でケラバ(屋根の雨樋が付いていない三角になった面)の水切りが浮き上がり、スレートも数枚飛散してしまいました。工事の初めに被害箇所の修理で、板金の交換とスレートの差し替えを行いました。色が濃い箇所が新しく差し替えたスレートです。この部分も一緒に塗装するので、色を合わせることができます。
泉大津市の屋根を下塗りします!
屋根や外壁の塗装では、一般的に下塗り・中塗り・上塗りの3回に塗り分けて塗装します。(屋根材の劣化状況によってはそれ以上塗ることがあります)

一番初めに塗る工程を下塗りといい、下地を調整する意味合いがあります。
また、下塗りは上塗り塗料をしっかりと密着させる役割も担っています。ですので、下塗りを省いて上塗りだけですまそうとすると、近い将来に塗膜が浮いたり剥がれたりします。
今回は透明のシーラーを使用しました。
泉大津市の屋根を中塗りします!

下塗り後、中塗り(上塗り1回目)します。
中塗りは、上塗り塗料と同じ塗料で塗装します。
厚膜に仕上げるためには中塗りが乾いてから上塗りすることが大切です。上塗りだけで厚膜に仕上げようと、塗料をたっぷりつけると液だれを起こして仕上がりが悪くなってしまいますし、同じ色を塗り重ねることで、塗りムラなく美しく仕上がります。
泉大津市の屋根の補修箇所も色がそろいます
冒頭でお伝えした補修箇所も一緒に塗装するので新旧の差がなく仕上がります。
泉大津市の屋根を中塗り乾燥後上塗りします
中塗りを乾燥させてから上塗りします。
同じ色を塗り重ねますが、乾燥している面と塗りたての面では色が少し違いますので、塗りムラや塗り残しなくきれいに塗装でします。
泉大津市のタスペーサーを挿入しているので隙間を確保できます
塗料をたっぷりとつけて塗装しても、先にタスペーサーを挿入しているので屋根材の隙間が塗料で埋まることはありません。
泉大津市の板金部分もきれいに塗装できています
棟板金や水切り板金などもきれいに塗装しました。
(写真は外壁も塗装した後の様子です)
泉大津市の屋根塗装完了
塗膜が傷み、高圧洗浄でほとんど剥がれて白っぽくなっていた屋根が見違えるように美しくなりました。
化粧スレートは塗膜が傷んでくると雨水を吸収するようになります。水分を含んたり乾燥したりを何度も何度も繰り返すと、スレートが反り返ってきてひび割れの原因になります。更に劣化が進むと塗装での改修ができなくなり、葺き替えないといけなくなりますので、定期的な塗り替えをお勧めしています。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の塗装や葺き替え工事も行っております。
「うちの屋根、そろそろ塗り替えの時期にきてるんじゃないかな・・・」と心配されている方は一度相談してみましょう。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円
施工事例

岸和田市摩湯町の破風板・鼻隠しをガルバリウム鋼板で巻き屋根も塗装!

岸和田市摩湯町の破風板と鼻隠し現況
岸和田市摩湯町の屋根メンテナンス完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根塗装
使用素材
屋根:推奨遮熱塗材 /破風板・鼻隠し: ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約28坪
保証
工事費用
屋根塗装(高圧洗浄・仮設足場含む)約56万円(税込) 破風板・鼻隠しガルバリウム鋼板巻加工 約16万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の屋根の縁切りを行います!

泉大津市の塗装改修工事の中の屋根の縁切り作業と外壁材の固定の様子をご紹介します。

泉大津市の屋根・外壁塗装

泉大津市の屋根・外壁塗装のご紹介です。A様からの初めのご相談は、「台風で屋根材が飛散し、雨漏りが発生した」とのことでしたが、現地調査の際に、「そろそろ塗装もした方がいいですよね・・・」と、お見積りの依頼があり、屋根修理後、塗装も行うことにな...........

泉佐野市の塗装前の様子

泉佐野市の築12年の戸建て住宅の塗装工事で今回は外壁塗装の様子をご紹介します。T様邸の外壁はサイディングの外壁で、目地のシーリングが劣化して割れてきていたので塗装前に各所のシーリングをすべて打ち替えました。その後、高圧洗浄で汚れや傷んだ塗膜...........