オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市のセメント瓦の屋根修理で袖瓦と棟瓦などを復旧しました


泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。I様邸は木造2階建ての住宅で、屋根にはセメント瓦を葺いています。屋根面に桟を打ち付けて、そこに瓦をビス留めして葺く工法になります。
2年前の台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)と棟巴(棟の先端に葺く装飾瓦)が飛散し、屋根面の桟瓦も数枚割れてしまい、応急処置はしてもらったそうですがなかなか修理の見積もりをもらえず、次の台風も心配なので街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。I様邸で葺いている瓦はもう製造されていないのですが、今回限りということで不足分をご用意することができたので同じ瓦で修復することができました。袖瓦を1枚1枚ビス留めして復旧し、棟巴は銅線でしっかりと固定させていただきました。同時に、バルコニーの上に設置している温室の撤去のご相談もあったので、解体・撤去しています。
泉佐野市で足場を設置
職人が屋根の上まで安全に行き来し、修理の足掛かりを確保するために部分的に足場を設置しました。

足場を設置するとその分費用が掛かりますので「足場無しで工事できませんか?」というお問い合わせがよくありますが、
職人が手に道具や資材を持って屋根の上まで安全に上がるために、そして品質のいい工事をするために足場が必要になることがほとんどです。また、足場無しで工事をして万が一事故が発生すると、お客様にもご迷惑をおかけしてしまいます。
工事の内容や工事箇所によって、部分的な足場で済むこともありますので、必要な箇所のみでご提案させていただいておりますのでご理解いただけると幸いです。

屋根の被害状況

泉佐野市の袖瓦が飛散
台風の後、被害箇所にシートをかけて応急処置されていましたが、工事の際に撤去させていただきました。

袖瓦が6枚飛散しているので、新しい瓦をご用意し、復旧させていただきます。また、袖瓦の頂部に施工する棟巴も飛散しているので復旧します。
泉佐野市の屋根を防水テープで処置されています
屋根面で葺いている桟瓦も数枚割れていて、防水テープを貼って応急処置されていました。

割れた瓦はすべて撤去して新しい瓦に差し替えます。

屋根修理の様子

泉佐野市の袖瓦をビスで固定
飛散した袖瓦を復旧します。

瓦用の長いビスを使用し、屋根の木下地に向かって袖瓦を1枚1枚ビス留めして復旧していきます。
泉佐野市の袖瓦を軒先から順に復旧
軒先から順に、瓦の重ね代をとって上に上に復旧していきます。

同じ瓦を使用しても、どうしても色目で新旧の差が出てしまいます。
泉佐野市の棟に銅線を仕込むための下地を入れます
袖瓦を復旧した後、一番上に棟巴を葺きます。

I様邸の棟瓦は銅線で固定していますので、棟巴も銅線で固定します。(棟とは屋根の頂部の水平部分のことでそこに葺く瓦を棟瓦と言います)

棟巴を固定するための銅線を仕込むために、棟に木下地を取付けました。
泉佐野市の棟の下地のビスに銅線をくくり付けます
木下地を取付けたビス頭に銅線をくくり付けて、棟巴の穴に通して固定します。

土葺きの屋根の場合、下地に土を載せて瓦を密着させて固定していますが、I様邸は土を使用していないので、銅線でしっかりと固定しないといけません。
泉佐野市の棟巴の穴に銅線を通します
袖瓦の頂部に棟巴を載せ、先に仕込んでおいた銅線を瓦の穴に通して頂部で巻き付けて固定して葺きます。
泉佐野市の棟巴をシーリングで防水
棟巴の穴に銅線を通して頂部で巻いて固定した後、銅線の緩みを防止するためにシーリングを充填して仕上げました。
泉佐野市の瓦の隙間にシーリング充填
棟巴と袖瓦の取り合いに隙間が生じますので、そこから雨水が浸入しないようにシーリングを充填しました。
瓦同士の取り合いにシーリングを充填すると、瓦同士を繋いで補強することもできます。
泉佐野市の袖瓦と棟巴復旧完了
飛散した袖瓦と棟巴の復旧完了です。
I様邸は袖瓦の下端が軒天になっていますので、袖瓦が飛散しても部屋内に雨漏りすることはありませんが、下地の木部を腐食させる可能性がありますので、きちんと修理ができて良かったです。
泉佐野市の割れた瓦は交換します!
屋根面で葺いている桟瓦も数枚割れて、防水テープで応急処置されていました。

防水テープを剥がして割れて瓦を撤去し、新しい瓦に差し替えます。
泉佐野市の屋根の見えない部分で新しい瓦を使用
台風尾被害に遭ったのは、道路側に面した屋根面です。
新しい瓦を道路側で使用すると、新旧の差が下から見えますので、建物の裏側の見えない部分の瓦をめくって道路側で使用し、新しい瓦を裏側で使用して復旧しました。
泉佐野市の瓦差し替え完了
道路側の割れた瓦は裏側の屋根面で葺いていた瓦で復旧しました。
もともと葺いていた瓦で復旧したので、新旧の差が出ず、よく馴染んでいます。

台風の被害箇所の修復はこれで完了しました。
泉佐野市の温室を解体撤去
続いて温室の撤去も行いました。

I様邸は家の玄関側にアルミ製のバルコニーがあり、そこに温室を設置されていました。
ガラスの板の温室だったので、台風の時に割れないか、また、強風で飛ばされないか心配だったそうです。
中に置いていた物も撤去・廃棄させていただきます。
泉佐野市の温室撤去完了
温室をバラバラに解体して撤去完了です。

バルコニーの床が塩ビ製のパネルで、重い温室を載せていたので重量的にも心配だったそうです。
撤去後は「すっきりしました」と、お話しくださりました。
「台風の後からなかなか工事ができなかったので、ずっと落ち着かなかったんですが、ようやく安心できます」
工事後のI様の声です。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の修理や葺き替え、塗装、雨漏り修理、防水などのご相談も承っております。
住まいのことで気になること、心配なことがございましたらお気軽にご相談くださいね。メールでのお問い合わせは24時間受付中です!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市の雨樋の掃除で屋根の漆喰が剥がれて樋に詰まっていました

泉佐野市の樋に漆喰が詰まっています
泉佐野市の樋を掃除して雨水が流れるようになりました
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング
築年数
築約35年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
3.3
施工事例

泉佐野市の割れた銅製の雨樋を交換し雨水が溢れていた樋を調整!

泉佐野市の呼び樋が割れています
泉佐野市の樋の交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅製の雨樋・金具他
築年数
築約27年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
約15.5万円(税込み)
施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の袖瓦が飛散

泉南市で軒天と野地板張り替え工事が完了したので仮撤去していた瓦を復旧しました。M様邸は木造・3階建ての住宅で、屋根は土葺きの瓦屋根です。台風で2階の屋根の袖瓦(そでかわら)が飛散し、応急処置ができないまま約2年が経過して野地板と軒天に水が廻...........

軒天

泉南市で軒天の張替工事を行いました。台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)が落下して、応急処置ができないまま雨ざらしの状態で約2年が経過し、野地板と軒天が腐食して穴が開いている状態でした。野地板(のじいた)とは・・屋根材を支えるための下地...........

泉南市の軒天・軒裏

泉南市の台風被害に遭った屋根を調査し、修理のお見積書をお預けして後日修理を行うことになりました。「2年前の台風で屋根が破損し、防水シートが破れて下地の板に穴が開いているんです。他の業者にも見積もりをお願いしたのですが、下地も修理しないといけ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747