オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町の袖瓦に穴をあけてビス留めしてコーキングで繋げました


熊取町の屋根修理で袖瓦の固定などの様子をご紹介します。
N様邸は去年の台風で、瓦の割れや飛散などの被害があり、2階の天井に雨漏りが発生しました。棟の瓦が崩れて、割れている箇所も点在していました。
熊取町の袖瓦を固定します
袖瓦は屋根の三角になった部分に施工している役物瓦で、強風の影響で少しズレていました。
袖瓦は風や地震の影響をまともに受ける箇所で、被害に遭いやすいことから、今後の災害に備えて1枚1枚固定することになりました。
熊取町の袖瓦に穴をあけてビス留め
ズレを戻して、電動ドリルで瓦に穴をあけ、1枚1枚、木下地に向かってしっかりとビス留めしました。
ビスで固定したので、飛散する心配はありません。
熊取町の袖瓦のビス頭にコーキング充填
ビス頭から雨水が浸入しないように、コーキングを充填してきちんと防水しました。 ビス頭にコーキングを充填すると、ビスの緩みも防止できます。
熊取町で銅線を通して葺き土をのせました
袖瓦の一番上の頂部には棟巴と言う役物瓦を葺いているのですが、固定している銅線が切れて瓦がめくれていました。
瓦を復旧する前に、以前よりも太い銅線を通しておき、新しい葺き土をのせました。
熊取町の棟巴復旧完了
棟巴を葺き土に密着させて固定し、下に通しておいた銅線を周囲に巻いて頂部で留め付けました。
棟巴が飛散すると、瓦の内側に雨水が浸入して瓦がズレる原因になります。
熊取町の棟巴の下に漆喰を詰めました
棟巴の下の葺き土が直接雨にあたると流れてしまいますので、表面に漆喰を塗布して防水しました。この漆喰を「面戸漆喰」といい、剥がれると雨水が棟の内部に浸入してしまいます。棟の中に雨水が入ると、そこから雨水が下に流れる過程で雨漏りすることがあります。
熊取町の割れた瓦はすべて差し替えました
N様邸は地瓦(屋根面の瓦)も数枚割れていました。
割れている瓦はすべて新しい瓦に差し替えました。
新旧の色の差がどうしても出てしまいますが、ご了承いただきました。
熊取町の瓦のズレを戻します
屋根面で瓦がズレている箇所は、ゴムのハンマーで叩いてズレを戻しました。
ズレている瓦をそのままにしておくと、次に強風が吹いた時にズレがひどくなる可能性がありますし、最悪の場合飛散してしまうかもしれませんので、ズレを戻す作業を行いました。
熊取町でコーキングで瓦を固定します
ズレた瓦を戻してから、コーキングを充填して瓦同士を繋いで固定する「ラバーロック」を行いました。
コーキングは必ず瓦の山状になった部分に充填します。下端に充填して隙間を埋めると雨水が溜まって雨漏りする危険性がありますので注意が必要です。
熊取町の庇や下屋の瓦も固定しました
庇のまんじゅう瓦(軒先瓦)も割れていたので差し替えて、コーキングできちんと固定しました。
庇は外壁よりも突き出ており、突風の被害に遭いやすい箇所ですので、補強しました。
熊取町の屋根補修工事完了です
屋根補修工事完了です。
屋根に被害があり、雨が降るたびに心配されていたとのことですが、これでようやく安心して暮らせますね。
街の屋根やさん岸和田店は、屋根の軽微な修理から葺き替え、塗装など承っておりますので、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の倉庫の屋根のご相談です

熊取町の倉庫のオーナー様より倉庫の屋根のご相談があり現地調査にお伺いしました。築20年以上が経過した鉄骨造亜鉛メッキ鋼鈑葺きの2階建ての倉庫で、台風で屋根の板金が剥がれ、借主の方から困っているとのご報告があったそうです。

泉佐野市で足場を設置

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。I様邸は木造2階建ての住宅で、屋根にはセメント瓦を葺いています。屋根面に桟を打ち付けて、そこに瓦をビス留めして葺く工法になります。2年前の台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)と棟巴(棟の...........

泉佐野市の台風被害のご相談

泉佐野市にお住いのI様より「2年前の台風で屋根に被害があり、雨漏りしてないんですが、状況を見て修理してほしいんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に、近所に来ていた業者に依頼して応急処置をしてもらい、修理の見積もりを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747