オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和泉市の台風で剥がれた屋根の漆喰を詰め直し瓦をビス留め


前回の記事で和泉市の台風被害に遭った屋根の補修の様子をご紹介しました。この記事では台風で剥がれた漆喰の詰め直しや落下しやすい瓦のビス留めなどの様子をお伝えします。

陶器瓦の屋根には漆喰が至る所で使用されています。漆喰の主成分は水酸化カルシウム(消石灰)と炭酸カルシウムで、石灰系の材料の一つで、漆喰を詰めることで瓦の隙間を埋めて雨水の浸入を防止したり、瓦同士をくっつけて固定しています。
屋根で重要な役割を果たしている漆喰ですが、紫外線や雨風の影響を受け続けることでポロポロと剥がれてきます。漆喰が剥がれると瓦を固定している力が弱くなり動いてしまったり、隙間から雨水が浸入して雨漏りすることがありますので、定期的なメンテナンスが必要です。
和泉市の屋根のボロボロになった漆喰を剥がします
漆喰のメンテナンス工事では、既存の漆喰の上から新しい漆喰を詰める「詰め増し」と、既存の漆喰を撤去して新しい漆喰を詰める「詰め直し」があります。既存の漆喰が劣化していると、下地の土から剥離してきている状態ですので、上に新しい漆喰を詰めてもすぐに剥がれてくる可能性があるため、既存の傷んだ漆喰を剥がしてから新しい漆喰を詰める「詰め直し」を行うことになりました。
写真は降り棟の既存の面戸漆喰を剥がしている様子です。棟とは二つの屋根が合流する頂点部分のことで、降り棟とは軒先方向に向かって降りる棟のことです。
和泉市の棟に太い銅線を通して固定しました
この工事では台風被害に遭った箇所を修復し、今後の自然災害に備えて屋根全体を補強する作業も行います。
棟は屋根面よりも高く積み上げられていますので風や地震の揺れを受けやすいため、銅線を通して固定されていますが、既存の銅線が細く通し方も一カ所だけで心許なかったので、新たに太い銅線を通してしっかりと固定しました。
和泉市の棟に漆喰を詰めます
既存の漆喰を剥がして、太い銅線で棟をしっかりと固定してから新しい漆喰を詰めました。
漆喰は下地で使用されている葺き土との相性がいいのも特徴の一つです。温度や湿度で発生する漆喰の膨張が土とほとんど同じですので施工後に剥離しにくく、雨水の吸水率も低いので防水効果もあります。
和泉市の水平棟も銅線で固定し漆喰を詰め直しました
大屋根(一番高い屋根)の水平棟の漆喰も詰め直して太い銅線でしっかりと固定しました。
漆喰は経年で剥離や汚れの症状がおこりますが、詰め直した直後の漆喰は白く美しいです。(もともと黒漆喰を使用している住宅もあります)
和泉市ののし瓦よりも奥に控えないといけません
棟に施工する漆喰は、四角いのし瓦よりも奥に控えないといけません。のし瓦よりも漆喰が出ていると雨水を吸い込んで雨漏りの原因になることがありますので、必ず奥に控えて詰めることがポイントです。
和泉市の鬼瓦の取り合いの漆喰も復旧
屋根で使用されている漆喰は棟部分だけではありません。瓦の取り合い部で雨仕舞(雨水が浸入しないように工夫すること)が必要な箇所に詰めたり、瓦をよりしっかりと固定したい箇所に詰められています。
写真は鬼瓦の取り合いの漆喰を詰め直した後の様子です。この部分は水平棟と降り棟、鬼瓦の取り合いが集まっており、隙間がたくさん生じますので、漆喰を詰めてきちんと雨仕舞し、瓦同士を繋げて固定させていただきました。鬼瓦の取り合いは漆喰に雨水が直接あたりますので、雨水の浸入を防止するために漆喰を厚塗りして仕上げました。
和泉市の袖瓦はビス留めします
続いて袖瓦の補強も行いました。
袖瓦とは屋根の流れの面の一番端の瓦のことです。屋根の端の瓦ですので軒先瓦と同様に風や地震の揺れの影響をまともに受けてしまい、下に落下する危険性が高い瓦です。
電動ドリルで瓦に穴をあけて、木下地に向かって長いビスで固定しました。
和泉市の屋根のすべての袖瓦をビス留めしました
瓦の飛散などの被害が無かった袖瓦もすべてビス留めしたので、ズレたり落下する可能性が低くなりました。
葺き土を使用しない工法の屋根では、屋根面に桟木という細長い木を打ち付けて、そこに瓦を釘やビスで固定しますので崩れ落ちる心配が少なくなりますが、土葺きの瓦は下に土がありますのですべての瓦(地瓦)をビスなどで固定することができません。
和泉市の瓦にシーリングを充填して補強
土葺きの瓦屋根は葺き土で瓦を固定しており、すべての瓦をビスで留め付けることができません。そのため、瓦のズレや飛散を防止する方法としてシーリングという防水材を用いることがあります。
シーリング材を瓦の取り合いに充填して瓦同士を繋いで固定する方法です。
和泉市の瓦の飛散を防ぎます
シーリングにより瓦同士が連結されるので、瓦がバラバラに飛散するのを防止できます。(想定外の強風に見舞われると瓦が繋がった状態でズレる可能性がありますので心配な方はよく相談して決めましょう)
この工法を「ラバーロック」と言います。
和泉市の袖瓦のビス頭にもシーリング充填
ラバーロックは瓦をただ繋げればいいという訳ではなく、正しい充填方法があります。間違った方法でシーリングをあちこちに充填すると、毛細管現象(細い隙間に水が吸い上げられる現象)を引き起こして雨漏りすることがありますので、ご自身で施工せず業者に依頼しましょう。

この工事で補強した袖瓦のビス頭にもシーリングを充填して防水しました。(ビス頭は天を向いていますので取り合いから雨水が染み込む可能性があるため)
和泉市の雨樋の中に砂が溜まっています
台風後の応急処置で屋根にブルーシートを敷いた際に土のう袋をのせていました。その土のう袋が紫外線などの影響で破れて中の土が流れ出てしまい、軒樋(横方向の雨樋)の中に溜まっていました。
和泉市の樋をきれいに掃除しました
屋根の修理の際には必ず樋の中を確認し、必要であればきれいに掃除させていただきます。
特に2階以上の雨樋の掃除は足場が必要になることがありますので、足場があるうちに処置します。
「長い間屋根にブルーシートがかかっていて心配でしたが、これで安心して暮らせます。ありがとうございました」
お力になれてスタッフ一同嬉しく思っております。

台風が上陸する季節になると「うちの屋根は大丈夫か」「屋根を補強できないか」と気になることが出てくるかと思います。街の屋根やさん岸和田店は屋根の点検、修理、葺き替え、補強などのご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の倉庫の屋根のご相談です

熊取町の倉庫のオーナー様より倉庫の屋根のご相談があり現地調査にお伺いしました。築20年以上が経過した鉄骨造亜鉛メッキ鋼鈑葺きの2階建ての倉庫で、台風で屋根の板金が剥がれ、借主の方から困っているとのご報告があったそうです。

泉佐野市で足場を設置

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。I様邸は木造2階建ての住宅で、屋根にはセメント瓦を葺いています。屋根面に桟を打ち付けて、そこに瓦をビス留めして葺く工法になります。2年前の台風で袖瓦(屋根の流れの一番端に葺く瓦)と棟巴(棟の...........

泉佐野市の台風被害のご相談

泉佐野市にお住いのI様より「2年前の台風で屋根に被害があり、雨漏りしてないんですが、状況を見て修理してほしいんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に、近所に来ていた業者に依頼して応急処置をしてもらい、修理の見積もりを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747