オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉北郡忠岡町のアスファルト舗装も行ったカーポート設置工事のご紹介


泉北郡忠岡町のカーポート設置工事
泉北郡忠岡町で「家の裏の敷地に車を二台停めたいので、カーポート屋根を設置しようと思ってるんです」とご相談があり、打ち合わせを重ねて工事を行うことになりました。

車を停める予定の敷地は砂利で、草が生えてくるそうなのでコンクリートかアスファルトで舗装をお考えでしたが、今後何かあった時にアスファルトの方がコンクリート土間よりも解体しやすく、施工しやすいので今回はアスファルト舗装を採用しました。
泉北郡忠岡町の敷地の塀は撤去します
前面道路との取り合いにはブロックの塀とフェンスで仕切られていましたが、車を出し入れしやすくするために、撤去してオープン外構に改修することになりました。
この塀を撤去すると、間口の広い敷地のどこからでも入れるので使い勝手がよくなりますね。

今回は、敷地の解体・舗装から大きなカーポートの設置までの工事の流れを分かりやすくご紹介します。
泉北郡忠岡町の取り合いの立ち上がりのコンクリートを少し残します
前面道路の取り合いのブロック塀及びフェンスを撤去するのですが、道路との境界線になる立ち上がり部分は残します。
立ち上がり部分をすべて残すと段差ができるので、車を出し入れする時に車体が大きく揺れて毎回気になると思いますので、カットして少しだけ残すことになりました。
立ち上がり部分をすべて撤去すると車は侵入しやすくなりますが、どこまでがK様の敷地か判別しにくくなりますし、アスファルト舗装の際にも見切りがあったほうがきれいに仕上がりますので、この方法をとります。
どの位置まで残すかチョークで印を入れてから解体します。
泉北郡忠岡町の鉄の可動式門扉を撤去
解体には重機を使用します。
重い鉄製の可動式門扉も撤去するので、重機で解体して運び出しました。
泉北郡忠岡町のフェンス・塀を撤去
続いてフェンス・ブロック塀の解体です。
重機を使うと、フェンスも簡単に撤去できます。
泉北郡忠岡町の敷地の地面を掘削
現状の敷地は砂利で草も生えている状態です。
重機の先を尖った形状のものに交換し、地面を掘削してから整地して平らにします。
泉北郡忠岡町の掘削した敷地に砕石を敷いて地面を締め固めます
次に、砕石を敷き詰めて、専用の重機で地面を締め固める「転圧」を行います。転圧により地面の密度が高くなり、下地の状態を整えることができます。
アスファルト舗装した後に地面が沈むのを防ぐために、砕石と共にしっかりと押し固めておく必要があります。
泉北郡忠岡町の敷地にカーポートの柱を設置してから舗装します
下地となる地面を転圧してから、舗装する前に新しく設置するカーポートの柱を建てます。
カーポートの柱は地面を掘って埋め込みますので、舗装前に行わないとせっかく舗装した部分を撤去することになりますし、取り合い部分の調整などもしないといけなくなり、二度手間になるからです。
泉北郡忠岡町の敷地に熱いアスファルト
続いてアスファルト舗装を行います。
アスファルト舗装は、砕石・砂とアスファルトを加熱して混ぜたもの(アスファルト合材と言います)を敷いて転圧し、舗装する方法で、主に道路や駐車場の舗装で施工されています。
工場で加熱してつくったアスファルト合材をトラックに積んで現場に運び入れて、少しずつ敷いては転圧して舗装していきます。
泉北郡忠岡町のアスファルト舗装完了
アスファルトは加熱すると柔らかくなり、冷えてくると次第に固まります。ですので、温度が下がらないうちに舗装しないといけないので、暑さとの戦いです。
敷地が広いので、ブロック分けして一連の作業を行い舗装完了です。

冒頭でアスファルト舗装がコンクリート土間よりも解体しやすく施工もしやすい、とお伝えしましたが、その理由として、アスファルトの厚みが挙げられます。アスファルトの仕上げは約10㎝くらいなのです。コンクリートの場合はそうはいきません。また、コンクリートで土間を打つ際には、地面を掘り下げて補強の鉄筋を入れたりと工事の内容が大きいことから、解体も大がかりとなってしまいます。
泉北郡忠岡町のY型のカーポートです
アスファルト舗装が完了したので、カーポートの設置を行います。
カーポートには形状が色々ありますが、事前の打ち合わせで、Y型を採用しました。
泉北郡忠岡町のカーポートのパーツを組み立てます
Y型のカーポートは、一台用の片流れのカーポートを背中合わせに並べて設置した形状で、駐車スペースの真ん中に柱があります。
泉北郡忠岡町のカーポートにポリカの平パネルを取付けました
カーポートの骨組みを組み立てて、屋根にポリカの平板パネルを取付けました。
昔はカーポートの屋根に波板が多く使われていましたが、最近ではこの平板パネルが主流になっています。
素材はポリカーボネート(通称ポリカ)という、衝撃に強くて長持ちする素材ですので、安心してご使用いただけます。
泉北郡忠岡町の敷地に車止めを取付け
カーポート設置後、車の大きさを確認して車止めを設置しました。
泉北郡忠岡町の門扉も設置しました
現地調査の時にご相談があった、敷地の奥のブロック塀を撤去してアルミの門扉取り付けも完了しました。
これで、ご自宅のお庭から駐車スペースに行き来できるようになりました。
泉北郡忠岡町の車2台分のカーポート設置完了
敷地の舗装とカーポート設置工事完了です!
柱が真ん中に集まっているので圧迫感がなく、スッキリとした見た目になりました。

雨の日でも濡れにくいように、大きな屋根のカーポートを採用したので豪華ですね。
カーポート本体の色はシャイングレーです。


街の屋根やさん岸和田店は、カーポートの設置に伴う土間の打設なども行っておりますので、ご検討されてる方がおられましたらお気軽にご相談くださいね。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の成長した植木が波板屋根を突き破っていました!

岸和田市の植木の伐採、テラスの波板張替え前
岸和田市の植木を伐採してテラスの波板を張り替え
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカ波板(ブロンズ)ポリカフック 
築年数
築45年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
約10.2万円(税込み・植木の伐採・雨樋交換費用含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りの原因はテラスの倒壊!アルミ製のテラスで復旧です!

貝塚市のベランダ現況
貝塚市のベランダにテラス屋根設置
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
台風
使用素材
三協アルミ・レボリューA
築年数
約38年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)
施工事例

泉佐野市の雨樋の掃除で屋根の漆喰が剥がれて樋に詰まっていました

泉佐野市の樋に漆喰が詰まっています
泉佐野市の樋を掃除して雨水が流れるようになりました
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング
築年数
築約35年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
3.3

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町の基礎巾木の補修!基礎の剥がれは表面だけ?内側から?

忠岡町の破断した基礎巾木
忠岡町の破断した基礎巾木補修完了
工事内容
防水工事
使用素材
アイカ工業・ジョリシール アイカ工業・防錆プライマー
築年数
約28年
建坪
建坪18坪
保証
2年
工事費用
4.7万円(税込み)
施工事例

忠岡町で軒樋から雨漏り発生!内吊りの軒樋を交換しました!

18213c9c0eae57697dd4ee4bb3df5d77
忠岡町の雨樋交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
台風
使用素材
軒樋・じょうご・止まり・エルボ・内吊り金具他
築年数
約31年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約12万円 雨樋交換・清掃費用・・8.6万円(ともに税込み)
施工事例

忠岡町で強風でめくれ上がったセメント瓦を固定して復旧!

忠岡町で台風で瓦がズレました
忠岡町の台風でズレた瓦の復旧完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
仮設足場、アルプス・アートストーン・桟木・シーリング
築年数
築約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
足場費用・約15万円 屋根修理費用・約19万円(ともに税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市のテラスの平板を保管しました

和泉市のF様より屋根と外壁塗装のご相談をいただき、同時に古くなった玄関ドアを入れ替えることになりました。F様邸は築38年くらいの木造・2階建ての住宅で15年ほど前に屋根と外壁を塗り替えたことがあり、今回で2度目のメンテナンスになります。以前...........

貝塚市の屋根の調査と応急処置のご相談!

台風や地震の時に屋根に被害を受け、応急処置をしたことはありますか?その後、月日とともに応急処置で使用している土のうが破損したり、ロープが切れて土のうが落下したり、ブルーシートが風に煽られてバタついている・・・と、困った経験をされたことがある...........

泉佐野市の台風被害のご相談

泉佐野市にお住いのI様より「2年前の台風で屋根に被害があり、雨漏りしてないんですが、状況を見て修理してほしいんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。台風の後に、近所に来ていた業者に依頼して応急処置をしてもらい、修理の見積もりを...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747