泉北郡忠岡町のアスファルト舗装も行ったカーポート設置工事のご紹介


泉北郡忠岡町のカーポート設置工事
泉北郡忠岡町で「家の裏の敷地に車を二台停めたいので、カーポート屋根を設置しようと思ってるんです」とご相談があり、打ち合わせを重ねて工事を行うことになりました。

車を停める予定の敷地は砂利で、草が生えてくるそうなのでコンクリートかアスファルトで舗装をお考えでしたが、今後何かあった時にアスファルトの方がコンクリート土間よりも解体しやすく、施工しやすいので今回はアスファルト舗装を採用しました。
泉北郡忠岡町の敷地の塀は撤去します
前面道路との取り合いにはブロックの塀とフェンスで仕切られていましたが、車を出し入れしやすくするために、撤去してオープン外構に改修することになりました。
この塀を撤去すると、間口の広い敷地のどこからでも入れるので使い勝手がよくなりますね。

今回は、敷地の解体・舗装から大きなカーポートの設置までの工事の流れを分かりやすくご紹介します。
泉北郡忠岡町の取り合いの立ち上がりのコンクリートを少し残します
前面道路の取り合いのブロック塀及びフェンスを撤去するのですが、道路との境界線になる立ち上がり部分は残します。
立ち上がり部分をすべて残すと段差ができるので、車を出し入れする時に車体が大きく揺れて毎回気になると思いますので、カットして少しだけ残すことになりました。
立ち上がり部分をすべて撤去すると車は侵入しやすくなりますが、どこまでがK様の敷地か判別しにくくなりますし、アスファルト舗装の際にも見切りがあったほうがきれいに仕上がりますので、この方法をとります。
どの位置まで残すかチョークで印を入れてから解体します。
泉北郡忠岡町の鉄の可動式門扉を撤去
解体には重機を使用します。
重い鉄製の可動式門扉も撤去するので、重機で解体して運び出しました。
泉北郡忠岡町のフェンス・塀を撤去
続いてフェンス・ブロック塀の解体です。
重機を使うと、フェンスも簡単に撤去できます。
泉北郡忠岡町の敷地の地面を掘削
現状の敷地は砂利で草も生えている状態です。
重機の先を尖った形状のものに交換し、地面を掘削してから整地して平らにします。
泉北郡忠岡町の掘削した敷地に砕石を敷いて地面を締め固めます
次に、砕石を敷き詰めて、専用の重機で地面を締め固める「転圧」を行います。転圧により地面の密度が高くなり、下地の状態を整えることができます。
アスファルト舗装した後に地面が沈むのを防ぐために、砕石と共にしっかりと押し固めておく必要があります。
泉北郡忠岡町の敷地にカーポートの柱を設置してから舗装します
下地となる地面を転圧してから、舗装する前に新しく設置するカーポートの柱を建てます。
カーポートの柱は地面を掘って埋め込みますので、舗装前に行わないとせっかく舗装した部分を撤去することになりますし、取り合い部分の調整などもしないといけなくなり、二度手間になるからです。
泉北郡忠岡町の敷地に熱いアスファルト
続いてアスファルト舗装を行います。
アスファルト舗装は、砕石・砂とアスファルトを加熱して混ぜたもの(アスファルト合材と言います)を敷いて転圧し、舗装する方法で、主に道路や駐車場の舗装で施工されています。
工場で加熱してつくったアスファルト合材をトラックに積んで現場に運び入れて、少しずつ敷いては転圧して舗装していきます。
泉北郡忠岡町のアスファルト舗装完了
アスファルトは加熱すると柔らかくなり、冷えてくると次第に固まります。ですので、温度が下がらないうちに舗装しないといけないので、暑さとの戦いです。
敷地が広いので、ブロック分けして一連の作業を行い舗装完了です。

冒頭でアスファルト舗装がコンクリート土間よりも解体しやすく施工もしやすい、とお伝えしましたが、その理由として、アスファルトの厚みが挙げられます。アスファルトの仕上げは約10㎝くらいなのです。コンクリートの場合はそうはいきません。また、コンクリートで土間を打つ際には、地面を掘り下げて補強の鉄筋を入れたりと工事の内容が大きいことから、解体も大がかりとなってしまいます。
泉北郡忠岡町のY型のカーポートです
アスファルト舗装が完了したので、カーポートの設置を行います。
カーポートには形状が色々ありますが、事前の打ち合わせで、Y型を採用しました。
泉北郡忠岡町のカーポートのパーツを組み立てます
Y型のカーポートは、一台用の片流れのカーポートを背中合わせに並べて設置した形状で、駐車スペースの真ん中に柱があります。
泉北郡忠岡町のカーポートにポリカの平パネルを取付けました
カーポートの骨組みを組み立てて、屋根にポリカの平板パネルを取付けました。
昔はカーポートの屋根に波板が多く使われていましたが、最近ではこの平板パネルが主流になっています。
素材はポリカーボネート(通称ポリカ)という、衝撃に強くて長持ちする素材ですので、安心してご使用いただけます。
泉北郡忠岡町の敷地に車止めを取付け
カーポート設置後、車の大きさを確認して車止めを設置しました。
泉北郡忠岡町の門扉も設置しました
現地調査の時にご相談があった、敷地の奥のブロック塀を撤去してアルミの門扉取り付けも完了しました。
これで、ご自宅のお庭から駐車スペースに行き来できるようになりました。
泉北郡忠岡町の車2台分のカーポート設置完了
敷地の舗装とカーポート設置工事完了です!
柱が真ん中に集まっているので圧迫感がなく、スッキリとした見た目になりました。

雨の日でも濡れにくいように、大きな屋根のカーポートを採用したので豪華ですね。
カーポート本体の色はシャイングレーです。


街の屋根やさん岸和田店は、カーポートの設置に伴う土間の打設なども行っておりますので、ご検討されてる方がおられましたらお気軽にご相談くださいね。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市男里の劣化した軒天井板の貼替・修理工事

泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
工事内容
その他の工事
使用素材
軒裏天井用化粧合板
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
工事費用
約20万円(税込)
施工事例

高石市千代田のベランダの波板が飛んで不便だったので張り替えました!

高石市千代田の二階ベランダの飛んでしまった波板現況
高石市千代田の二階ベランダのテラス波板張替え完了
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック
築年数
建坪
保証
工事費用
約4.8万円(税込)
施工事例

岸和田市上松町のスレート瓦の屋根葺き替え工事 

岸和田市上松町でスレート屋根の葺き替え工事着工
岸和田市上松町の屋根スレート瓦の下屋部分の葺き替え作業完了
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
スレート瓦コロニアルクァッド
築年数
築30年
建坪
約60坪
保証
工事費用
約182万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の老朽化したテラス屋根を入れ替えます

岸和田市の老朽化した木製テラス屋根の入替の様子をご紹介します。O様邸は台風21号で屋根に被害があり、その時のご相談でテラスの入替もご検討されていました。二つあるうちの一つは波板を張り替えて補強し、今回ご紹介するテラスは入れ替えになりました。

岸和田市の劣化した波板を張り替えて補強

岸和田市の1階に設置しているテラス屋根の補強及び屋根の波板張替えの様子をご紹介します。O様の初めのご相談は台風被害に遭った修理で、その時のご相談で古くなったテラスのお話がありました。

泉佐野市の陸屋根を洗浄します

泉佐野市の陸屋根、ベランダ防水、外壁塗装工事で今回は、塗装前の高圧洗浄とクラック補修跡のパターン付けの様子をご紹介します。