オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の雨漏りと晒し葺きの屋根の軒天井修理のご相談です!


以前屋根葺き替え工事をしていただいた岸和田市のK様より雨漏りのご相談があり現地調査にお伺いしました。
雨漏りしているのは葺き替えていない別棟の瓦屋根の方で、1階の和室の天井から雨漏りしていました。雨漏りの原因を探るため確認すると、屋根と外壁の取り合いの壁際水切り部分に隙間が生じており、そこから雨水が浸入している可能性があることが分かりました。また、周囲の外壁に発生したひび割れからも雨水が入らないとは限りません。この工事で雨漏りの修理をし、外壁塗装や晒し葺きの屋根の葺き替えなども行うことになりました。
岸和田市の雨漏りと塗装等のご相談
雨漏りしているのは1階の和室の天井です。(黄色い矢印の下のお部屋になります)
雨漏りしている和室の上には下屋がのっていますので、問題がないか確認しました。
雨漏りは必ずしも屋根から発生するとは限りません。庇や窓周り、外壁などの傷んだ部分から雨水が浸入します。上にベランダがある場合は、ベランダの防水が劣化したことが原因で雨漏りすることが多くあります。雨水はありとあらゆる箇所から浸入しますので、原因の可能性がある箇所を念入りに調査しないといけません。
岸和田市の天井に雨染みが残っています
雨漏りしている1階の和室の天井です。
年に1~2回ほど雨漏りするそうです。
雨が降るたびに雨漏りする事例もありますし、その時の雨の量や風向きによってたまに雨漏りする場合もあります。
風が強い日など、普通の雨なら入らない箇所から雨水が入ってしまい、雨漏りの原因になることがよくあります。
岸和田市の障子が濡れてます
雨水は天井から壁を伝い、下の障子も濡らしていました。
障子が濡れると木枠の色が染み込んで茶色い雨染みになって残ります。
雨漏りしていると、雨が降るたびに気になって心配になりますので、できるだけ早めに業者に見てもらいましょう。
岸和田市の下屋の壁際に大きな水切りを取付けた雨漏り修理のお客様の声
雨漏りしている和室の上にある屋根を確認すると、屋根面の瓦には問題ありませんでした。次に怪しいのが外壁との取り合いの壁際です。
外壁を伝ってきた雨水が内部に浸入するのを防止するためにのし瓦(四角くて平らな瓦)を積み上げて、その上に壁際水切りという板金を取付けているのですが、瓦との間に隙間が生じていて、そこから雨水が入る可能性がありました。
岸和田市の外壁にひび割れが生じています
雨漏りしてる和室の上の外壁には写真のようなひび割れが発生していました。
外壁のひび割れは大小様々ありますが、雨漏りの原因になることがありますので、何かしらの処置をしないといけません。
K様邸はこの工事で外壁を塗装することになったので、塗装前にひび割れ補修を行います。
岸和田市の紐丸瓦が動いています
雨漏りしている屋根とは別棟の屋根で、台風の影響で棟の紐丸瓦が外れてしまった、とのことです。
雨漏りしないように、元に戻されていましたが動いている状態でした。
棟とは屋根の頂点の三角になった取り合い部のことで、雨仕舞のために瓦を積み上げています。その棟の一番上に紐丸瓦という半丸の瓦を積んで、銅線で固定されていましたが、銅線が切れて瓦が外れていました。工事の間に動いた瓦を銅線で固定しなおし、更にコーキングを充填してズレを防止します。
岸和田市の離れの軒天井に水が廻っています
離れの軒天井のご相談もありました。
離れの軒天井は木製で、年月とともに水が廻って木部が黒ずんで腐食してきている箇所がありました。
以前から気になられていたそうで、腐食している部分だけでもなんとかなりませんか?とのことです。
岸和田市の銅板さらし葺きの屋根です
軒天井の屋根は銅板の晒し葺きです。
銅板は昔は錆びにくい金属とされて屋根などでよく使用されていました。写真のように経年で緑青(ろくしょう)がでて緑色に変化すると長期間にわたり使用できるということでしたが、近年の酸性雨などの影響で薄くなり穴があいたり錆が発生する事例が出ています。緑青がでた銅板は見た目も美しいですが、最近では錆に強いガルバリウム鋼板が主流になっています。
岸和田市の銅板晒し葺きの屋根に穴があいています
銅板の晒し葺きは、銅板を折り曲げて葺いています。
銅板を曲げた部分と継ぎ目の下部分に穴があいていました。
雨水が流れ落ちる箇所や僅かな不陸により雨水が溜まりやすい箇所は劣化しやすく穴があいてしまうことがよくあります。このような小さな穴でも雨水の原因にあります。
この工事では、銅板葺きの屋根を撤去し、垂木や軒天井板が腐食している部分を修理してからガルバリウム鋼板で屋根を復旧することになりました。
岸和田市の波板を張り替えます
ガレージの木製のテラス屋根の波板は、塗装で使用する足場を建てる時に仮撤去しないといけません。この波板はFRP波板で、す。長い間使用して古くなってきていたのでポリカ波板にすべて張替えることになりました。
K様邸は雨漏り修理と外壁塗装、塗装に伴うひび割れの補修、軒天井修理と佐晒し葺きの屋根葺き替え工事を行います。

次は離れの軒天井の修理などの様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市のモニエル瓦(セメント瓦)屋根の修理でズレを戻しました

岸和田市の漆喰の剥がれ
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
台風
使用素材
仮設足場、漆喰、コーキング等
築年数
約26年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約45万円(税込)足場代含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747