オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉南市のスレート葺きの屋根を日本ペイントのサーモアイSiで塗装


泉南市の屋根塗装です。塗料は日本ペイントのサーモアイSiを使用しました。
T様邸は化粧スレートの屋根で、外壁はモルタルの塗り壁です。台風で庇が破損したりテラスの波板が飛散したことをきっかけに、同時に外装のリフォームも行うことになりました。化粧スレートは軽くて厚みが薄い平らな屋根材で、土葺きの屋根よりも重量が少なくなることから多くの住宅で使用されています。セメントと繊維質を主に作られていますので、もともと吸水性があるため表面を塗装して防水性を加えています。その塗膜が傷んでくると、スレートが雨水などの水分を含むようになり、スレート自体が劣化する原因になってしまうので、劣化を遅らせるためにも定期的な塗り替えが必要です。
泉南市の屋根の塗膜がほとんど剥がれました
T様邸のスレートの塗膜は経年で劣化が進み、色褪せてきていました。
塗装前に行った高圧洗浄では、旧塗膜がほとんど剥がれたので、密着性が低下していたことが分かります。
スレートの塗膜が剥がれると、雨水などの水分を吸い込むようになり、天気のいい日に乾燥する過程を繰り返すようになります。そうすると、膨張(含水)・収縮(乾燥)の動きでスレートが反ってきて割れてしまったり、反りかえったスレートの隙間に強風が吹き込んで飛散しやすい状態に陥ってしまいますので、そのような劣化症状を抑えるためにも定期的に塗り替えを行い、防水性を確保しないといけません。
泉南市の屋根を透明のシーラーで下塗り
屋根を高圧洗浄できれいに洗浄し、しっかりと乾燥させた後に塗装の工程に入ります。
屋根や外壁の塗装では基本的に下塗り・中塗り・上塗りの3工程に分けて塗装します。
まずは下塗りです。透明のシーラーという塗料を使用し、ローラーで丁寧に塗装していきます。
泉南市の下屋も丁寧に下塗りします
塗膜が剥がれたスレートは、上記でお伝えしたように雨水などの水分を吸い込むようになります。その状態で塗料を塗ると、塗料が吸い込まれて表面に残った塗膜の厚みが薄くなってしまいますので、吸い込みを抑える下塗り材を使用して下塗りし、調整しないといけません。また、下塗りは上塗り(上に塗る塗料)をしっかりと密着させる効果もありますので、重要な工程になります。
タスペーサーです
スレート屋根の塗り替え時には「縁切り」という作業を行います。
スレートはもともと、継ぎ目から入った雨水が抜けるように葺かれていますが、塗料を上に塗ることでその隙間が塞がってしまいます。(特にスレートの下端)そうすると、毛細管現象(細い隙間に水分が引き上げられる現象)を引き起こして内部に水が溜まり、雨漏りすることがあります。
泉南市の屋根にタスペーサーを挿入!
塗料で塞がったスレートの隙間を切る作業のことを「縁切り」といい、「タスペーサー」は塗装前に縁切りができる部材になります。タスペーサーをスレートの隙間に挿入してから塗装すると、隙間が確保されて塗料で埋まることはありません。T様邸の屋根にも、一定間隔でタスペーサーを挿入させていただきました。
スレートの劣化が進み、反りがひどい場合はタスペーサーを入れても抜け落ちてしまうため施工できないことがありますが、スレートが反っていると隙間があいている状態ですので、塗料で密閉されることは少ないので大丈夫です。
泉南市の屋根を中塗りで色付けします
下塗り後、タスペーサーを挿入し、中塗りの工程に入ります。
下塗りは下地を調整する工程で、中塗りと上塗りはお好みの色で着色し、丈夫な塗膜を形成する工程になります。
その工程で、屋根の遮熱効果や防水効果などを加えることになります。
泉南市の屋根の板金も一緒に塗り込みます
各板金も同じように下塗り・中塗り・上塗りで仕上げます。
今回使用したのは日本ペイントのサーモアイSiです。
シリコン樹脂塗料で、耐久性があり、遮熱機能によって屋根に熱がこもるのを軽減できる塗料です。
泉南市の下屋も中塗り・上塗りで仕上げます
下屋も下塗りに続いて中塗り・上塗りで仕上げます。
下塗りは上に塗料を塗り重ねると見えなくなりますが、塗料を長持ちさせるための重要な工程です。中塗りと上塗りも屋根を守るという役割があります。ひとつひとつの工程を確実に行うことで、丈夫な塗膜が完成します。
泉南市の細合は刷毛で塗装します
板金とスレートとの間の隙間など、ローラーが入らない部分は刷毛を差し込んで塗り込みます。
屋根の上ですし、このような隙間は下から見えにくいですが、手を抜かず作業しています。
泉南市の屋根を上塗りで仕上げます
中塗り完了後、乾燥させてから上塗りします。
中塗りを乾燥させてから上塗りすることで塗膜が二重になり、厚膜に仕上がります。どんなにいい塗料を使用しても、規定の厚みがないと性能を発揮できませんので、2回塗りして仕上げました。
泉南市の屋根塗装で美しい屋根になりました
塗装完了後の屋根です。
色褪せた屋根が塗装により美しくなりました。美観性を向上させ、雨水もしっかりと弾いてくれます。
塗装の時期を過ぎて長い間そのままだと、スレート自体の劣化が進んで割れやすくなり、塗装でのメンテナンスができない状態に陥ります。定期的に塗り替えをすると長持ちしますので、将来設計を立てて塗装を組み込みましょう。

次は外壁塗装の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のスレート屋根を日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiで塗装

和泉市の塗装前の屋根
和泉市の塗装後の屋根
工事内容
破風板板金巻き工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント・サーモアイSi(下塗り材・サーモアイシーラー)外壁・・ダイフレックス・アーバントーン ガルバリウム鋼板 
築年数
約38年
建坪
約45坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場・約35万円 屋根・約57万円 外壁(付帯部含む)・約177万円 板金工事・約32万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・5年
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉南市のトイレの壁にカビが発生!雨漏り修理を行いました!

泉南市のトイレの壁に雨漏りでカビが発生
泉南市の雨漏り修理後内装も改修
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プラスターボード・クロス
築年数
約23年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約8.9万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の外壁を塗装します

和泉市で行った外壁塗装工事のご紹介です。前回の記事でスレート屋根の塗装の様子をご紹介しました。◆◇◆ F様邸の情報 ◆◇◆◆ 築38年◆ 木造・二階建て◆ 屋根はスレート葺き・外壁はモルタル塗装仕上げ

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市Y様邸の外壁塗装

岸和田市Y様邸の外壁塗装が完了したので付帯部分の塗装を行いました。築26年が経過し、今までに外壁を一度塗り替えられていて、今回で2回目のメンテナンスになります。◆◇◆ Y様邸の情報 ◆◇◆■ 築26年■ 鉄骨造・3階建て■ スレート葺きの屋...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747