オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

熊取町の台風でオレンジの釉薬瓦が大量に飛散し修復工事を行います


熊取町で「台風で屋根の瓦がめくれたので修理をしたいのですが、他業者で見積もりを取ったら思いのほか費用が大きかったので、相談にのってもらえませんか?」とのご相談で、現地調査を行いました。
熊取町で台風で屋根の瓦が飛散しました
M様邸の屋根はオレンジの釉薬瓦で、台風の強風で地瓦が大量に飛散し、降り棟も崩れている状態で、ブルーシートで応急処置されていました。
他業者の方には屋根の葺き替えの提案をしていただいたそうですが、ご相談の結果、被害箇所を修復して、今後の台風に備えて補強することになりました。
今回は、被害箇所の現況をお伝えします。
熊取町で足場を設置しました
作業で必要な足場を建てさせていただきました。

M様邸は、降り棟(軒先方向に降りる棟)を3カ所修復する必要があり、軒先部分の工事が危険ですので全周に足場を組みました。また、今後の台風に備えて屋根全体を補強するにあたり、被害を受けやすい軒先瓦も範囲に入っていますので、安全に作業を行うためにも足場が必須です。
熊取町の降り棟が崩れています
M様邸は屋根をしっかりと養生されていたので、現地調査の時にすべてめくらずに調査しました。(完全にめくると時間がかかりますし、雨漏りしたらいけないので)
足場を建てて工事にかかった時にシートを外しました。
シートをめくると、崩れた降り棟が姿を現しました。降り棟の先に施工している鬼瓦も落下したそうです。
熊取町の地瓦が大量に飛散し割れています
崩れた降り棟の横の地瓦が大量に飛散していました。
よく見ると瓦が割れている箇所もたくさんありました。

地瓦とは、屋根面で使用する瓦のことです。屋根面は、雨水が流れ落ちる面ですので、瓦が割れたりめくれることがあると雨漏りする危険性があります。
下地の葺き土もむき出しのままでは雨で流れてしまいますので、シートで処置されていて良かったです。
熊取町の軒先の瓦も飛散
軒先瓦も飛散していました。
軒先瓦は字の通り屋根の軒先で使用される瓦のことで、水が切れやすいように垂れ(垂直に降りる面)が付いています。
軒先瓦は屋根の先にありますので、ズレたり動くことがあると、下に落下してしまいます。また、風の影響も受けやすい部分ですので、復旧の際にはしっかりと固定させていただきます。

熊取町の降り棟が下にズレています
屋根の頂点にも横方向の水平棟があり、そこには被害はありませんでしたが、降り棟に被害が集中していました。
ぱっと見た感じ、異常はなさそうに見えますが、のし瓦(黄色い点線部分)の間に隙間があいており、棟が下にズレていることが分かります。この棟も動いている部分をめくって積み直します。
熊取町の降り棟を3カ所修復します
こちらの降り棟も、シートをめくると崩れていました。
4カ所あるうちの3カ所の降り棟を修復します。
降り棟は屋根面と屋根面との取り合いを雨仕舞している箇所ですので、雨が内側に入らないように瓦を積まなくてはいけません。瓦の勾配が悪いと雨水を内側に呼んでしまい、雨漏りの原因になることがありますのでデリケートな部分です。
熊取町の雨樋に砂が溜まっています
屋根の応急処置で使用していた土のう袋が劣化して破れて、中の砂が流れ出て樋の中に溜まっていました。
樋は工事中にきれいに清掃させていただきますのでご安心ください、
熊取町の庇の瓦も飛散
M様邸は窓の上の庇にも屋根と同じ瓦を使用しています。
庇の軒先瓦も1枚飛散していたので、工事の際にきちんと復旧します。
熊取町のベランダの庇も傷んでいます
M様邸はベランダの上にも大きな庇があり、アスファルトシングル葺きです。
アスファルトシングルとは屋根材の一種で、ガラスの基材にアスファルトを染み込ませて、表面に細かい石の粒を吹き付け接着しています。軽量で耐震にも優れていますが、薄いシート状の屋根材ですので、強風に煽られると剥がれてしまうことがあります。M様邸の庇は経年で劣化が進んでいましたが、この部分はご自身で修理されるとのことで今回は修理項目に入っていません。

屋根瓦のストックが数枚あるとのことで、それらを使用させていただき、不足分をご用意し、修復工事を行いました。

次は地瓦と軒先瓦の修復の様子をご紹介します。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のガレージの割れた波型スレート(大波)を部分的に交換!

和泉市のガレージの屋根破損状況
和泉市のガレージの屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
倉庫
使用素材
波型スレート(大波)・傘釘・角棟役物
築年数
約25年
建坪
約10坪
保証
2年
工事費用
約6万円
施工事例

和泉市の台風被害に遭った瓦屋根を修理して自然災害に備えました

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
葺き土・釉薬瓦・銅線・シーリング・漆喰
築年数
約32年
建坪
約16坪
保証
2年
工事費用
約56万円(税込・足場代含む)
施工事例

阪南市の屋根のスレートが強風で飛ばされ修理工事を行いました!

阪南市の強風で剥がれたスレート
阪南市の強風で剥がれたスレートを差替え
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミュー株式会社/化粧スレート・コーキング
築年数
約13年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約3.5万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の屋根と外壁塗装のビフォーアフターを施工事例でご紹介!

熊取町の化粧スレートの屋根
熊取町の屋根の板金もきれいになりました
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・ニッペ(日本ペイント)サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス、アーバントーン
築年数
築18年
建坪
約19坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場費用・約20万円 屋根塗装・約39万円 外壁塗装・108万円 シーリング打ち替え・25万円(税込)
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の屋根の瓦が軒先方向にズレています

貝塚市にお住まいの方で雨が降ると天井裏から「ポタポタ」という雨音が聞こえてきて心配されている方はいますか?貝塚市にお住いのF様より「雨が降ると、天井裏からポタン・ポタンという雨の音が聞こえてくるんです」というご相談をいただいたので早速雨漏り...........

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747