岸和田市の屋根の漆喰塗り替え工事で鬼瓦の取り合いの漆喰がきれいに!


岸和田市の鬼瓦の漆喰が剥がれています
岸和田市の屋根漆喰塗り替え工事のご紹介です。
K様は以前、別の業者の方に屋根を点検してもらった時に、屋根の鬼瓦のところの漆喰が剥がれていると報告を受けて、それ以降、雨漏りするんじゃないかと心配されていたそうです。
現在雨漏りは発生していませんが、二階にはご高齢のお母様の寝室があるので雨漏りしてきたら大変なので、もう一度点検して修理してほしいとのご依頼でした。

岸和田市の屋根の4カ所の漆喰を塗り替えます
お話の通り、現地調査では鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれている箇所が確認できましたが、同時に棟(屋根の頂点の水平部分)に施工している漆喰も同じように傷んできており、ごっそりと剥がれている箇所もありました。
棟の漆喰をすべて塗り替えるとなると、工事範囲が広くなり、費用も大きくなってしまいます。また、現在は雨漏りしていないので、今回は鬼瓦の取り合いの漆喰の塗り替えのみの工事を行うことになりました。
堺市中区で使用する屋根漆喰です

漆喰は瓦の隙間を埋めたり、瓦と瓦を固定する役割があります。漆喰は瓦と同様に雨風や紫外線、寒暖差などの影響を受けていますので、月日と共に劣化していきます。漆喰の劣化が進むとひび割れが発生してポロポロと剥がれてきていしまいます。漆喰が剥がれるということは瓦の固定力が弱くなっていることと同じですので、ずれが生じたり落下する可能性があります。漆喰が剥がれたり瓦のずれが生じる前に定期的に塗り替えると屋根が長持ちします。
岸和田市の屋根の既存の漆喰を撤去します
先ほどもお伝えしましたが、漆喰が健全な間は密着力がありますが、風化すると剥がれてきます。
今回のように漆喰が傷んで剥がれてきている場合は既存の漆喰をすべて剥がしてから新しい漆喰を塗らないと、うまく密着しません。
岸和田市の鬼瓦の既存の漆喰撤去完了
既存の漆喰の上に新しい漆喰を塗り重ねると、下にある漆喰が剥がれてきている状態ですので、やがて下の漆喰ごと剥がれてしまいます。
このことから、漆喰の塗り増しは見た目はきれいに見えますが耐久性に劣ってしまいます。
岸和田市の鬼瓦の取り合いの漆喰を復旧します

既存の漆喰をきれいに剥がしてから新しい漆喰を塗ります。
今回は屋根の鬼瓦の取り合い計4か所を塗り替えます。

鬼瓦の取り合いに施工している漆喰がひび割れたり剥がれてくると、そこから雨水が浸入して雨漏りに繋がることがありますので、必ず補修が必要です。

水を加えてよく練った漆喰を塗って復旧します。
岸和田市の鬼瓦の取り合いに漆喰を厚く塗って仕上げます

鬼瓦の取り合いには隙間があり、その部分から雨水が浸入するのを抑えないといけないので、漆喰を厚めに塗って仕上げます。
漆喰はもともと吸水性がありますので、多かれ少なかれ水を吸い込みます。ですので、厚めに塗って水の浸入を抑えつつ、瓦をしっかりと固定します。
岸和田市の鬼瓦の取り合いの漆喰に少し角を付けて整えました
漆喰を塗って、少し角を付けて整えました。
これで、鬼瓦の取り合い部の漆喰塗り替え完了です。このように合計4か所塗り替えさせていただきました。
岸和田市の鬼瓦の漆喰復旧一カ所目
鬼瓦の漆喰塗り替え1カ所目です。
奥に見えている屋根の、鬼瓦の取り合いの漆喰も塗り替えます。
岸和田市の鬼瓦の漆喰復旧2カ所目
2カ所目の施工状況です。
1カ所目の写真の奥に見えていた屋根の塗り替え状況です。
岸和田市の鬼瓦の漆喰復旧3カ所目
3カ所目の施工状況です。
背景の違いで施工箇所が判別できますので、このように写真を撮って、工事完了後に分かりやすくお客様にご説明させていただきます。
岸和田市の鬼瓦の漆喰復旧4カ所目
4カ所目の施工状況です。
鬼瓦の反対側は漆喰を塗らないと下地の土が丸見えになりますので、漆喰を塗り重ねて厚塗りし、形を整えて仕上げます。
岸和田市の鬼瓦の先の漆喰も復旧します
鬼瓦の先にある棟の冠瓦(一番上に被せる瓦)の下の漆喰も剥がれていたので、新しい漆喰を塗って復旧しました。
これで、鬼瓦取り合い部の漆喰塗り替え工事が完了です。
続いて、棟の漆喰の補修も行いました。
岸和田市の棟の漆喰が剥がれて土が流れています
現地調査で、棟の瓦を接着している面戸漆喰が一部完全に剥がれているのことが分かったので、その部分にも漆喰を塗って復旧します。
面戸漆喰が剥がれると、写真のように下地の土がむき出しになり、雨水と一緒に流れてきてしまいます。このような状態が続くと、雨漏りしたり棟の崩れの原因になります。
岸和田市の棟の漆喰を軽く触っただけで取れました
漆喰が浮いている箇所があったので、軽く触るとごっそりと取れてしまいました。
劣化して密着力が弱まった漆喰はちょっとした風でも剥がれてしまいます。
岸和田市の棟の漆喰が剥がれている箇所を復旧します
先ほどもお伝えしたように、傷んでいる漆喰の上から新しい漆喰を塗り足すと、またすぐに下にある漆喰と一緒に剥がれてしまいますので意味がありません。ですので、剥がれている漆喰のみ復旧しています。
また、棟の面戸漆喰を塗り足すと、漆喰が手前に出てきてしまうため、上にあるのし瓦から伝ってきた雨水が切れずに、漆喰が雨水を大量に吸い込みかえって雨漏りしてしまいますので、棟の漆喰工事を行う時には必ず既存の漆喰を剥がす必要があるのです。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の無料点検を行っております。
屋根のことで気になることがございましたらこの機会に是非無料点検をご利用ください。 

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の袖瓦を復旧します

岸和田市のK様より、台風で屋根の瓦が落ちるなど被害があったので、見積もりと修理をお願いしたい、とのご相談で現地調査を行い屋根の修復工事を行いました。K様邸は屋根の袖瓦(切妻屋根などの端に使用する瓦)が大量に飛散しており、棟の冠瓦の飛散や漆喰...........

岸和田市の降り棟を修復します!

岸和田市で台風で棟の瓦などが飛散したとのご相談で現地調査を行い仮養生(応急処置)させていただいたN様邸の屋根修復工事のご紹介です。

岸和田市の降り棟の瓦が飛散

岸和田市にお住いのN様より「台風で屋根の瓦が大量に落ちてしまったんです。修理もお願いしたいんですが、とりあえず応急処置だけでもしてもらえませんか?」とのご相談があり、現地調査後、シートで養生(応急処置)させていただきました。