オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町の台風被害に遭った瓦屋根の修理で地瓦と軒先瓦を復旧


熊取町の台風被害に遭った屋根の修理で今回は、地瓦と軒先瓦の修復の様子をご紹介します。
M様邸は去年の台風で地瓦や軒先瓦が大量に飛散し、降り棟が崩れるなどの被害がありました。
熊取町の地瓦と軒先瓦を復旧します
屋根の被害状況です。
台風の強風で地瓦と軒先瓦が大量に飛散していました。奥には降り棟が崩れているのも見えます。
地瓦は、屋根面で使用する瓦で、屋根に落ちた雨水が流れる面です。その瓦がこのようにめくれてしまうと、流れてきた雨水が内部に浸入する可能性が高くなり、雨漏りしてしまいます。
熊取町のM様邸で使用する瓦
M様邸で使用する瓦です。
前日に搬入してシートで養生していました。
工事当日、この瓦を屋根の上まで荷揚げして作業します。
熊取町の裏の屋根面の動いている瓦を表で使用
新しい瓦で復旧するとそこだけ目立ってちぐはぐに見えてしまいます。地瓦が大量に飛散した屋根面は表側で、道路からよく見えるため、裏の屋根面の動いている瓦をめくって、表の被害箇所で使用して復旧させていただきます。(裏の屋根面は新しい瓦で復旧します)
熊取町の土が痩せています
裏の屋根面で動いている瓦をめくると、下地の葺き土が痩せていました。
土葺きの屋根は粘り気のある土をのせて土に瓦を密着させて固定していますので、土が流れたり乾燥して痩せてくると瓦のズレや飛散の原因になってしまいます。
熊取町の土を足して新しい瓦で復旧します
痩せている部分に葺き土を足して、新しい瓦で復旧します。

葺き土は粘土に少量の石灰やスサを混ぜたもので、施工当初は粘り気がありますが経年で次第に乾燥してきます。

熊取町の見えない屋根面で新しい瓦を使用します
裏の屋根面の動いている瓦をめくり、葺き土を足して新しい瓦で復旧しました。
写真で見てわかるように、新しい瓦と既存の瓦の新旧の差が出てしまいます。表の屋根面は道路からよく見えるので美観性を踏まえてこのように修復させていただきました。
熊取町の屋根に土を足して瓦を復旧します
表の面の被害箇所の修復の様子です。

葺き土を足して、裏の屋根面で使用していた瓦で復旧します。既存の瓦を使用することで、修復箇所が分かりにくくなります。
熊取町の降り棟の際の瓦はカットして使用
台風で、降り棟(軒先方向に向かって降りる棟)も崩れました。黄色い点線部分が降り棟があった位置です。
降り棟との取り合い部分の地瓦は、棟の形状に合わせて斜めにカットして使用します。
熊取町の軒先の瓦を復旧します
続いて、軒先瓦の復旧の様子です。

軒先瓦は屋根の流れの一番下に施工する瓦のことです。屋根の先端にあることから、影の影響を受けやすい瓦です。
M様邸の軒先瓦も台風の強風で数枚落下して割れてしまいました。
地瓦の復旧と同様に、葺き土を足して軒先瓦を復旧します。
熊取町の軒先瓦を土に押し付けて密着させます
軒先瓦を葺き土に押し付けてしっかりと密着させて葺いていきます。
下地の葺き土が乾燥して痩せた瓦の上を歩くと「カタカタ」と瓦同士が当たる音が鳴って、瓦が動いていることが分かります。屋根の調査の時に瓦の上を歩くと、丈夫な屋根と劣化してきている屋根がある程度分かります。
熊取町の軒先瓦をビスで固定
軒先瓦は、風の影響を受けやすいですし、地震の揺れで瓦がズレると落下する危険性も大きいので、瓦に穴をあけて木下地に向かってビス留めさせていただきました。
これで落下する心配はありません。
熊取町の間の地瓦も復旧
軒先瓦と、上の地瓦との間の瓦も復旧します。
軒先瓦をビスで固定する際に、すぐ上の重なり合う瓦を葺いていると、ビス留めできないので、上の地瓦を葺く前に軒先瓦を葺いて固定しました。
熊取町の地瓦と軒先瓦復旧完了
飛散した地瓦と軒先瓦の復旧完了です。
軒先瓦は新しい瓦を使用しましたが、目立つ屋根面の地瓦は、既存の屋根の瓦を使用して復旧したので違和感なく仕上がりました。
最近は、強い勢力の台風が頻繁に上陸します。今後の台風に備えて、瓦同士をコーキングでつなげて固定する「ラバーロック」も行います。

次は崩れた降り棟の修復の様子をご紹介します。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の棟の銅線が切れています

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。この記事では棟瓦や屋根面の瓦の補強の様子をご紹介します。

雨仕舞について

泉佐野市の棟の一部積み直し工事です。S様邸は木造・2階建ての住宅で、土葺きの瓦屋根と板金屋根があります。板金屋根との取り合いにあたる棟の端に葺いている瓦の形状が複雑で、雨仕舞が悪く、棟内部に雨水が入り込む可能性があったので、一部解体して積み...........

泉佐野市の台風で屋根に被害が遭ったとのご相談

泉佐野市の屋根の現地調査の様子をご紹介します。。台風で瓦がズレたということで街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747