オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和泉市の台風で崩れた棟を修復し割れた瓦は差し替えました


和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。
Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんでしまいますので、崩れた部分のみ修復することになりました。棟のうち固定力が低下している瓦を切りのいいところまでめくり、新しい葺き土をのせて修復します。最低限の修理で、とのご希望でしたが、棟は屋根の高い位置にあり、風や地震の影響を受けやすいことから、最後にシーリングで瓦同士を繋いで補強させていただきました。

棟とは屋根の頂点の水平部分のことで、屋根面同士が合流する地点、すなわち屋根面同士の取り合い部になります。その隙間から雨水が浸入しないうように工夫して瓦を葺いています。
和泉市の崩れた棟を修復します
棟の被害状況です。
冠瓦とのし瓦が飛散し、崩れている状態です。

Y様邸の棟は四角いのし瓦を5段積み上げ、一番上に冠瓦を固定している形状です。
和泉市の棟の動いている瓦をめくります
今回は被害にあった部分のみの修復工事です。
棟の動いている瓦を含めて切りのいいところまでめくって積み直します。
棟の内側に雨水が浸入すると、雨漏りしたり、葺き土が流れて棟が崩れる原因になります。
和泉市の棟に葺き土を載せてのし瓦を積み上げます
新しい葺き土を間に挟んで、棟に落ちてきた雨水が棟の内側に入らず、軒先方向に流れるように屋根面の両側に四角いのし瓦を「ハの字」に積み上げます。
棟の葺き土が乾燥して痩せてくると、のし瓦の勾配が狂い、棟内部に雨水を呼んで雨漏りしたり、のし瓦が抜け落ちることもあります。
和泉市の棟に冠瓦を葺きます
現状復旧で、のし瓦を5段積み上げて一番上に冠瓦を葺きます。
のし瓦は高く積み上げるほど屋根が豪華に見えますが、高ければ高いほど風や揺れの影響を受けやすくなってしまいますので注意が必要です。
和泉市の棟修復完了
棟の修復完了です。

崩れた棟がきちんと整列し、きれいに仕上がりました。
棟の修理は、雨漏りしないよう瓦を積み上げなければならず、とてもデリケートです。街の屋根やさん岸和田店は熟練の屋根職人が作業しますのでご安心ください。
和泉市の棟をシーリングで瓦同士を繋ぎました
棟の補強で、シーリングを充填して冠瓦を繋いで固定させていただきました。
先ほどご説明しましたが、棟は風や揺れを影響をまともに受けてしまいますので、銅線を仕込んで固定されていることが多いのですが、Y様邸の棟は瓦を積み上げているだけの状態でした。今後の台風や地震のことを踏まえて、シーリングで補強しました。
和泉市の棟巴と袖瓦飛散
続いて飛散した棟巴及び袖瓦の復旧です。
棟巴とは、破風(はふ)の頂点に葺く役物瓦のことです。(破風とは、屋根の妻側の端のことです)先端が丸く、棟の端を隠せるように半丸の形状です。
袖瓦は、屋根の流れの一番端に葺く瓦のことで、台風の強風で2枚落下してしまいました。

和泉市の棟に銅線を巻いた釘を打ち込みます
既存の葺き土を撤去し、新しい葺き土を載せました。
破風の頂点に銅線を巻きつけた長いビスを木下地に向かって留め付けます。ビスに巻き付けた銅線を棟巴に通して固定するためのものです。
和泉市の袖瓦を固定
銅線を通した長いビスを仕込んでから、飛散した袖瓦を復旧しました。

和泉市の棟巴を固定
最後に棟巴を復旧しました。
葺き土を載せて、先に仕込んでおいた銅線を通してしっかりと固定できています。
棟巴は、屋根の棟の先端にあり、動くことがあると下に落下してしまい危険ですので、銅線で補強させていただきました。
和泉市の別棟も崩れています
別棟にも被害がありました。
台風の強風で瓦が飛散している状態です。
別棟はのし瓦を3段積み上げている形状です。
和泉市棟にのし瓦を復旧しました
新しい葺き土を載せて、のし瓦を3段積み上げました。
和泉市の別棟に冠瓦を積みます
一番上に冠瓦を載せ、粘り気のある葺き土に密着させて固定します。
冠瓦の形状は様々で、別棟は母屋よりも小さな屋根ですので、紐丸という瓦が使用されていました。
和泉市の別棟修復完了
別棟の修復完了です。
バラバラに飛散していた棟がきちんと整えられました。
和泉市の棟をシーリングで補強完了
母屋と同様に、シーリングで瓦同士を繋いで補強させていただきました。
Y様邸の修復工事は、被害箇所のみの修復です。屋根の工事は手を加えようと思えば際限なくできますので、ここで線引きをさせていただくことになりました。
和泉市の瓦のズレを戻します
瓦のズレがひどい箇所は戻しました。
向かって左にある棟の瓦もきちんと復旧しています。
和泉市の割れた瓦は差し替え
割れた瓦はすべて差し替えました。
Y様邸は古い瓦を在庫で保管されており、この工事で使用させていただきました。不足分は新しい瓦で復旧しています。
屋根の工事は予想以上に費用がかさんでしまうことがあります。まずはお預けさせていただくお見積り書を参考にご検討いただけたらと思います。

この工事の現場ブログ

和泉市の屋根の現地調査

2020/06/02/ 和泉市の平屋建ての屋根の棟瓦が飛散し下にある瓦も割れていました

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

和泉市の崩れた棟を修復します

2020/06/03/ 和泉市の台風で崩れた棟を修復し割れた瓦は差し替えました

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)
施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の板金が飛散し貫板も割れています

岸和田市の棟板金と貫板の交換工事です。台風で棟板金と貫板が飛散し、スレート(平らな板状の屋根材)も一部剥がれてしまいました。棟は屋根の上部の三角になった取り合い部のことで、二つの屋根面との隙間ができる箇所です。その隙間を埋めて屋根の仕舞をす...........

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

泉大津市の棟板金が飛散しています

泉大津市の台風被害に遭った屋根の修理です。Y様邸は屋根にスレート(平型の薄い屋根材)を葺いていて、棟に取り付けている板金が台風の強風で飛散してしまいました。また、下地の貫板も割れたり飛ばされている箇所があったのでこの工事で交換することになり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747