オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和泉市の洋風のS型瓦の棟包みが飛散しすべて積み直しました


和泉市の棟瓦修復工事のご紹介です。
M様邸は台風で棟の瓦が飛散し、テレビのアンテナも倒れてしまいました。また、飛散した瓦が下の屋根に落ちて瓦が割れる被害も発生していました。
和泉市の足場にはしごをしっかりと固定
今回の工事で外壁の塗装も行いますので、足場を全周に建てさせていただきました。
職人が屋根の上まで上がりやすいように、足場にはしごをくくり付けて固定し、作業開始です。
和泉市の洋風のS型の瓦
M様邸で使用するオレンジ色をした洋風のS型の瓦です。
名前の通り、S字型に波打っている形状で、洋風の建物の屋根で使用されています。
洋瓦には「セメント瓦」と「粘土瓦」があり、M様邸は粘土瓦です。

棟の被害状況

和泉市の棟を修復します
棟とは屋根の面が合流する取り合いの水平部分のことで、屋根面よりも高くなっていることから風の影響を受けやすい箇所です。
M様邸は棟の「棟包み・半円状のお椀のような瓦」が大量に飛散してしまい、下地の葺き土がむき出しの状態になっていました。
和泉市の棟の漆喰が剥がれています
かろうじて屋根に残っている棟包みは漆喰が剥がれ落ちていました。これでは、雨が降った時に土が流れ出て瓦が動いてしまいます。
洋風の屋根ですので、和風の瓦屋根の棟に施工している「のし瓦」は使用せず、棟包みだけの形状です。
先に瓦を固定する動線を通しておき、その上に葺き土をのせて瓦を密着させて、銅線で固定しています。
和泉市の屋根のアンテナが倒れています
台風の突風で屋根の上に設置しているテレビのアンテナが倒れていました。
テレビのアンテナが倒れて瓦が割れて雨漏りした、というご相談もたくさんございましたので、二次被害を引き起こす前に使用していないアンテナは撤去することをお勧めします。
和泉市のテレビのアンテナを撤去しました
M様邸はこのアンテナは使用していなかったので、早急に撤去させていただきました。
慎重に屋根の上から降ろして、産業廃棄物処理します。

棟瓦修復の様子

和泉市の棟に葺き土が残っています
屋根に残った棟瓦を一旦めくって積み直します。
漆喰は剥がれていましたが、下の葺き土はそのまま残っていました。この土は撤去して新しい葺き土を使用します。
和泉市の棟木に銅線を固定
ビスに銅線をくくり付けて、棟木(屋根の骨組みの頂点に施工する水平材)に向かってビス留めしました。
本来は、この動線を瓦の穴に通して固定するのですが、今回はこの上にもう一つ水平材を渡してそこに瓦をビス留めして固定します。
和泉市の棟に葺き土をのせて銅線で木下地を固定
葺き土をのせて、その上に水平材を密着させました。
先に垂木にビスを打って通しておいた銅線をこの水平材に巻き付けて固定します。
和泉市の棟に葺き土をのせて棟包みを固定
さらに葺き土をのせて、水糸(水平線を示すための糸)を張って棟包みを密着させます。
屋根に残っていた棟包みは使えますので復旧し、不足分はご用意していた瓦を使用します。
和泉市の棟巴も固定しました
和風の瓦屋根の場合、棟の先に鬼瓦と言う装飾瓦を取付けるのですが、洋風の屋根には鬼瓦を使用しません。
代わりに、棟巴と言う役物瓦を施工しました。
和泉市の棟瓦復旧完了
棟の復旧完了です。
この後、漆喰を詰めて棟包みを1枚1枚ビス留めし、瓦の継ぎ目にコーキングを充填して固定します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

泉佐野市の破風板と鼻隠し

泉佐野市の破風(はふ)と鼻隠し(はなかくし)の板金包み工事です。破風とは、屋根の妻側(雨樋が付いていない面)の端のことで、そこに取り付ける板のことを破風板と言います。対して鼻隠しとは、雨樋が付いている軒先部分のことで、雨樋の下地板としての役...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747