貝塚市の屋根修理で棟をコーキングと銅線で固定しました!


貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。I様邸は和瓦の屋根で、台風の強風で棟の一部が崩れてしまいました。棟には大棟、降り棟、隅棟などありますが、I様邸は大棟(一番高い屋根)の水平棟に被害がありました。
貝塚市の崩れた棟を修復します
棟の被害状況です。

銅線が切れて、冠瓦やのし瓦が飛散しています。

棟・・屋根同士の山上の取り合い部分
冠瓦・・棟の一番上に積む半月状の瓦
のし瓦・・四角い短冊状の瓦


貝塚市の棟の銅線が切れています
棟はのし瓦を数段積み上げるなど屋根面よりも高い位置にあることから地震の揺れや風の影響を受けやすい箇所です。そのため、今回の台風21号でも棟の被害のご相談がたくさんありました。
風や地震の影響で棟が崩れるのを防ぐために瓦ごとに銅線で固定しているのですが、I様邸はその銅線が切れてしまっていました。
貝塚市で冠瓦を積んで棟を復旧

今回は、棟の破損部分を修復する工事となりました。
棟をすべて解体して積み直すとより安心ですが、棟の工事は雨水は内側に入らないように瓦の勾配調整を行うなど、繊細な作業となりますので費用がかかってしまいます。
ですので、今回のように棟の一部が崩れただけで、他に問題がなければ被害箇所のみの修復を行うことがほとんどです。

瓦を密着させる漆喰をのせてから冠瓦を積みました。
貝塚市の棟の継ぎ目をコーキングで固定

今後の台風のことを踏まえて、棟の冠瓦の継ぎ目にコーキングを充填してしっかりと固定させていただきました。

このように繋いでおくと、瓦が動きにくくなり、飛散などを防止することができます。
コーキングが目立たないように、瓦の色に近いコーキングを使用しました。
貝塚市の棟を銅線で固定
棟を修復した後、瓦ごとに銅線を通して固定しました。
銅線も経年で緩むことがあります。銅線が切れなくても銅線が緩んで瓦が動く原因になりますので定期的に点検してもらうといいでしょう。
貝塚市の鬼瓦の取り合いの漆喰も詰め直しました
鬼瓦の取り合いの漆喰も剥がれていたので、既存の漆喰を剥がして新しい漆喰を詰め直しました。
鬼瓦の取り合いの漆喰は瓦同士を接着する役割もありますので、メンテナンスしておくと安心です。
貝塚市の動いていた袖瓦もコーキングで固定
屋根の袖瓦(屋根の三角になった面・ケラバで使用する役物瓦)が動いている箇所があったので、コーキングで接着しました。
貝塚市の別の棟も銅線で固定
I様邸は大屋根に棟が二つありますが、被害に遭っていない棟も今後のことを踏まえて、瓦同士の継ぎ目にコーキングを充填し、銅線を固定しなおしました。

棟瓦は雨水の浸入を防ぐ重要な役割があります。被害にあったまま放置せず、必ず修理しましょう。

次はテラスの波板の張り替えの様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町で袖瓦付近の瓦が飛散

泉北郡忠岡町のK様邸の屋根の補修工事のご紹介です。台風21号で1階と2階の天井に雨漏りが発生しました。雨漏り箇所の上の瓦が強風でめくれ上がり、飛散するなどして雨漏りしているようでした。K様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦で、再利用できる瓦は使用し、...........

忠岡町で台風で雨漏り発生

忠岡町で台風で雨漏りが発生したとのご相談があり雨漏り調査及び屋根の点検にお伺いしました。K様邸の屋根は和瓦で、台風の強風で瓦がめくれ上がり飛散してしまいました。

貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理

貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。I様邸は和瓦の屋根で、台風で棟の瓦が飛散し、近くに来ていた業者の方にシート養生(応急処置)してもらったそうですが、修理をしてくれる業者が見つからず街の屋根やさん岸和田店にお問合せいただきました...........