オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の屋根修理で棟をコーキングと銅線で固定しました!


貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。I様邸は和瓦の屋根で、台風の強風で棟の一部が崩れてしまいました。棟には大棟、降り棟、隅棟などありますが、I様邸は大棟(一番高い屋根)の水平棟に被害がありました。
貝塚市の崩れた棟を修復します
棟の被害状況です。

銅線が切れて、冠瓦やのし瓦が飛散しています。

棟・・屋根同士の山上の取り合い部分
冠瓦・・棟の一番上に積む半月状の瓦
のし瓦・・四角い短冊状の瓦


貝塚市の棟の銅線が切れています
棟はのし瓦を数段積み上げるなど屋根面よりも高い位置にあることから地震の揺れや風の影響を受けやすい箇所です。そのため、今回の台風21号でも棟の被害のご相談がたくさんありました。
風や地震の影響で棟が崩れるのを防ぐために瓦ごとに銅線で固定しているのですが、I様邸はその銅線が切れてしまっていました。
貝塚市で冠瓦を積んで棟を復旧

今回は、棟の破損部分を修復する工事となりました。
棟をすべて解体して積み直すとより安心ですが、棟の工事は雨水は内側に入らないように瓦の勾配調整を行うなど、繊細な作業となりますので費用がかかってしまいます。
ですので、今回のように棟の一部が崩れただけで、他に問題がなければ被害箇所のみの修復を行うことがほとんどです。

瓦を密着させる漆喰をのせてから冠瓦を積みました。
貝塚市の棟の継ぎ目をコーキングで固定

今後の台風のことを踏まえて、棟の冠瓦の継ぎ目にコーキングを充填してしっかりと固定させていただきました。

このように繋いでおくと、瓦が動きにくくなり、飛散などを防止することができます。
コーキングが目立たないように、瓦の色に近いコーキングを使用しました。
貝塚市の棟を銅線で固定
棟を修復した後、瓦ごとに銅線を通して固定しました。
銅線も経年で緩むことがあります。銅線が切れなくても銅線が緩んで瓦が動く原因になりますので定期的に点検してもらうといいでしょう。
貝塚市の鬼瓦の取り合いの漆喰も詰め直しました
鬼瓦の取り合いの漆喰も剥がれていたので、既存の漆喰を剥がして新しい漆喰を詰め直しました。
鬼瓦の取り合いの漆喰は瓦同士を接着する役割もありますので、メンテナンスしておくと安心です。
貝塚市の動いていた袖瓦もコーキングで固定
屋根の袖瓦(屋根の三角になった面・ケラバで使用する役物瓦)が動いている箇所があったので、コーキングで接着しました。
貝塚市の別の棟も銅線で固定
I様邸は大屋根に棟が二つありますが、被害に遭っていない棟も今後のことを踏まえて、瓦同士の継ぎ目にコーキングを充填し、銅線を固定しなおしました。

棟瓦は雨水の浸入を防ぐ重要な役割があります。被害にあったまま放置せず、必ず修理しましょう。

次はテラスの波板の張り替えの様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の老朽化した朝日ソーラーの太陽熱温水器を撤去した施工事例

貝塚市の太陽熱温水器
貝塚市の太陽熱温水器撤去完了
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング他
築年数
築39年
建坪
約23坪
保証
無し
工事費用
約6万円(太陽熱温水器撤去・システム用配管端部仕舞・瓦補強工他含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の棟の銅線が切れています

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。この記事では棟瓦や屋根面の瓦の補強の様子をご紹介します。

雨仕舞について

泉佐野市の棟の一部積み直し工事です。S様邸は木造・2階建ての住宅で、土葺きの瓦屋根と板金屋根があります。板金屋根との取り合いにあたる棟の端に葺いている瓦の形状が複雑で、雨仕舞が悪く、棟内部に雨水が入り込む可能性があったので、一部解体して積み...........

泉佐野市の台風で屋根に被害が遭ったとのご相談

泉佐野市の屋根の現地調査の様子をご紹介します。。台風で瓦がズレたということで街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747