貝塚市の台風で剥がれた棟板金と下地板の復旧でガルバリウム鋼板を使用


貝塚市の棟板金取り付けのご紹介です。
N様邸は2018年9月に発生した台風21号で棟の板金が飛散してしまいました。ご自身でブルーシートをかけて応急処置されたそうですが、その後の強風で剥がれてしまい、調査と応急処置をさせていただきました。修理のご提案をし、棟板金取り付け工事を行うことになりました。
貝塚市の棟に貫板と棟板金を固定します
棟とは屋根の頂点の水平になった箇所で、屋根同士の取り合いになります。そこには必ず隙間が生じますので、防水しないといけません。各屋根を構成している屋根材によって異なりますが、N様邸はカラーベストの屋根で、棟の仕上げは棟板金でした。棟部分に板金を被せて固定する工法です。台風の強風でその板金が飛散する被害に遭いました。

台風の後、応急処置のブルーシートが剥がれたので調査と応急処置をしてほしいとのことで、防水テープを貼って処置させていただきました。写真は応急処置後の様子です。
貝塚市で足場を設置
N様は「修理で足場を建てるなら屋根と外壁の塗装もしてほしい」とのご希望でしたので、塗装工事もできるように全周に足場を設置しました。
N様邸の屋根は急こう配ですので、屋根の修理や塗装する際に使用する屋根足場も設置しました。
貝塚市のガルバリウム鋼板の棟板金
N様邸で使用する棟板金と貫板です。
棟板金はガルバリウム鋼板という錆に強くて長持ちする板金で、最近では屋根や外壁材としても多く使用されている建材です。
貫板とは板金を固定するための下地の長い板のことです。
貝塚市の棟に貫板をビス留めします
貫板を屋根面の両側にビス留めして固定します。
棟板金を直接屋根面に向かってビス留めすると、ビス頭から雨漏りしてしまいますので、下地を設置してワンクッション置いてからそこに板金をビス留めします。
貝塚市の下屋にも貫板を取付けました
下屋の棟板金も飛散し、応急処置していたので、貫板と板金を復旧します。
写真は貫板を取付けた様子です。大きな屋根も小さな屋根も施工方法は同じです。
貝塚市の棟板金を横方向からビスでしっかりと固定
貫板を屋根面にビス留めしたと、その上に板金を被せて固定します。板金を固定する際は、横方向からビス留めすることがほとんどです。板金のてっぺんからビス留めすると、雨水を受けてビス頭から染み込む可能性があるため、横から固定しました。貫板に水が廻ると腐食して強度が低下し、ビスが効かなくなり強風で飛散する可能性があります。
貝塚市の板金の継ぎ目にシーリングを充填して防水
棟は長さがありますので数枚の板金を繋げて取付けます。
板金同士の継ぎ目から雨水が浸入するのを防ぐためにシーリングを充填して防水しました。
貝塚市の板金の上にもシーリングを充填して防水
板金を固定し、継ぎ目の上にもシーリングを充填して二重に防水しました。
継ぎ目にシーリングを充填すると、防水の他、板金がバラバラに飛散するのも防ぐことができます。
貝塚市の板金のビス頭にもシーリング充填
板金を固定しているビス頭にもシーリングを充填して防水しました。
ビス頭にシーリングを充填すると、ビスが緩んでぬけてくるのも防ぐことができます。
貝塚市のケラバ部も板金で覆いました
棟の先端のケラバ部分(屋根の三角になった端)は、板金を折り曲げて固定し、継ぎ目にシーリングを充填して防水しました。
貝塚市の下屋の板金も復旧しました
下屋の棟にもガルバリウム鋼板の棟板金を取付けて復旧しました。
継ぎ目やビス頭にシーリング充填して完了です。
貝塚市の棟板金取付完了
大屋根(一番高い屋根)の棟板金復旧後の様子です。
端から端までガルバリウム鋼板で覆い、しっかりと雨仕舞できました。
昔施工された板金はビスではなく釘留めされていることがほとんどです。釘の場合、錆びついたり、揺れや風の影響で少しづつ抜けてきてしまいます。釘が緩むと少しの風でも板金が飛散する危険性がありますので、10年以上点検されていない場合は、一度ご相談ください。

N様邸は同時に屋根や外壁の塗装も行いました。次は外壁の調査の様子をご紹介します。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の台風被害の調査にお伺いしました

泉佐野市のM様より「台風で屋根とかカーポート、雨樋に被害があったんですが、まだ誰にも見てもらってないんです」とのご相談があり、現地調査にお伺いしました。

貝塚市の棟板金が飛散しています

貝塚市M様邸の台風被害に遭った屋根の修理です。M様邸はカラーベストという平らな屋根材を葺いた屋根で、台風時の強風で棟に施工している板金がほとんど飛ばされてしまいました。また、カラーベストとその下にある防水シートも一部剥がれてしまい、ブルーシ...........

貝塚市の棟板金とカラーベストのご相談

貝塚市のM様より「台風で屋根に被害があり、何とか自分でブルーシートをかけたんですが、そのシートも剥がれてきて3か月くらい経つんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747