オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町の土葺きの屋根の棟が崩れて瓦も多数割れていました


熊取町にお住いのN様より「台風で屋根の瓦が落ちて雨漏りしたんです」とのご相談があり、現地調査にお伺いしました。
N様邸は土葺きの瓦屋根で、棟瓦が飛散したり、漆喰が剥がれる被害に遭いました。
熊取町で瓦が落ちて雨漏りしたとのご相談です
台風の時に雨漏りしたので、応急処置をしてもらおうといくつかの業者に連絡しましたが、どこも忙しく来てくれなかったので、ご自身で屋根に上がってブルーシートをかけて養生されたそうです。その後、雨漏りが止まったので、頃合いを見て街の屋根やさん岸和田店にご相談いただきました。
熊取町の和室の天井に雨漏りしています
雨漏りしているのは2階にある和室の天井です。
天井から雨水が浸入し、壁まで伝ってきたそうです。

雨水が入る量が多い場合は、壁を伝った雨水が滝のように流れてくることがあります。皆さんタオルを敷いて処置されていますがすぐにビショビショになるくらい雨が入ることもあります。
熊取町の屋根をきちんと養生されています
屋根に上がって確認すると、被害箇所にブルーシートを張ってきちんと養生(保護)されていました。
N様邸は雨漏りしたので、養生をめくって万が一雨漏りするといけませんので、見える範囲で調査を行いました。幸い、被害当時の写真を撮影されていたのでその写真も参考に点検しました。
熊取町の冠瓦が飛散しています
N様が撮影された被害当時の写真です。棟の瓦が飛散して屋根の上に落ちています。この部分にブルーシートを掛けられていました。

棟とは屋根面と屋根面の頂点の取り合い部分のことで、雨水が入らないように処置されています。土葺きの屋根の場合、両側の屋根面に平らなのし瓦を数段積み上げて一番上に半丸の冠瓦を被せて固定して仕舞しています。雨水が入らないようにのし瓦に勾配を付けて積み上げていますので、その部分が崩れると雨水が浸入してしまいます。
熊取町の巴瓦もめくれています
棟の端に施工している棟巴もめくれて屋根の上に残っていました。
棟巴は屋根のケラバ(三角になった端の部分)の頂点を雨仕舞していますので、このようにめくれてしまうと雨水が浸入し、下地の土が流れてケラバの瓦がズレる可能性があります。
熊取町の鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれています
鬼瓦の取り合いに詰めている漆喰も剥がれていました。
漆喰は瓦の隙間を埋めて瓦同士を繋ぐ役割がありますので、剥がれてしまうと瓦が動きやすくなりますし、隙間から雨水が浸入して雨漏りの原因になることがあります。漆喰は屋根の耐久性を確保するために必要ですので、定期的なメンテナンスをお勧めします。
熊取町ののし瓦がずれています
下屋(下の屋根)の棟の、のし瓦も横方向にズレていました。
のし瓦は雨水を下に流すための瓦ですので、バランスが崩れると棟の内側に雨水が廻ってしまい、雨漏りの原因になります。
熊取町の下屋の水切り板金が浮いています
漆喰の剥がれは数カ所で発生していました。また、壁際に取付けている、壁際水切りが風に煽られて浮き上がっていました。雨仕舞の板金が浮き上がると、吹き降りの雨の時に隙間から雨水が浸入してしまいます。
屋根の内側に雨水が入るということは、雨漏りする可能性があるということですので、適切な処置をしないといけません。
熊取町の軒先のまんじゅう瓦が割れています
庇のまんじゅう瓦(軒先瓦)も割れていました。
このように、屋根の広範囲にわたって瓦が割れたり漆喰が剥がれたりと被害が点在していたので、修理の際は足場を周囲に建てさせていただくことになりました。
熊取町の2階のテラス屋根の波板が飛散
二階のテラスの波板も飛散していました。
応急処置をするときに、この隙間にはしごをたてて屋根の上に上がったそうです。
屋根の上では何が起こるか分かりません。落下して怪我をしたら元も子もありませんので、できるだけ上がるのは控えましょう。
N様邸の工事は、棟の動いている瓦を仮撤去して積み直し、傷んでいる漆喰も詰め直します。また、今後の災害のことを踏まえて屋根全体の瓦をコーキングで繋いで補強することになりました。

次は工事の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の1階の和室の天井に雨漏り発生

貝塚市のH様より「1階の和室の天井に雨漏りしてるんです。急だったので驚いて・・・」とのご相談をいただき、雨漏り調査を行うと、雨漏りしている和室の上にある下屋のスレートが数枚割れている状態で、雨漏りの原因の可能性があることから、シーリングで補...........

貝塚市の雨漏りの現地調査にお伺いしました

雨が降った日に、急に雨漏りが発生して慌てた経験はありまんか?天井裏で「ポタポタ」と雨音がしたり、天井に雨染みができるととても心配になるかと思います。この記事では、急な雨漏りでお困りだった貝塚市H様邸の雨漏り調査の様子をご紹介します。

岸和田市の棟板金と貫板が飛散しています

岸和田市で台風被害に遭った棟の修理工事を行いました。M様邸では以前、出窓の雨漏り修理をさせていただいたことがあり、今回は2回目のご相談になります。「前に雨漏りをきちんと止めてくれたし親切だったので、今回もお願いしようと思ったんです。やっぱり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747