オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

貝塚市の雨漏り調査で棟ののし瓦の勾配が悪いことが分かりました


貝塚市の雨漏りの現地調査です。2階の部屋内に雨漏りが発生し、雨漏り専門の業者に依頼して見てもらったそうですが、その時に「瓦の下地が悪いのかもしれないので、屋根やさんに相談してみてください」と言われ、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。雨漏りしているお部屋の押入れから小屋裏を確認すると、棟木が濡れて下に伝っている跡があり、雨水が浸入したのは棟の可能性があると判断し、屋根を確認しました。M様邸の屋根は土葺きの立派な瓦屋根で、棟にはのし瓦を7段積み上げている形状です。
貝塚市の和室の天井に雨漏りしています
雨漏りしているのは2階の和室の天井です。
天井に雨染みが残っていました。
貝塚市の押入れの天井も濡れています
同じ和室の押れの天井はもっと濡れている状態でした。
雨漏りは1か所だけでなく、2カ所で発生しています。
貝塚市の棟木が濡れています
和室の押入れの天袋から小屋裏を確認すると、棟木が濡れて、下に雨水が伝っていました。

棟木とは、屋根の一番高いところに用いられる水平材のことで、棟木を取付けることを棟上げ、または上棟と言い、その時に上棟式を行います。

棟木が濡れているということは、屋根の頂部である棟から雨水が入っていることを表しています。
貝塚市の和室の天井板まで達しています
棟から入った雨水は、屋根の小屋組の木部を伝い、和室の天井板まで達していました。
部屋内から見るよりも雨染みの範囲が広く、たくさんの雨水が浸入したことが伺えます。
このように、目に見えるところには出てこなくても、見えない部分でひどい雨漏りをしていることがありますので、雨漏りを確認したら業者に相談しましょう。
貝塚市の立派な瓦屋根です
棟に雨漏りの原因の可能性があるとの見解で、屋根に上がって調査をさせていただきました。
M様邸の屋根は土葺きの瓦屋根です。美しいいぶし瓦を葺き、棟にはのし瓦段積み上げた立派な屋根です。
見たところ、瓦のめくれや破損、ズレなどはなく「丈夫な屋根」という印象です。
屋根の上を歩いても瓦が動くことはなく、しっかりとしていました。

棟は屋根の頂点の水平部分のことで、二つの屋根面との取り合いで隙間があります。その隙間を覆うようにのし瓦と冠瓦を葺いて雨仕舞(雨水が内部に浸入しないようにすること)しています。
貝塚市の棟の内側に雨水が入った形跡があります
棟を確認すると、棟の内側に雨水が浸入した形跡がありました。黄色い矢印部がそうです。

これは、棟の内側に浸入した雨水が漆喰の取り合いから出てきている状態です。
貝塚市の棟の内側に入った雨水がアクと一緒に出てきています
瓦の外側に雨水が流れているだけなら、このように黒い筋はでません。これは、雨水に葺き土の成分が混ざって流れ出たアクの跡ですので、棟の内側、瓦の下に雨水が廻らないと筋が残りません。
岸和田市の棟に苔が生えています
雨漏りしている和室の上にある棟部分を確認すると、漆喰に苔が生えていました。苔が育つ環境は水分と少しの日光です。したがって日当たりが悪い部分に苔が生えます。漆喰の表面が濡れても日光によりすぐに乾燥しますが、棟の内側は日光が直接当たりませんので、水が廻ると葺き土が乾かず湿っている状態が長く続きます。そうすると漆喰の内側の湿気の影響で苔が生えることがあります。苔は水分を含みますので、汚れが付着しやすくなりますし、屋根にとっていい影響を与えません。

貝塚市ののし瓦を雨水が屋根面へ流れるように葺かないといけません
棟に落ちてきた雨水は、一番上の冠瓦にあたり、下に流れていきます。その時に屋根面に雨水が流れるよう(黄色い矢印のように)に四角いのし瓦に勾配を付けて葺くのが通常です。分かりやすくお伝えすると、屋根の頂点を中心にのし瓦をハの字に葺いています。
貝塚市ののし瓦の勾配が悪い可能性があります
雨水を屋根面に流すのし瓦の勾配が悪いと、棟の内側に雨水を呼んでしまいます。極端に言うと、のし瓦が棟の内側を向くということです。
M様邸の棟ののし瓦は、7段積み上げていますので、勾配を付けるのが難しく、水平に近い状態でした。雨の量が多い時には、棟の内側に雨水が入ってしまいます。
貝塚市の棟を積み直します
M様邸の雨漏りを止めるためには、棟を一度解体し、積み直さないといけません。
瓦がズレたり、破損している場合は雨漏りの原因が分かりやすいのですが、M様邸のように棟の積み方に問題がある場合は、なかなか原因をつきとめることができないことがあります。
実際に、街の屋根やさん岸和田店にもそのようなご相談がありました。雨漏りの原因が分からず、長い間雨漏りに悩まされていて、確認させていただくと棟の勾配に原因があった事例があります。その時は棟の積み直しを行い、ピタリと雨漏りが止まりました。

M様にも棟の積み直しをご提案し、工事をさせていただくことになりました。

雨漏りの原因が分からずお困りの方は街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。

次は棟の積み直しの様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)
施工事例

和泉市の波型スレートの上にエポライト波板を張り傘釘も防水!

和泉市の倉庫の屋根の明かり窓の上にエポライトを取付けます
和泉市の倉庫の屋根の波型スレートの下に差し込みました
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
エポライト波板・スレート傘釘・シーリング
築年数
建坪
保証
なし
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

和泉市の引っかけ桟瓦葺きの屋根の修理工事を行いました!

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
セメント瓦・いぶし瓦・漆喰・シーリング
築年数
約39年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・22.4万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の雨漏り修理で厚型スレートのひび割れをシーリングで補修!

貝塚市のひび割れた厚型スレート
貝塚市のひび割れた厚型スレートをシーリングで補修
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
シーリング
築年数
約19年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
約3.3万円(税込み)
施工事例

貝塚市の強度が低下した木製テラス屋根の入替工事をご紹介!

貝塚市の劣化が進んだテラスの波板
貝塚市の劣化が進んだテラスの入替完了
工事内容
台風
使用素材
テラス本体木材・ポリカ波板(800mm×5枚)・傘釘・雨樋
築年数
約42年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約8万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏り修理で棟瓦の積み直し工事を行いました!

貝塚市の棟瓦積み直し前
貝塚市の棟瓦積み直し後
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード・葺き土・銅線・シーリング
築年数
約29年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約63万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

街の屋根やさん岸和田店がプロの目線でご提案

  和泉市K様邸の台風被害に遭った屋根の修理の様子をご紹介します!  「3年前の台風で屋根に被害を受けたんですが、当時業者に相談したところ、想像以上に修理費用が上がってきたので、修理を見送っていたんです。いつま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747