熊取町の棟を一部積み直し太い銅線を通してしっかりと固定!


熊取町の台風被害に遭った屋根の修理工事で今回は、崩れた棟の一部積み直しの様子をご紹介します。
熊取町の屋根の土のうが破れて草が生えています
N様邸は台風の突風で棟(屋根の頂点の水平部分)の瓦が飛散してしまいました。
台風の時に雨漏りしたのでご自身で屋根にブルーシートを張って応急処置されていましたが、工事までの期間にブルーシートの上にのせていた土のう袋が破れて、草が生えていました。
土のう袋は永久的ではなく、外気の影響で必ず破損します。応急処置してから月日が経ち、土のう袋が破れて中の土が流れ出てパラパラと落ちたり、ブルーシートが破れて風でばたつく、というご相談もあります。ですので、応急処置はあくまでも応急的なものですので、必ず修理工事を行いましょう。
熊取町の棟の銅線が切れて瓦が飛散
応急処置の土のうとブルーシートを撤去すると、飛散した棟の冠瓦(棟の一番上にのせる半丸の瓦)を重ねて置いていて、崩れた棟が露になりました。
棟は風や揺れの影響をまともに受けますので、銅線で固定されていましたが、その銅線が切れて瓦が動いてしまったようです。
熊取町の屋根の流れた葺き土などを清掃
屋根の上にまとめて置いていた冠瓦を一旦もとに戻し、屋根の上に散らばった葺き土をきれいに掃除しました。
冠瓦は上にのせているだけなので、この後、きちんと固定する工事を行います。
熊取町の冠瓦とのし瓦を2段めくりました
N様邸は四角いのし瓦を棟に5段積み上げていました。
棟をしっかりと固定するために、冠瓦とのし瓦を2段仮撤去しました。
熊取町の棟に銅線を通したビスを木下地に打ち込みました
続いて長いビスに銅線を巻き付けて、棟の下にある木下地に向かって留め付けました。棟から飛び出している銅線で棟瓦を包んで固定します。
熊取町の鬼瓦も太い銅線で固定しなおし
鬼瓦は重量がありますので、傾いたり落下すると大変危険です。そのため、鬼瓦も銅線で固定されていましたが、既存よりも太い銅線を通して固定しなおしたので安心です。

熊取町の棟に葺き土を間に挟んでのし瓦を積み上げました
銅線を通してから、新しい葺き土を間に挟みながらのし瓦を積み上げました。
のし瓦は雨水が屋根の下に流れるように勾配を付けて積まないといけません。勾配がうまく取れていないと、雨水を棟の内側に呼んでしまい、雨漏りすることがあります。
熊取町の棟に銅線を通して冠瓦を密着させます
のし瓦を積み上げて、その上に葺き土をたっぷりと載せました。一番上にかぶせる冠瓦にはもともと穴が開いていますので、そこに銅線を通してから葺き土に密着させ、最後に銅線をくるくると巻いて固定します。
熊取町の棟を銅線で固定しました
棟の瓦を復旧し、銅線でしっかりと固定しました。
下地の葺き土も新しく入れたので、しばらく瓦が動く心配はありません。
熊取町の棟をコーキングでズレや飛散を防止
近年は日本の各地で予想もつかない災害に見舞われています。地球の温暖化などの影響で、今後も何が起こるか分かりませんので、瓦の飛散を防止するために、瓦同士をコーキングで繋いで補強させていただきました。

次は袖瓦の固定などの様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町で窓枠から雨漏りが発生したとのご相談

熊取町の雨漏り調査です。台風で窓枠から雨水が滝のように流れてきたとのご相談です。N様邸は平屋建てで、屋根が化粧スレート、外壁はカラー鋼板を張った仕上げです。化粧スレートとは平らな薄い屋根材のことで、カラー鋼板とは表面を印刷加工された鋼板のこ...........

岸和田市の風雨被害の現地調査

岸和田市のM様より台風被害箇所のご相談をいただき現地調査にお伺いしました。M様邸は青い釉薬瓦の屋根で、数カ所で瓦のズレが発生していました。また、漆喰の剥がれもいくつか見受けられたので、漆喰工事と、飛散した瓦を復旧し、ズレを戻してコーキングで...........

阪南市の風雨被害のご相談です

阪南市のK様より「2年ほど空き家にしている家が、台風で屋根に被害が遭ったんです。処分しようと思っていたんですが、瓦が落ちてお隣の家に迷惑をかけているので、とりあえず修理しておこうと思っています」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747