オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町の棟の補修工事で葺き土を積んで銅線及びコーキングで固定


熊取町の風雨被害に遭った屋根の修理で今回は、棟の修復の様子をご紹介します。
棟とは、屋根の頂点にある水平部分のことを指し、屋根と屋根との取り合い部になります。そこにできる隙間から雨水が浸入しないように、また、雨水が下に流れるように瓦を積み上げて雨仕舞しています。屋根材によって、使用する棟の部材は異なり、板金やスレートなどを使うこともあります。
M様邸は陶器のいぶし瓦で、台風の強風で棟の瓦が一部飛散してしまいました。今後の台風にできるだけ備えるために、動きやすい冠瓦を一旦めくって固定しなおし、また、棟全体を太い銅線を巻いて補強しました。
熊取町で全面に足場を建てました
先に行った現地調査で、被害箇所が点在していることから、作業で使用する足場を全面に設置させていただきました。
屋根の工事には足場が必要になることが多く、特に軒先やケラバ(屋根の三角になった方の端)が工事範囲に含まれていると、足場がないと危険ですので工事ができない場合があります。
熊取町のM様邸で使用するいぶし瓦
M様邸で使用するいぶし瓦です。
代表的な粘土瓦にはいぶし瓦と釉薬瓦があり、いぶし瓦は素焼きしたあと蒸し焼きして瓦の表面に炭素膜を形成した瓦で、お寺や社寺などでも使用される味わい深い瓦です。釉薬瓦は釉薬(うわぐすり)をかけて焼いた瓦で表面がツルツルしているのが特徴です。

棟の修復の様子

熊取町の町の屋根の養生を撤去します
M様邸は台風の後に、屋根の瓦が落ちて割れやズレの被害があったので、ご自身で屋根の上に上がって被害が大きい箇所にブルーシートをかけて応急処置(養生)されていました。
まずはブルーシートや土のう袋を撤去します。
熊取町の瓦が飛散しています
応急処置のシートをめくると被害箇所が見えました。
棟の一番上に葺いている冠瓦が飛散し、その下にある四角いのし瓦も数枚ない状態でした。
熊取町の冠瓦を固定しなおします
同じ棟で、瓦は載っていますがズレている箇所もありました。
この部分は、強風に煽られて飛散した冠瓦が割れずに屋根の上に残っていたので、とりあえず元に戻して上からシートをかけていたそうです。
めくれてしまった瓦を戻しても葺き土が乾燥していて固定できないので、冠瓦を一旦めくって固定しなおします。
熊取町の棟の銅線を外して冠瓦を撤去
銅線を外して、冠瓦を仮撤去しました。
この上に新しい葺き土をのせて冠瓦を密着・固定します。

棟の瓦をすべて積み直すとなると、費用がかさみますし、M様邸の棟はまだしっかりとしていたので、冠瓦のみ固定しなおす方法をとります。
熊取町の瓦の復旧で葺き土をのせます
新しい葺き土をのせました。

葺き土は初めはこのように粘土のように粘り気がありますが、月日とともに乾燥してきます。また、雨の浸入で土が流れて痩せてくることもあります。そうすると、強風や地震が発生した時にズレや飛散の被害に遭う可能性が高くなってしまいます。
熊取町の棟の端から順に冠瓦を固定します
葺き土をのせて、端から順に冠瓦を密着させて固定していきます。
棟の高さは各住宅によって異なります。のし瓦と言う四角い瓦の段数で高さを調整することができ、昔は棟が高い方が豪華に見えるとされていました。また、棟が高い方が雨水が内側に浸入しにくい、という意見もあります。ですが、高く積み上げるほど風などの影響を受けやすくなってしまいます。
熊取町の棟を太い銅線で棟を固定します
棟は屋根よりも突き出ていますので風や地震の影響をまともに受けてしまいます。そのため、銅線やステンレス線などを通して固定されていますが、永久的ではないので切れたり緩んだりすることがあります。
今後の台風に備えて、太い銅線を使用して固定しなおしました。
熊取町の鬼瓦も固定しました
棟の端には鬼瓦と言う装飾瓦を取付けられています。
鬼瓦は重量があり、落下すると危険ですので、こちらも太い銅線でしっかりと固定させていただきました。
棟との取り合い部には隙間ができますので、漆喰を詰めて防水及び固定します。
熊取町の屋根の漆喰とコーキング
棟と鬼瓦との取り合いに黒い漆喰を詰めて(白もあります)、冠瓦の継ぎ目にはコーキングを充填してズレを防止しました。瓦と瓦をコーキングで繋ぐことにより、瓦がズレにくくなります。
熊取町の棟の修復・固定完了
棟の修復・固定完了です。
新しい葺き土や銅線、コーキングを用いて復旧させていただので、以前よりも頑丈な棟になりました。
棟は屋根の取り合いになりますので、その部分が崩れると雨水が浸入して雨漏りのリスクが高くなってしまいます。また、瓦を固定する役割もありますので、瓦がズレる原因になりかねません。
棟の異変に気付くことがあれば、できるだけ早めに業者に相談しましょう。




この工事の現場ブログ

熊取町で全面に足場を建てました

2019/10/02/ 熊取町の棟の補修工事で葺き土を積んで銅線及びコーキングで固定

熊取町の風雨被害に遭った屋根の修理で今回は、棟の修復の様子をご紹介します。棟とは、屋根の頂点にある水平部分のことを指し、屋根と屋根との取り合い部になります。そこにできる隙間から雨水が浸入しないように、また、雨水が下に流れるように瓦を積み上げ...........

熊取町のいぶし瓦の屋根の調査です

2019/10/01/ 熊取町の台風被害に遭った屋根を修理するために点検しました

熊取町の風雨被害に遭った屋根の現地調査にお伺いしました。M様邸は木造2階建て、土葺きのいぶし瓦の屋根で、台風の強風で瓦が数枚割れてしまったので修理かガルバリウム鋼板への葺き替えをご検討されていました。

熊取町の袖瓦を復旧

2019/10/03/ 熊取町の屋根の端の袖瓦の修復で動いている瓦もめくって葺き直しました

熊取町の袖瓦の補修及び固定のご紹介です。M様邸は土葺きの瓦屋根で、台風の突風で棟や袖瓦が落下し、地瓦が割れる被害がありました。袖瓦は切妻屋根のケラバ部分(雨樋が付いていない三角になった端)で使用される役物瓦のことで、雨水が切れるように「垂れ...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の波板を張り替えます

貝塚市の木製テラス屋根の入替です。N様邸は台風で屋根や外壁の板金がめくれたり屋根材が飛散するなどの被害を受けました。その時に古くなったテラスの雨樋も破損し、波板も一部めくれてしまったので、この工事で波板を張り替えることになりました。また、テ...........

貝塚市で台風で屋根に被害が遭ったとのご相談

貝塚市の台風被害箇所の現地調査です。平成30年に大阪に上陸した台風21号で屋根などに被害があり、業者に調査の依頼をしていたそうですが、なかなか来てもらえず、最近になって連絡すると「行けません」と断られたそうです。N様邸は木造の2階建てで、屋...........

岸和田市の袖瓦を修復します

岸和田市の戦前に建てられた平屋建ての住宅の屋根修理です。台風で棟や袖瓦が飛散したり、割れやズレの被害を受け部屋内に雨漏りが発生している、とのご相談をいただき屋根修復工事をさせていただくことになりました。この記事では飛散した袖瓦の修復や屋根の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747