岸和田市で屋根の棟板金が落下し雨漏りの心配をされていました!


岸和田市の屋根の点検
岸和田市のK様より「台風で屋根の端っこのトタンがとんでしまったんです」とご相談いただき、現地調査にお伺いしました」

K様邸の屋根はスレート屋根で、トタンとは屋根の棟板金のことでした。
岸和田市の屋根の板金の落下
台風がおさまってから表に出ると玄関先にこの板金が落ちていたそうです。

棟板金とは屋根の頂点の山状になった部分に被せて取付ける板金のことで、これが無いと瓦の内側に雨水が廻ってしまいます。
岸和田市の下り棟の板金が飛散

屋根に上がって確認すると、下り棟(軒先に向かって下りる棟)の板金が2枚落下していたことが分かりました。下地の貫板がむき出しになっています。

このままでは山状の隙間から少なからず雨水が入ってしまいます。
瓦の内側に雨水が入っても、下にルーフィングという防水シートがありますのですぐには雨漏りしません。(ルーフィングが傷んでいない場合)
ですが、ルーフィングを釘留めしている部分からじわじわと雨水が浸入することはあります。
岸和田市の板金を留めている釘が抜けてきています

棟板金は下地の貫板に向かって釘留めされていますが、強風や地震などの揺れの影響で月日と共に少しずつ抜けてくることがあります。
この釘が緩んでくると、板金が飛散しやすくなってしまいます。
次に棟板金を復旧する時は、釘は使わずに、錆びに強いステンレスのビスネジでしっかりと固定します。
もちろん既存の板金の緩んでいる釘は打ち直して、上にコーキングを充填して抜けてくるのを防ぎます。
岸和田市の下り棟の貫板を撤去します
「修理するまでに雨が降ったら心配なので、応急処置してくれませんか?」
とのご希望でしたので、防水テープを貼って処置させていただくことになりました。

まずは下地の貫板を取り外します。
貫板も釘留めされていますので、釘を抜いていきます。
岸和田市のこの上に防水テープを貼ります
貫板があると、段差が生じて防水テープが密着しないので取り外しました。

この山状の部分(棟)は、二つの屋根の瓦が合わさる部分なので必ず隙間ができます。この隙間から雨水が入るのを防ぐために棟板金を取付けているのです。
岸和田市の下り棟の応急処置完了
棟部分に防水テープを貼って応急処置完了です。

しっかりと密着していますので、雨が入ることはありません。また、ブルーシートよりも風の影響を受けないので、飛散することがなく安心です。
岸和田市のカーポートの金具の破損
屋根の他にも、カーポートにも被害がありました。
カーポートの屋根の板が飛散することはよくあるのですが、K様邸は柱を固定する金具を打ち付けているブロック塀が破損していました。
カーポートが強風を受けて、ブロック塀が耐え切れず割れてしまったようです。
合計2カ所、補強することになりました。
落下した棟板金をひとつ保管していてくれており、幸い傷んでいなかったので再利用して復旧することになりました。もうひとつはどこかに飛んでいったようで見当たらないとのことで、新しい板金をご用意させていただきます。

台風後に家の周辺で瓦や板金、カーポートの平板などが落ちていて、使えそうな場合は必ず保管しておいてください。
万が一材料が不足して復旧ができない時に、それらが役立つことがあります。
また、「これ、どこの部材か分からないけど、庭に落ちてたんです」
など、現地調査の時にお声掛けいただければ、思わぬところに発生している被害を見つけるヒントにもなります。

棟板金は、打ち付けている釘が緩んでくると台風でなくても飛散することがありますので、強風が吹いた後など、下から見上げて確認してみましょう。(屋根の上は危険なので絶対に上がらないでください)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の棟板金などが飛散

和泉市のスレート屋根の棟板金復旧などの工事のご紹介です。T様のご相談は「台風21号で屋根に被害があって、知り合いに頼んで応急処置はしたんですが、修理をしてくれる業者を探してるんです」とのことで、まずは現地調査を行い修理工事に至ります。T様邸...........

岸和田市で部分足場を設置

岸和田市の台風で飛散した棟板金の復旧の様子をご紹介します。K様邸はカラーベスト(軽量で薄い屋根材)の屋根で、台風21号で棟の板金と下地の貫板が飛散していました。他にも雨戸や外灯の破損、カーポートの平板もすべて飛んでしまいました。

泉大津市の台風被害の現地調査

泉佐野市の台風被害に遭った住宅の現地調査の様子をご紹介します。I様邸はスレート(平型の薄い屋根材)の屋根で棟の板金とその下地の貫板が飛散し、棟の下のスレートも数枚飛んでいる状態でした。