岸和田市の台風で傷んだ屋根及び各所の修理工事を行いました!


岸和田市のテレビのアンテナが倒れています
岸和田市にお住いのK様より、台風被害箇所の修理のご相談があり、現地調査を行い各所修理工事を行うことになりました。
前回現地調査の様子をお伝えしたので、今回は修理の様子を分かりやすくご紹介します。
被害箇所は、テレビアンテナの倒壊、棟板金の飛散、波板の飛散です。
岸和田市のテレビアンテナ固定完了
屋根の上で倒れていたアンテナは、電気の職人が調査をしたところ、破損もなく電波状況も良好だったので再利用できました。
倒れたアンテナを元の位置に立て直してステンレス線でしっかりと固定しました。
復旧前は針金で固定されていましたが、針金は劣化すると錆ついて切れたり緩んだりするので今後のことをふまえてステンレス線に交換しました。
岸和田市の棟板金を復旧します
続いて、飛散した棟板金の復旧です。
大屋根(一番高い屋根)の水平棟と下屋(下にある屋根)の降り棟の板金を復旧します。
水平棟とは、屋根の頂部で水平になった中心部のことで、降り棟とは軒先に向かっている棟のことです。

棟板金は貫板と呼ばれる下地の板に向かって釘留めされていますが、貫板に水が廻って腐食したり、釘が錆びついて緩んでくると風の影響で剥がれやすくなります。
こちらの屋根の貫板は、腐食して耐久性が低下していたので、貫板も風の力に負けて割れて飛散していました。
岸和田市の棟板金の下地の貫板取り付け
大屋根の水平棟に貫板を取付けました。

貫板をしっかりと固定するため、釘ではなくステンレス製のビスをねじ込んで留めているので安心です。

岸和田市の大屋根の棟板金を取付け
貫板の上に棟板金を被せて取付けます。
棟板金も釘で固定すると緩んで抜けてくることがあるので、貫板と同様にステンレスのビスで留め付けました。
板金の上からビス留めすると、ビスの穴から雨水が入ってしまう可能性があるため、横から留めています。
岸和田市の大屋根の棟板金復旧完了
大屋根の棟板金の復旧完了です。

大屋根の板金はすべて飛散しており、回収できなかったとのことですべて新しい板金で復旧しています。
ガルバリウム鋼板という錆に強く耐久性のある板金を用いていますので、飛散しない限り長くご使用いただけます。
岸和田市の下屋の降り棟に貫板を取付け
下屋の降り棟の棟板金復旧です。

大屋根と同じように、下地の貫板が腐食し、割れて飛散していたので貫板から交換します。
写真は、職人が貫板として使用する長い木材を屋根にあげている様子です。
岸和田市の飛散した板金を再利用して復旧しました
下屋の板金は、台風後に庭先に落下していたのを見つけて回収しており、問題なく使えそうだったので再利用しています。
この場合、棟板金の復旧のみとなりますので、修理費用が抑えられます。
岸和田市のテラスの波板もきれいに復旧完了
1階のテラス屋根の波板が数枚飛散していましたが、全て張り替えたいとのご希望で、全部張り替えました。

波板はポリカーボネート製なので、衝撃に強く割れにくい素材となります。ですので、台風時に物が飛んできても割れる可能性が少ないです。
岸和田市のバルコニーの波板も復旧完了
2階のバルコニーにあるテラスの波板もすべて張替えました。
色は無難なブロンズです。骨組みの色に近いので良く馴染むいい色です。
台風の被害箇所を修理されて、「ようやく一安心です。でも今後、同じ勢力の台風が襲ってくる可能性もあると思うので、また相談にのってください」とお話しくださりました。お力になれて本当に良かったです。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の点検、お見積り、ご相談は無料ですのでお困りのことがございましたらお気軽にご相談くださいね。


同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。

和泉市の棟板金などが飛散

和泉市のスレート屋根の棟板金復旧などの工事のご紹介です。T様のご相談は「台風21号で屋根に被害があって、知り合いに頼んで応急処置はしたんですが、修理をしてくれる業者を探してるんです」とのことで、まずは現地調査を行い修理工事に至ります。T様邸...........

岸和田市で部分足場を設置

岸和田市の台風で飛散した棟板金の復旧の様子をご紹介します。K様邸はカラーベスト(軽量で薄い屋根材)の屋根で、台風21号で棟の板金と下地の貫板が飛散していました。他にも雨戸や外灯の破損、カーポートの平板もすべて飛んでしまいました。