オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の落下した棟板金の取付や倒れたアンテナの立て直し


岸和田市の台風で飛散した棟板金の復旧工事です。
I様邸は2階建ての長屋で、屋根はスレート葺き(平らな屋根材を葺いた屋根)です。台風の強風で棟の板金が剥がれて飛散し、屋根の上に設置していたテレビのアンテナが倒れてしまいました。また、2階の軒樋も風を受けて飛んでいる状態です。台風後に庭に落ちていた板金を保管されておりまだ使えそうだったので再利用し、不足分は新しい板金をご用意しました。下地の貫板も飛散している部分があったので交換してしっかりと固定しました。
岸和田市の針金が切れてアンテナが倒れています
被害当時の屋根の状況です。
アンテナを固定していた針金が切れて、倒れてしまいました。
現地調査後、電気の職人を手配して確認すると、アンテナが倒れていてもテレビは映っており電波の状態にも問題がなかったので立て直して再利用することになりました。
岸和田市の屋根の棟板金と貫板が飛散
棟板金と下地の貫板が飛散しています。
棟板金とは、棟(屋根の頂点の水平部分)に被せて取付ける雨仕舞のための板金のことです。
棟板金は過酷な環境の屋根の頂点にあり、外気の影響を受け続けています。棟板金は下地の貫板に向かって釘留めされていますが、風を受けているうちに釘が緩んで、台風などの強風で飛ばされることがあります。
岸和田市の棟に釘だけ残っています
棟板金を留め付けている釘が緩むことで飛散することがありますが、下地の貫板が劣化しても飛ばされる原因になります。I様邸がその事例の一つです。
棟板金と下地の貫板が飛ばされ、貫板を固定していた釘だけが残っていました。これは、棟板金の取り合いから雨水が浸入し、貫板が腐食して割れて飛散してしまった状態です。貫板が腐食すると、板金を固定している釘が効かなくなり飛ばされますし、中には板金が貫板にくっついたまま一緒に飛ばされている住宅もありました。
岸和田市の下り棟の板金も飛散してます
下り棟(軒先方向に向かって降りる棟)の板金も飛ばされていました。屋根の片面の貫板もなくなっています。

棟板金は下から見るとほとんど屋根面と同じ位置にあるように見えますが、屋根の頂点部で風の影響を受けやすいことから被害に遭いやすい箇所なのです。
岸和田市の棟に貫板をビス留め
ご相談の結果、今回は被害に遭った部分だけ復旧することになりました。

新しい貫板をご用意し、飛散した部分にビス留めして固定します。貫板は屋根面に打ち付けますが、この上に板金を被せて固定しますので、ビス頭から雨水が浸入することはありません。
岸和田市の既存の貫板もビスで固定
屋根に残っていた既存の貫板もビスでしっかりと再固定しました。
貫板の劣化が気になるのですべて交換してほしい、というご希望があれば交換することも可能です。ただ、棟板金がある状態で貫板だけを交換するとなると、貫板に加えて板金を一度取り外してから再固定する脱着の費用が掛かってきます。
岸和田市の棟に新しい貫板を取付けました
水平棟(横方向の棟)の貫板はすべて飛散していたので新しい貫板を取付けました。
棟は屋根面と屋根面との取り合い部ですので、両側に1本ずつ必要になります。この取り合いから雨水が浸入するのを防ぐために板金を取付けるのです。
岸和田市の貫板の取り合いにシーリング充填
貫板の上に板金を被せますが、屋根面側から雨水が浸入する可能性があるため、シーリングを充填して防水しました。
貫板の腐食はこの取り合いから雨水が浸入したり、湿気の影響からきますので、あらかじめ防水しておきます。
岸和田市の棟に棟板金を被せてビス留めします
貫板の上に棟板金を被せて、横方向からビス留めしました。
昔は釘で固定されていましたが、錆びつくのでステンレス製のスクリュー釘が使われるようになりました。ですが、ステンレスで錆びにくいのはいいのですが、やはり緩んできますので、緩みにくいビスネジでしっかりと固定しました。
岸和田市の棟板金の継ぎ目をシーリングで防水
棟板金は数枚の板金を繋ぎ合わせて取付けます。
板金同士の継ぎ目から雨水が入らないように端を折り曲げて「水返し」としていますが、よりきちんと防水するために継ぎ目にシーリングを充填しました。シーリングを充填することで二つの板金を繋いで固定することもできます。
岸和田市の板金を固定しているビス頭にもシーリング充填
板金の継ぎ目は雨水が浸入しやすので、取付ける時にシーリングで防水し、更に取付けてから上部にもシーリングを充填します。板金の上部は外部から見えますので、板金に馴染むように黒いシーリングを使用しました。また、板金を固定しているビス頭にもシーリングを充填して防水し、ビスの緩みも防止しました。
岸和田市の棟板金復旧完了です
棟板金復旧完了です。
今回使用した板金はガルバリウム鋼板という錆にくい板金です。錆びにくく耐久性があることから屋根や外壁にも使用されてることが増えています。
岸和田市の降り棟の板金も復旧しました
降り棟の板金も復旧しました。
屋根に残っていた板金もビスで再固定したので安心です。

既存の板金と新しく取付けた板金の色が異なる場合、色合わせで塗装することもできますが、今回はそのままでいい、とのことで復旧のみ行いました。
岸和田市の雨樋も復旧
台風時に飛散した2階の軒樋(横方向の雨樋)も新しい樋を用いて復旧しました。
今後の台風で樋が飛んでしまわないように、受け金具にワイヤーを通して回して補強しています。
岸和田市のアンテナを立て直しました
屋根を修理した後、電気の職人がアンテナを立て直して電波状況を確認しました。
アンテナの交換や立て直し工事では、アンテナを設置した後に部屋内にあるテレビの映りを確認しないといけませんので、在宅されている日程で作業をしないといけません。
今回は、太くて丈夫なステンレス線をしっかりと張って固定したので、予想外の風が吹かない限りは安心していただいて大丈夫です。
これでI様邸の風雨災害の修復工事が完了です。台風から工事までご心配をおかけしましたが無事工事を終えることができて良かったです。

最後に・・・・スレート屋根の棟板金が飛散しても、下にルーフィングという耐久性のある防水シートを敷いていますので、すぐに雨漏りすることはほとんどありません(ルーフィングが古かったり傷んでいる場合を除く)が、雨水が廻って屋根を傷める原因になりますし、その結果雨漏りに発展する可能性もありますので、放置せず必ず修理しましょう。
街の屋根やさん岸和田店は、棟板金のみの修理も承っておりますので、いつでもご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市のモニエル瓦(セメント瓦)屋根の修理でズレを戻しました

岸和田市の漆喰の剥がれ
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
台風
使用素材
仮設足場、漆喰、コーキング等
築年数
約26年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約45万円(税込)足場代含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の棟板金が無いように見えます

泉佐野市の棟板金交換工事です。Y様邸は3階建ての鉄骨造です。台風でテラスの平板が飛散し、棟板金もなくなっているように見える、とのご相談がありました。現地調査で屋根を確認すると、棟違いになっているため、低い方の屋根の棟板金が飛散しているように...........

泉佐野市の棟板金が外れたとのご相談

泉佐野市にお住いのH様より「台風で棟板金が剥がれたんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。H様邸は築20年、2階建てで屋根は厚型スレート、外壁はモルタルの塗り壁です。

貝塚市の瓦がめくれています

貝塚市の台風被害に遭った住宅の各所修理工事です。K様邸は2階建ての長屋で、台風の強風で屋根の瓦がズレたり、ケラバに施工しているパラペットの笠木板金が飛散するなどの被害を受け、2階の和室に雨漏りが発生しました。また、外壁に張っているトタン波板...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747