貝塚市で降り棟の棟板金の飛散やカラーベストの割れが発生!


貝塚市で台風で屋根に被害があった、とのご相談で現地調査にお伺いしました。
I様邸はカラーベストの屋根(平型に成型された屋根材)で、急こう配なので下から見ても屋根に被害があるのを確認できて、心配されていました。
貝塚市の台風被害の調査
建物の高さや立地条件、屋根の形状によって、地上から全く見えない住宅もありますし、I様邸のように下から全景が見える住宅もあります。
屋根に被害があるのを確認できる場合も心配ですし、見えない状況でも心配です。
街の屋根やさん岸和田店は屋根の点検も承っておりますので、気になる方はご相談ください。
貝塚市の屋根のテレビのアンテナが倒れています

I様邸は屋根が急こう配で上がるのは危険です。
梯子を屋根に渡して軒先から覗き込んで調査しました。

まず目に飛び込んできたのは横倒しになったテレビのアンテナです。
台風21号では多くの住宅でアンテナが倒れてテレビが映らない、という被害が発生していました。
また、台風後には使用していないアンテナの撤去のご相談もありました。

貝塚市の降り棟の板金が飛散

降り棟の板金が飛散している箇所もありました。
棟とは屋根と屋根の合流地点の山状になった部分のことで、その取り合いには隙間ができます。その隙間から雨水が入るのを防ぐために板金を取付けたり瓦を積み上げたりして仕舞いしています。
降り棟とは軒先に向かって降りる棟のことで、そこの板金が飛散していました。
貝塚市の降り棟の貫板も飛散
また、別の箇所の降り棟の板金も飛散していました。
ここの降り棟は下地の貫板(棟板金を取付けるための長い板)も一部飛ばされていました。
貫板は屋根に向かって釘留めされていますが、水が廻っていたが腐食してくると釘が効かなくなり、板金や貫板自体の飛散に繋がってしまいます。
貝塚市の屋根材が割れています
カラーベストが一部割れて飛散している箇所もありました。
このようにカラーベストが飛ばされても、下にはルーフィングという耐久性のある防水シートがありますので、そのルーフィングが傷んでいなければ雨漏りすることはありません。
貝塚市のテラス屋根の平板が飛散
屋根以外で、1階のテラス屋根の平板の飛散などの被害もありました。
昔はカーポートやテラスの平板にアクリル板を使用していました。
アクリル板は長い間紫外線に晒されていると、次第に硬くなり割れやすくなってしまいます。
貝塚市のテラスの平板が割れています
この部分には何かがぶつかったのか割れていました。
張り替えの際に使用するのはポリカーボネート製の平板で、アクリル板よりも丈夫で長持ちします。
ポリカーボネートは柔軟性があり施工がしやすく、なおかつ耐衝撃性に優れていますので、最近ではほとんどがポリカ素材になっています。
修理では足場を設置し、アンテナの撤去(使っていないそうです)、降り棟の板金及び貫板の復旧、割れたカラーベストの差替え、テラスの平板張替えを行うことになりました。

次は工事の様子をご紹介します。

街の屋根やさん岸和田店は、棟板金の点検・固定・交換なども承っておりますので、お気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の棟板金などが飛散

和泉市のスレート屋根の棟板金復旧などの工事のご紹介です。T様のご相談は「台風21号で屋根に被害があって、知り合いに頼んで応急処置はしたんですが、修理をしてくれる業者を探してるんです」とのことで、まずは現地調査を行い修理工事に至ります。T様邸...........

岸和田市で部分足場を設置

岸和田市の台風で飛散した棟板金の復旧の様子をご紹介します。K様邸はカラーベスト(軽量で薄い屋根材)の屋根で、台風21号で棟の板金と下地の貫板が飛散していました。他にも雨戸や外灯の破損、カーポートの平板もすべて飛んでしまいました。

泉大津市の台風被害の現地調査

泉佐野市の台風被害に遭った住宅の現地調査の様子をご紹介します。I様邸はスレート(平型の薄い屋根材)の屋根で棟の板金とその下地の貫板が飛散し、棟の下のスレートも数枚飛んでいる状態でした。