オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市で台風の被害箇所を保険で修理・見積もりのご依頼を頂きました


岸和田市のアンテナ倒壊や棟板金の落下で調査のご依頼がありました!
岸和田市で「台風21号で屋根の上のテレビアンテナが倒れて、トタンも落ちてきたんです。他にも波板が飛ばされたりしてるので、保険で修理するための見積をお願いしたいんです」とのご相談があり、現地調査にお伺いしました。

屋根は化粧スレート(厚さ5㎜程度の薄くて平らな屋根材)で、屋根材に割れや飛散はありませんでしたが、屋根のアンテナ(BS含む)が横倒しになって、棟の板金が下地の板と一緒に飛ばされている状態でした。台風が去った後に周囲を確認すると、板金が数枚落下しているのを見つけたそうです。また、1階のテラス屋根と2階のテラス屋根の波板も飛ばされていました。
今回は、現地調査の様子をお伝えします。
岸和田市のテレビのアンテナが倒れています

まずは台風の被害箇所で目に見えて確認できた箇所や心配されていることをお聞きしてから、1か所ずつ調査していきます。
屋根に上がって確認すると、テレビアンテナが倒れていました。
アンテナは基本的に針金で固定しているのですが、経年で針金が切れたり緩んできます。そういう状態の時に強風に煽られるとアンテナが倒れることがあります。
もしも、使用されていないアンテナが屋根の上に残っている場合は、万が一倒れた時に、瓦が割れる可能性もありますので、被害が拡大する前に撤去することをお勧めします。
岸和田市の棟板金が飛ばされています

屋根の棟板金の飛散状況です。
棟板金とは、屋根の山状になった部分に被せる金属の板のことで、強風の影響で下地の板と一緒に飛ばされていました。

今回の台風では棟板金の飛散のご相談がたくさんございましたが、そのほとんどが下地の板も飛散していました。
こちらの写真では下地の板がすべて飛ばされているので分かりにくいので、以下の写真でご説明します。
岸和田市の棟の貫板が腐食して耐久性が落ちている状態でした
棟板金の下には、下地の板(貫板・ぬき板と言います)があり、平たい木の板を使用しています。
下地の板が新しいうちは、屋根に向かってしっかりと釘打ちで固定されていますし、その上に被せている板金も同じように固定されています。
ですが、月日と共に、板金の隙間から浸入した雨水や湿気などの影響で板が腐食してくると、木がスカスカになり釘が効かなくなってしまいます。
岸和田市の下屋の棟板金も同じように飛散していました!
そうなると、下地の板自体の耐久性が落ちて、板金や下地板の飛散の原因になってしまいます。

写真は下屋の写真ですが、強風に煽られて板金が飛ばされて、下地の板も割れてしまっています。
下地の板が飛散するということは強度的にも問題があるということなので、新しく交換する必要があります。
岸和田市の落下していた棟板金は再利用します
こちらが落下していた棟板金です。
台風が去った後、周囲を確認すると庭先に数枚落ちていて、大事に保管されていました。
この板金は使えそうなので、復旧工事の際に再利用します。
足りない分は新しい板金をご用意させていただきます。
岸和田市の1階のテラス屋根の波板が飛散
1階のテラス屋根の波板も飛ばされていました。
テラス・カーポートの波板や平板のご相談もたくさんいただきますが、「部屋内に雨漏りはしてないので緊急ではないけど、洗濯物を干す時に不便・・」というご意見をよくお聞きします。
確かに、今まであった物が無くなると不便に感じると思います。
岸和田市の2階のテラス屋根の波板がめくれています
2階のテラス屋根の波板は飛散した分と、一部めくれ上がっている波板がありました。

この波板はかろうじてとどまっていますが、折れてしまっているので再利用できません。

岸和田市のめくれていた波板を撤去しました
現地調査の時に、めくれ上がっていた波板を撤去しました。
めくれ上がったままだと、風が吹いた時にバタバタと音がしますし、そのたびに飛ぶんじゃないかと心配になりますので外しておきました。

後日、電気専門の職人が倒れたアンテナの調査を行うと、電波状況に問題は無く、破損もしていなかったので復旧(立て直し)・再利用でのご提案となりました。他、棟板金の修理(使える板金は再利用)、波板の張替のご提案もさせていただきました。

街の屋根やさん岸和田店は、「台風被害に遭った箇所を保険で修理したいな」など、ご相談をお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。
ただいま、台風被害のご相談が殺到しておりお待たせしている状態ですが、皆様のお力になれるように日々奮闘しております。順次お伺いしていますので、心配なことがある方はご相談くださいね。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市のモニエル瓦(セメント瓦)屋根の修理でズレを戻しました

岸和田市の漆喰の剥がれ
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
台風
使用素材
仮設足場、漆喰、コーキング等
築年数
約26年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約45万円(税込)足場代含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の棟板金が無いように見えます

泉佐野市の棟板金交換工事です。Y様邸は3階建ての鉄骨造です。台風でテラスの平板が飛散し、棟板金もなくなっているように見える、とのご相談がありました。現地調査で屋根を確認すると、棟違いになっているため、低い方の屋根の棟板金が飛散しているように...........

泉佐野市の棟板金が外れたとのご相談

泉佐野市にお住いのH様より「台風で棟板金が剥がれたんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。H様邸は築20年、2階建てで屋根は厚型スレート、外壁はモルタルの塗り壁です。

貝塚市の瓦がめくれています

貝塚市の台風被害に遭った住宅の各所修理工事です。K様邸は2階建ての長屋で、台風の強風で屋根の瓦がズレたり、ケラバに施工しているパラペットの笠木板金が飛散するなどの被害を受け、2階の和室に雨漏りが発生しました。また、外壁に張っているトタン波板...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747