和泉市で水平棟と下り棟の板金が飛散しアンテナも倒れていました


和泉市の住宅で「台風21号で屋根に被害があって、知り合いに頼んで応急処置はしたんですが、修理をしてくれる業者を探してるんです」とのご相談で現地調査にお伺いしました。
和泉市の屋根の調査
T様邸の屋根は化粧スレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根の水平棟と下り棟の板金が飛散しているとのことでした。
水平棟とは、屋根の頂点の水平部分のことで、下り棟とは軒先に向かって降りる棟のことです。
スレート屋根の棟の雨仕舞で、頂部に板金を取付けており、その板金が飛散しているとのことでした。
和泉市の屋根はしっかりと養生されていました

屋根に上がって確認すると、棟部分にブルーシートをかけて土のうで押さえてしっかりと養生されていました。

テレビのアンテナも台風直後に倒れたそうですが、応急処置をしてもらった方に立て直してもらったそうです。
このままでは被害状況を把握できませんが、写真を撮影しておられたのでそちらを参考にさせていただきました。
和泉市の棟板金などが飛散

被害状況の写真です。
棟板金が飛散してその下の化粧スレートもめくれていました。テレビのアンテナも倒れているのが分かります。

棟板金は屋根に直接留められないので、貫板(貫板)と呼ばれる下地の板を先に設置して、その上に板金を釘留めしています。板金を留め付けている釘が風や揺れ等で抜けてくると、このように板金が飛散する可能性が高くなってしまいます。
和泉市の下り棟の板金も飛散
下り棟の板金も一部飛散していました。
下り棟は下地の貫板は残っており、板金だけが飛散している状態でした。
板金の隙間から雨水が入ったり、湿気などの影響で貫板が腐食すると、割れたり板金と一緒に飛散してしまいます。
和泉市のテレビのアンテナが変形
テレビのアンテナは倒れた時の衝撃でところどころ変形していました。
「アンテナを立て直してからテレビは映るようになったけど、時々映りが悪くなる時があるんです」
とのことで、アンテナの交換もお見積りの中に記載させていただきました。
和泉市のテラスの平板が飛散
2階のテラス屋根の平板も割れてすべて飛散していました。
このように割れてしまっている平板のほとんどがアクリル板で、昔多く使用されていた材料です。
最近では、耐衝撃性に優れたポリカーボネート製の平板が主流になっており、割れる心配はありません。
修理のお見積りをお渡しして、後日工事を行うことになりました。

もしあなたも、棟板金の飛散や屋根のことで気になることがございましたら街の屋根やさん岸和田店までお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の棟板金などが飛散

和泉市のスレート屋根の棟板金復旧などの工事のご紹介です。T様のご相談は「台風21号で屋根に被害があって、知り合いに頼んで応急処置はしたんですが、修理をしてくれる業者を探してるんです」とのことで、まずは現地調査を行い修理工事に至ります。T様邸...........

岸和田市で部分足場を設置

岸和田市の台風で飛散した棟板金の復旧の様子をご紹介します。K様邸はカラーベスト(軽量で薄い屋根材)の屋根で、台風21号で棟の板金と下地の貫板が飛散していました。他にも雨戸や外灯の破損、カーポートの平板もすべて飛んでしまいました。

泉大津市の台風被害の現地調査

泉佐野市の台風被害に遭った住宅の現地調査の様子をご紹介します。I様邸はスレート(平型の薄い屋根材)の屋根で棟の板金とその下地の貫板が飛散し、棟の下のスレートも数枚飛んでいる状態でした。