オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市のモルタルとサイディング外壁の塗装の現地調査をお伝えします!


岸和田市の金属屋根を葺き替えます
「屋根が傷んでるので、葺き替えを検討してるんです。外壁も塗り替えないといけないと思うので、相談にのってくれますか?」とのことで、屋根と外壁の現地調査を行いました。

N様邸は二つの建物を繋げてひと棟にしており、それぞれに別の屋根材が使用されています。
築年数が古いほうの屋根はカラー鋼板で、経年劣化で錆びつき腐食が進んでいました。
今回は、こちらの屋根が気になり葺き替えのご相談でした。


岸和田市のスレート屋根は塗装で改修
築年数が浅いほうの屋根はスレート瓦の屋根で、こちらの屋根も表面の塗膜が傷んでい剥がれてきており、色褪せていました。
カラー鋼板の屋根は傷みが激しく、断熱性能も上げたいとのことで葺き替えますが、スレート屋根は塗装でメンテナンスすることになりました。

屋根の詳しい現地調査の様子は前回の記事をご覧になって下さい。
岸和田市の外壁塗装の現地調査です
今回は、外壁の現地調査の様子をご紹介します。
先ほどもお伝えしましたが、N様邸は二つの建物をひと棟にしている住宅で、屋根材がそれぞれ違うのと同じように外壁材も種類が異なります。
写真・向かって左が築年数の古い建物で、モルタルの塗り壁です。向かって右が築年数の浅い建物で、サイディングの外壁です。
築年数に差がありますが、両方の建物に劣化の症状が見られました。
岸和田市のモルタル外壁がチョーキングを起こしています!
まずは、外壁の塗膜の劣化具合を確認しました。
こちらはモルタルの外壁で、表面を手で触ると、手が白くなりました。これは「チョーキング」という現象で、塗膜が傷んで粉状になり、素地から剥離している状態を示しています。
岸和田市のサイディングの塗膜も同じように劣化しています!
サイディングの外壁も手で触ると、劣化した塗膜が手に付きました。(中にはチョーキングを起こしにくいものもあります)
サイディングはセメント質と繊維質を主原料として板状にした外壁材で、表面に塗装を施して防水しています。
岸和田市のモルタル外壁にクラックがあります!
モルタルの外壁には、クラック(ひび割れ)がいくつかありました。
クラックの補修方法はクラックの深さや幅によってことなります。N様邸に発生しているクラックは細いものばかりでしたので、コーキングを充填して補修することになりました。

岸和田市の外壁/横方向のクラックは雨水が浸入しやすいので注意!
クラックが深く幅が広いものだと、そこから雨水が浸入し、建物内部を傷めてしまうことになりますので、見つけたらできるだけ早めに処置しましょう。

クラックの大きさも気を付けなければいけませんが、クラックの向きにも注意が必要です。
外壁に対して横方向のクラックは、外壁を伝ってきた雨水を受ける形になりますので、雨水が浸入しやすいと言えます。
岸和田市の外壁の誘発目地が割れています
モルタルには水分が含まれている為、水分が乾燥する時に必ず収縮します。その時にひび割れが発生してしまいます。これは、モルタルの宿命で、完全に防ぐことできません。ですので、ひび割れが発生しやすいところに目地を設けて、そこにひび割れを集中させる方法を取ります。それを「誘発目地・ゆうはつめじ」と言い、そこにひび割れを誘導して、周りに発生するひび割れを少なくする目地です。

N様邸のモルタル外壁にも誘発目地があり、その部分が割れていました。
誘発目地がひび割れることは、想定通りでいいのですが、そこから雨水が浸入する可能性がありますので、放置はできません。ですので、誘発目地にコーキングを充填してから塗装します。
岸和田市の外壁の目地コーキングがひび割れています
サイディングの外壁にも必ず目地があります。
これは、サイディング同士の継ぎ目にあり、その部分を防水するためにコーキングを充填しています。
目地を防水しているコーキングが劣化してひび割れてくると、そこから雨水が浸入し、防水性能が下がります。また、サイディング自体の劣化を早める原因にもなりますので、定期的な打ち替えが必要となります。
岸和田市のサッシ回りのコーキングも傷んでいます
サッシ回りにもコーキングが施されています。
これは外壁とサッシを繋ぎとめる役割があり、同時に気密性を高めて防水しています。
サッシは室内に直接つながっていますので、この部分のコーキングが傷んで割れてくると、雨漏りに直結します。

外壁の目地、サッシ回りなどのコーキングは塗装前にすべて打ち替えます。

岸和田市の劣化した雨樋
岸和田市の雨戸も錆が発生しています
雨樋や雨戸も傷んできていました。
色褪せた雨樋は建物全体に古い印象を与えてしまいます。雨樋自体が変形したり破損していなくて使える状態であれば塗装可能です。
雨樋を入れ替える時には足場が必要となりますので、雨樋の年数が経過している場合は、塗装の改修時に足場を建てたついでに雨樋を交換するケースも多くございます。

また、雨戸の劣化も進んでいました。
「雨戸がザラザラしてるな」と感じた方がおられると思いますが、それは錆です。
汚れではないので、洗っても取れません。この雨戸も塗装により美しくなりますのでご安心ください。

今回は、屋根の葺き替え、屋根塗装、外壁塗装を行うことになりました。

次は工事の様子をご紹介します。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)
施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)
施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の外壁塗装後

岸和田市の外壁塗装です。K様邸は台風被害に遭った屋根などを修理し、同時に屋根と外壁の塗装もされました。外壁にはALCパネルを張っていて、塗装前にパネルの継ぎ目に充填しているシーリングを増し打ちしてきちんとメンテナンスしました。その後高圧洗浄...........

岸和田市のALCパネルの外壁

岸和田市の外壁塗装に伴うシーリング工事です。K様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根や軒天井などを修理し、屋根・外壁の塗装をすることになりました。K様邸は重量鉄骨造で、外壁にはALCパネルを張っています。ALCパネルとは不燃の軽量気泡コンクリ...........

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747