岸和田市の劣化したカラー鋼板屋根の葺き替えで現地調査にお伺いしました!


岸和田市の屋根葺き替えと外壁塗装の現調
岸和田市の住宅のカラー鋼板屋根の葺き替えで現地調査にお伺いしました。
N様邸は向かって右側の二階を増築されていて、既存の屋根はカラー鋼板で、増築部はスレート瓦です。
今回は、既存の屋根のカラー鋼板の劣化が気になり、葺き替えをご検討されているとのことです。外壁も塗装する時期にきているので、同時に塗装の現地調査も行いましたが、先に屋根の現調の様子をお伝えします。
カラー鋼板屋根とスレート屋根共に断熱材が入っておらず、夏場になると二階のお部屋がすごく暑くなるので、どうにかできないか、というご相談もありました。
岸和田市のサビたカラー鋼板屋根
屋根専門の職人が実際に屋根に上がって確認します。
屋根の形状は瓦棒葺きでした。
瓦棒葺きとは「金属板」と「垂木(たるき)と呼ばれる長い角材」で構成された屋根です。
カラー鋼板屋根は施工しやすいというメリットがありますが、寿命が短く、断熱性が少ないことや雨音がするなどのデメリットもあります。
岸和田市のサビたカラー鋼板屋根
N様邸のカラー鋼板屋根は表面の塗膜が剥がれてしまい、全体的にサビが広がっている状態でした。
幸い雨漏りはしていないということでしたが、このまま放置していると、サビが進んで穴が開いてしまうでしょう。
岸和田市のカラー鋼板屋根の鼻隠しが落ちています
屋根の鼻隠し(屋根の垂木の鼻先を隠す板・雨樋が付いている面の)が劣化して腐食し、雨樋の中に落ちてしまっていました。鼻隠し、と聞いてもピンと来ないかもしれませっが、鼻隠しは、雨樋の支持金具を取り付ける部分ですので、雨樋の下地材の役割もあります。また、雨水が屋根の内部にしみこむのを防ぎ、垂木や野地板の先が雨水で腐食するのを防ぐ役割もあります。屋根を葺き替える際に、鼻隠しも新しく取り替えるのでご安心ください。
岸和田市のカラー鋼板の下屋も葺き替えます
下屋もカラー鋼板の瓦棒葺きです。
こちらも大屋根と同じように傷んでいるので同時に葺き替えるご提案をさせていただきます。
岸和田市の増築部の屋根はスレート瓦です
増築部の屋根はスレート瓦で、表面の塗膜が劣化している状態でした。外壁塗装も行う予定ですので、増築部の屋根も塗装してメンテナンスします。
今回は、屋根の劣化で葺き替えをご検討されており、断熱の問題も解決しなければなりません。
屋根材の種類や断熱材の工夫など、しっかりと打ち合わせをすることになりました。

もしあなたも屋根のことで気になることがございましたらお気軽にご相談ください。
街の屋根やさん岸和田店まで。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市のベランダをきれいに清掃します

貝塚市のベランダ防水工事のご紹介です。T様邸は玄関の天井と1階の洋室の天井に雨漏りが発生しました。前回、玄関側の雨漏り修理で壁際水切りの取付などをお伝えしたので、今回は洋室の雨漏り修理でベランダの防水です。ベランダは外部にありますので、防水...........

岸和田市の棟板金が飛散

岸和田市の方形屋根の棟板金などの復旧工事のご紹介です。台風21号の強風で、屋根の棟板金がすべてめくれ上がり、下地の貫板も一部飛ばされてしまいました。棟板金とは、屋根の山状になった頂点部分にかぶせる板金のことで、下地の貫板に向かって釘留めされ...........

忠岡町で袖瓦付近の瓦が飛散

泉北郡忠岡町のK様邸の屋根の補修工事のご紹介です。台風21号で1階と2階の天井に雨漏りが発生しました。雨漏り箇所の上の瓦が強風でめくれ上がり、飛散するなどして雨漏りしているようでした。K様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦で、再利用できる瓦は使用し、...........