貝塚市の片流れの屋根で棟板金が飛散し貫板も腐食していました!


貝塚市で台風21号で屋根の棟板金が飛散した、というご相談があり現地調査にお伺いしました。
貝塚市の段違いの片流れの屋根
H様邸は片流れの屋根(一方向だけに勾配がある屋根)で、金属の板を縦葺きしている形状でした。
大屋根と下屋が段違いになっている片流れの屋根でどちらの屋根も棟板金が飛しており、下地の貫板も剥がれている箇所がありました。
貝塚市の棟板金が飛散
こちらが大屋根の棟板金の飛散状況です。

棟とは屋根の頂点にある水平部分のことで、棟から雨水が浸入するのを防止するために板金を被せたり瓦を積み上げて施工しています。
片流れの屋根はこの棟の頂部からの伝い水により雨漏りすることがあります。(野地板と破風板の隙間から雨水が入り、野地板の裏面を伝って内部に浸入)
貝塚市の棟の貫板が腐食しています
棟の板金の下には「貫板・ぬきいた」と呼ばれる下地の木材があり、そこに向かって板金を釘留めして固定しています。
大雨や強風を伴う雨の時など、板金の隙間から雨水が浸入し、貫板を濡らしてしまい、それを何度も繰り返すうちに貫板が腐食してしまいます。そうなると、板金を留めている釘が効かなくなって板金が飛散する原因になります。
貫板は屋根に向かって釘留めされていますが、腐食が進行すると、写真のように板金と一緒に飛散することがあります。
貝塚市の下屋の板金も飛散
下屋の棟板金も一部飛散していました。
下屋は大屋根のように貫板の腐食がなかったので板金のみ復旧します。
貝塚市の外壁の取り合い部分が浮いています
下屋と外壁との取り合い部の棟板金も強風に煽られて浮き上がっていました。
この部分の板金はめくって、新しい板金を取付けます。
貝塚市の屋根面に問題はありません
H様邸は棟板金に被害がありましたが屋根面には問題ありませんでした。

棟板金は屋根の高い位置にありますので、風の影響を受けやすい箇所です。
下地の貫板が腐食すると、台風でなくても少しの風でズレたり飛散することがあります。飛散した板金が通行人の方に当たったり、近隣の住宅や車などを傷つけることも予想されますので、定期的に点検したり、異常を感じることがありましたら街の屋根やさん岸和田店までお気軽にご相談ください。

次は棟板金の復旧工事をご紹介します。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の住宅で一部足場を建てました

和泉市で台風被害で屋根のドーマー部分の棟板金やカラーベストが飛散し、修復工事を行いました。台風直後に業者に見てもらったそうですが、工事費用が予想以上に高く、別の業者に見てもらおうと、街の屋根やさん岸和田店にご相談いただきました。

泉大津市の屋根材がめくれています

泉大津市の台風被害に遭った住宅の屋根修復工事のご紹介です。化粧スレート(平型の薄い屋根材)の屋根で、台風の強風でスレートが数枚めくれて棟の板金も飛散していました。

阪南市で棟板金などのご相談で現地調査

阪南市にお住いのO様より「台風で屋根の棟板金が飛ばされたんです」とのご相談があり、現地調査を行い棟板金復旧工事を行いました。